耕作放棄地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

耕作放棄地(こうさくほうきち)とは、農作物が1年以上作付けされず、農家が数年の内に作付けする予定が無いと回答した果樹園世界農林業センサスで定義づけられている。

概要[編集]

世界的の視点によれば、耕作放棄される要因は水不足自然災害戦乱などがあげられるが、日本の場合は農業後継者不足が大きな要因となる。

日本の耕作放棄地は、2005年の農林業センサスによれば386,000ha。耕作が行われなくなっても、農業委員会に用途変更の手続きが行われる例は少なく、日本の耕作放棄地の多くは農地の名目のまま原野化、森林化の道をたどる。

日本では耕作放棄地を放牧地に転用する試みが見られる。(外部リンクを参照)

しかし一方で、耕作放棄地の用途変更が農家にしか認められない制度を悪用し、自分の身内名義で耕作放棄地を購入するなどした上で産業廃棄物不法投棄する例が後を絶たず、逮捕者も出ており、各自治体が是正指導や監視カメラの設置などの対策を実施している[1]


参考文献[編集]

  • 世界農林業センサス
  • 福島民報紙面(2010年1月7日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 耕作放棄地、悪用相次ぐ 不法投棄容疑 大阪で男2人逮捕 毎日新聞 2020年1月10日