小屋浦駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小屋浦駅
駅舎(2008年7月24日)
駅舎(2008年7月24日)
こやうら
Koyaura
(2.2km) 水尻
所在地 広島県安芸郡坂町小屋浦二丁目4-7
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 Y 呉線
キロ程 77.1km(三原起点)
電報略号 コヤ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
485人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1914年大正3年)5月1日
備考 無人駅(自動券売機 有)
テンプレートを表示
改札口(2009年8月17日)

小屋浦駅(こやうらえき)は、広島県安芸郡坂町小屋浦二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)呉線

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持ち、行違い設備を有する地上駅。呉方面行きホーム側に駅舎があり、互いのホームは跨線橋で連絡している。自動改札機については、開閉式でない簡易式のものが置かれている。 便所はかつては男女共用の汲み取り式であったが、男女別の水洗式に変わっている。

呉駅管理の無人駅であるが、自動券売機が設置されている。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)

かつては、ジェイアール西日本広島メンテックが駅業務を受託する業務委託駅であり、早朝・夜間を除いてPOS端末による窓口発券を行っていたが、2017年1月27日の営業をもって終了した[3]

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 Y 呉線 上り 竹原方面
2 Y 呉線 下り 海田市広島方面
  • かつて長編成の貨物列車優等列車が運行されていた関係で、列車交換の線路有効長はかなり長い。
  • かつては駅東側に保線用車両の留置線が1線あったが、撤去されている。

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は以下の通り。

年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 785 [4]
2001年(平成13年)
2002年(平成14年) 743 [5]
2003年(平成15年)
2004年(平成16年)
2005年(平成17年)
2006年(平成18年) 621 [6]
2007年(平成19年)
2008年(平成20年)
2009年(平成21年)
2010年(平成22年)
2011年(平成23年)
2012年(平成24年)
2013年(平成25年) 515 [7]
2014年(平成26年) 501 [8]
2015年(平成27年) 485 [8]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
Y 呉線
快速「通勤ライナー」・快速「安芸路ライナー」
通過
普通
呉ポートピア駅 - 小屋浦駅 - 水尻駅

脚注[編集]

  1. ^ 「日本国有鉄道公示第61号」『官報』1924年6月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 「昭和26年版全国専用線一覧表」『トワイライトゾーンマニュアル8』ネコパブリッシング、1999年
  3. ^ a b JRおでかけネットに「小屋浦駅は平成29年1月27日(金)をもって窓口営業を終了し、平成29年1月28日(土)からは無人駅となります。」と掲載あり。
  4. ^ 『JR全線全駅 2001年版』、弘済出版社
  5. ^ 「飲食・小売の出店を科学する出店戦略情報局」のアーカイブデータ
  6. ^ JR坂駅周辺地区交通バリアフリー基本構想 (PDF)”. 広島県安芸郡坂町 (2008年4月30日). 2016年12月21日閲覧。
  7. ^ 坂町地域公共交通網形成計画 (PDF)”. 広島県安芸郡坂町 (2016年3月). 2016年12月21日閲覧。
  8. ^ a b 国土数値情報 駅別乗降客数データ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]