錆取り列車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

錆取り列車(さびとりれっしゃ)とは、レール表面に付着したを取り除くために走らせる列車のことである。本来は事業用列車の一種であるが、旅客車両を回送列車扱いで用いることもある。レール磨き列車とも呼ばれる。

概要[編集]

錆取り列車は電化線区において運転されている。線路に錆が発生すると架線から集電した電気をレールを通して返すことができなくなり、列車の運行が不可能になる場合がある。

また、自動信号機や自動踏切はレールと車輪を介した軌道回路によって作動するため、同様に、錆によって作動に支障を及ぼす場合がある。

錆取り列車は、定期的に列車が通過しない線区であっても、臨時列車が通る場合に備えて、1日1往復程度走行する場合がある。

錆取り列車の例[編集]

例えば、2004年6月に休線となり、2009年3月に廃線となった関西本線貨物支線(阪和貨物線)では、阪和線における貨物列車の廃止により定期的に通過する列車はなくなっていたが、和歌山方面から奈良京都方面へ向かう団体専用列車や、南海電気鉄道向けの甲種輸送列車が通過することがあったため、117系電車などを用いて1日1往復、他の列車が通らない日は錆取り列車を走らせていた。

定期列車での「錆取り」[編集]

駅に定期的な緩急接続や通過待ちなどがなく通常使用しない発着線がある場合に、1日に1 - 2本ほど意図的にその発着線側のホームで客扱いをする場合があるが、これも一種の錆取り列車といえる。これらの事例としては、大阪市営地下鉄堺筋線天下茶屋駅1番線、千日前線野田阪神駅2番線、南海電気鉄道多奈川線みさき公園駅4番線、同多奈川駅2番線、近鉄吉野線吉野駅1・4番線、京福電気鉄道嵐山本線嵐山駅3番線、宗谷本線和寒駅3番線(冬季間を除く)、士別駅3番線(冬季間を除く)、東北本線南仙台駅3番線、武蔵野線吉川美南駅2番線、日豊本線市棚駅3番線、重岡駅3番線などが挙げられる。

湖西線永原駅JR神戸線土山駅(土曜・休日ダイヤ)などのように、待避設定のない駅で待避線に列車を停車させる場合もある。

JR東日本でも、内房線千倉駅外房線安房小湊駅などのように、夜間滞泊を兼ねて錆取り列車を運転する駅がある。

ストライキ時における錆取り列車[編集]

1975年11月26日から12月3日まで続いた公共企業体等労働組合協議会(公労協)によるスト権ストでは、当時の国鉄組合である国労動労がストライキに参加したため、全国規模で国電など多くの電車、列車がストライキ決行中運休になった。しかし、スト解除後の運転再開に備えて、錆取り列車は運転されていた。