真砂土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
庭土に使われる予定の真砂土

真砂土(まさつち[1][2]・まさど[3]英語: Decomposed granite(DG))とは、花崗岩風化してできたのことである[1]まさど、あるいは単に真砂(まさご)とも呼ばれる[1]

なお漢字を用いる「真砂土」は園芸用語であり、地盤工学では砂質土砂岩と区別するため「マサ土[4]とカナ表記が一般的であり、地盤工学会は「まさ土」に「まさど」と読みを当てている[3][5]

概要[編集]

真砂土(マサ土)とは花崗岩が風化してできた砂(砂の土壌)である。結晶粒子が大きくかつ鉱物結晶の熱膨張率が異なる花崗岩は、温度差の大きい所では粒子間の結合が弱まり、風化しやすい。風化が進むと構成鉱物の粗い粒子を残したままバラバラの状態になり、非常にもろく崩れやすくなる。この中にはシルト粘土などの大きさの粒子が含まれる。ただし最終的には礫はケイ砂やシルト、粘土へと風化していく。このようにして生じた粗い砂状の粒子は「マサ」と呼ばれ、そのマサが堆積した土を「マサ土」と定義している[4]

砂質土と違い、マサ土は花崗岩の種類によって構成粒子の粒径に差が生じたり、細粒分の差が生じたりする。

園芸利用としての真砂土の特徴は、水はけ、水もち、保肥力が良い半面、粘土分が多いものは通気性や水はけが悪い。このため、植木などに用いる際はピートモス腐葉土堆肥などを加えて改良する必要がある。弱酸性である。安価なため、主に街路樹用土や土、学校の校庭の敷土などとして利用される。

日本[編集]

日本では、主に関西以西のなどに広く分布している。花崗岩地帯にはマサ土が広く分布し、西日本においては特に風化が進行しやすい、降雨が少なく温暖な気候が続くという特徴を持つ瀬戸内海式気候の区域に見られる傾向がある。またその特徴から深層部ではなく地表に近い層に堆積しており、強い降雨により多量の砂が流れ出すため、花崗岩地帯の多くが砂防指定地や保安林に指定され、土砂災害対策が講じられている。ただし平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害では、真砂土だけでなく堆積岩も土砂災害を引き起こしていたとされる[6]

組成[編集]

花崗岩は斜長石正長石石英雲母からなる。花崗岩の主要成分である長石カオリナイトに風化することで花崗岩が化学的に風化する。さらに鉱物中に粘土が存在するため水がしみこみ、物理的風化が促進される。ただし鉱物中のシリカは比較的安定で、風解せずそのまま残る[7]

舗装[編集]

真砂土による歩道

真砂土は砕石として舗装に使われている。私有車道の中の道、ボッチェ英語版のコートやペタンクの試合場、都市公園en)や広域公園英語版国立公園歩道登山道に使用される。アメリカにおけるADAスタンダードのような障がい者のためのアクセシビリティの設計基準を満たすために使われている。この基準では石にもよるが自然な範囲の異なった色の石を用い、高分子安定剤を混合することができる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c まさ‐つち 【真砂土】 - デジタル大辞泉
  2. ^ 災害を防ぎ、地球環境を守る。その第一歩は『土』を知ること。 - 広島工業大学工学部都市デザイン工学科
  3. ^ a b - 『地盤工学用語辞典』 - 地盤工学会
  4. ^ a b 藤田崇. “深成岩の特性とその見方”. 斜面防災対策技術協会. 2014年8月20日閲覧。
  5. ^ 地盤工学会用語表記法 - 地盤工学会
  6. ^ 広島土砂災害:「硬い地質まで流出」…現地調査の専門家 - 毎日新聞 2014年8月22日、オリジナルの2014年8月26日のアーカイブ
  7. ^ Mitchell, J.K., and Soga, K.(2005) Fundamentals of soil behavior, Third edition, John Wiley and Sons, Inc., ISBN 978-0-471-46302-3, pages 200-204.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]