中央競馬中継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中央競馬全レース中継
ジャンル スポーツ・公営競技
放送時間 中央競馬開催日(通常土・日)
9:00-17:00(480分)
放送期間 2011年7月2日-
放送国 日本の旗 日本
制作局 グリーンチャンネル
出演者 土曜午前:大澤幹朗栗林さみ
土曜午後:小堺翔太岡部玲子
日曜午前:坂田博昭星野涼子
日曜午後:松岡俊道荘司典子
外部リンク グリーンチャンネル

特記事項:
祝日や平日に放送される場合もあり。
テンプレートを表示
中央競馬パドック中継
ジャンル スポーツ・公営競技
放送時間 中央競馬開催日(通常土・日)
9:00-17:00(480分)
放送期間 2011年7月2日-
放送国 日本の旗 日本
制作局 グリーンチャンネル2
出演者 土曜午前・日曜午後:伊藤政昭
土曜午後・日曜午前:梅中悠介
外部リンク グリーンチャンネル

特記事項:
祝日や平日に放送される場合もあり。
2場開催時は放送休止。出演者は声のみの出演。
テンプレートを表示

中央競馬中継(ちゅうおうけいばちゅうけい)は、グリーンチャンネル中央競馬の開催日に放送されている競馬中継番組である。放送時間は、中央競馬開催日(原則として土曜日日曜日)の9時から17時。

概要[編集]

グリーンチャンネルの2チャンネル方式を生かし、中央競馬の全レースをライブで放送する「中央競馬全レース中継」(グリーンチャンネル・BSグリーンチャンネル)と各競馬場の各レース出走馬全頭のパドックでの様子をたっぷり放送する「中央競馬パドック中継」(グリーンチャンネル2)の2番組を同時放送している。なお、主場2場開催時は「中央競馬全レース中継」として全レース生中継での放送となり、2つのチャンネルとも同一内容での放送となる。

2009年10月以降「スカパー!HD」にてハイビジョン放送が開始されたが、それ以前に競馬場の場内中継に関しては順次機器を更新し、ハイビジョン化されている。

電子番組表では便宜上、13時を区切りに「午前の部」(9時から13時)「午後の部」(13時から17時)に等分している。

中央競馬全レース中継・パドック中継[編集]

2011年10月から放送開始されるBSグリーンチャンネルの1チャンネル体制に合わせて、2000年からのEAST・WEST体制を改め、2011年7月より「中央競馬全レース中継」(旧・EAST)と「中央競馬パドック中継」(旧・WEST)の2チャンネル体制になった。

この体裁は、2009年に放送機器のハイビジョン化を実施する工事を行うにあたって、暫定的に行った「レースチャンネル」(当時のEASTチャンネル)と「情報チャンネル」(当時のWESTチャンネル)の体裁(後述)をほぼ踏襲したものである。

中央競馬全レース中継[編集]

中央競馬の全レース(最大36レース)を生中継する番組。全開催競馬場のオッズやパドック(1周)や結果・払戻金などの情報を放送している。

従来の中央競馬中継の体制と同じで、曜日・時間帯ごとの交代で、スタジオ進行2名(男女1人ずつ)、現地パドック解説・進行1名ずつの布陣[1]

あらかじめ2場開催時にはパドック中継を行わず、2チャンネルとも全レース中継の放送になる。これは祝日開催、平日の代替開催、続行競馬の場合でも同様。BSでも全レース中継のみである。

全レース中継におけるパドックは全レースで行い、基本1周のみ放送。また、1レース前と最終レース終了後にパドック解説者・進行がスタジオと中継を結ぶほか、レースによってはパドック解説者とスタジオが中継することがある(解説者は声のみ)。また、本馬場入場は重賞・メインレースや、2場開催時のほとんどのレースなどで放送される。

薄暮開催時は午後の部を拡大し、放送される。現在の体系から薄暮開催が中継されたのは、2012年5月27日、2013年5月26日(いずれも日本ダービー当日の東京・京都)。また、グリーンチャンネル地方競馬中継が放送開始の2012年4月以降、地方競馬ダートグレード競走を全レース中継内で生中継することもある[2][3]。こちらも放送時間を延長して中継される場合がある。

中央競馬パドック中継[編集]

3場開催時に全レースのパドックを1周~2周にわたり放送する。その他、参考レースVTR、調教VTR、本馬場入場なども放送する。パドック中継に出演するのは、スタジオナビゲーター(1名)のキャスターの声の出演のみ。レースを中継することはない。またBSや一部のケーブルテレビでは視聴できない。

基本的に土・日曜のみで、平日開催(天災による代替・続行、および予め祝日を利用した開催を含む)ではマルチ編成を行わない日があるため、3場開催であってもパドック中継を行わない場合がある。

その他[編集]

現在のタイトルは「全レース中継」はドット柄のデザインから競走馬をイメージしたもの、「パドック中継」は競馬場のパドックトラックをイメージしたものである。パドック中継のチャンネルではレースの実況を行わないので、レースの発走時刻が迫ってきたらスターターをイメージしたコンピュータグラフィックスのキャラクターが画面に表示され、「全レース中継」を視聴するように促す。またチャンネルを示すウォーターマークは通常、「GREEE'N CHANNNEL」のロゴだけだが、競馬中継の放送中は「全レース中継」は「RACING」と競走馬のレース中の姿勢のシルエット、「パドック中継」は「PADOCK」と競走馬の立ち止まる姿勢のシルエット(それぞれゴシック体の英字は大きめに出す)を表示する。

2013年9月16日は祝日を利用した3日間開催として中山・阪神での競馬開催が予定されていたが、台風第18号の接近による公正・安全な競馬開催確保が困難であることや、阪神については周辺高速道路の通行止めなどにより出走馬の移動が困難であるという理由で午前6時台に両競馬場とも開催中止となったことから、急きょ前座として放送される予定だった「明日の勝ち馬検討社」「月曜競馬展望KEIBAコンシェルジュ」の9月15日放送分の再放映を含めて中継・関連放送を休止し、サマープログラム「2013上半期重賞リプレイ」「寺山修司没後30周年特別番組」「達人阿藤快が行く夏のみちのく万馬券の旅!」「うまカレが働く!北海道、汗と涙の牧夫体験」同年1月~3月に放送された「ターフからの贈り物・全12話一挙放送」などにそれぞれ差し替えられた。

過去の中央競馬中継[編集]

1チャンネル時代[編集]

1994年10月にグリーンチャンネルがCSアナログ放送(スカイポートCS BAAN)で試験放送を開始したことに伴い放送開始。1996年10月のパーフェクTV!放送開始、1997年12月のディレクTV放送開始に伴う形で両プラットフォームでの放送も開始した。

EAST・WEST時代[編集]

2000年1月より、スカパー!において従来のch.388(現・グリーンチャンネル)に加えch.389(グリーンチャンネル2)が増設され、東日本東京競馬場中山競馬場福島競馬場新潟競馬場)のレースを生中継する「中央競馬中継EAST」(ch.388)と西日本京都競馬場阪神競馬場中京競馬場小倉競馬場)の競走(レース)を生中継する「中央競馬中継WEST」(ch.389)の2番組を同時放送する体制となった。

担当するエリアと異なる競馬場のレースは後半4レースのみ、あるいはメインレースのみ生中継しその他のレースはVTRによる時差放送となる。また、担当するエリアと異なる競馬場のパドックは2007年度からはメインレースと最終レースのみ(なおメインレースのみ放映の競馬場はメインのみ、薄暮開催の夏の小倉開催についてはEASTでは小倉競馬のパドックを後半3レース)となる。

夏期に開催される北海道札幌競馬場函館競馬場)のレースは、EAST・WESTともに中継を行う。また薄暮競走の行われる日は「中央競馬中継はくぼ」としてEASTを17時30分まで延長して放送を行うが、進行役(中継キャスター)は土曜日がWESTの午後の出演者が担当し日曜日はEASTの午後の出演者が担当する(ただし主場が台風等の災害のため中止になった場合は、開催されている主場の担当チャンネルのキャスターが引き続きはくぼも担当する)。

2007年8月の馬インフルエンザ騒動での中止のときはWESTの放送を休止にし、EASTのグリーンチャンネルで競馬関連番組のVTR構成に差し替えた。

また2009年6月には前述のハイビジョン放送への拡充工事を実施する都合上従来のEASTでは「レースチャンネル」としてそれぞれの競走のレースの実況中継、WESTでは「情報チャンネル」としてパドックや本馬場での返し馬、オッズ・払戻金情報を放送した。

そして、同年10月よりスカパー!HD(現・スカパー!プレミアムサービス)にて、ハイビジョン放送を開始。(EAST ch.688/WEST ch.689)

2010年1月からは主場2場開催時は原則として、「中央競馬中継」として全レース生中継での放送となり、EASTとWESTは同一放送となる。ただし、主場2場開催時の中山金杯京都金杯フェブラリーステークス日本ダービー安田記念秋華賞ジャパンカップの週および3場開催時は従来通りに「中央競馬中継EAST」と「中央競馬中継WEST」のに分かれて放送する[4]。なお、当初から3競馬場で開催されることが決まりながら、天災による中止が生じ2競馬場以下で行われることが決まった場合、2チャンネル同時中継となる場合もある(2010年10月30日が該当で、台風直撃による東京競馬の開催中止により急遽福島と京都開催を同じ内容・2チャンネル同時放送に変更した事例がある)。

2011年10月から放送開始するBSグリーンチャンネルの1チャンネル体制に従い、同年7月より全レース中継(旧・EAST)・パドック中継(旧・WEST)体制に移行した。

オープニング画面ではEAST・WESTともにメインとなる競馬場の映像からオープニングへと切り替わり、方位磁針が動きながら方角を知らせる矢印がそれぞれ東と西にくるとそれぞれ「EAST」「WEST」と表示される。

キャスター[編集]

2011年6月時点(全レース中継・パドック中継体制移行前)。


配信媒体[編集]

グリーンチャンネル =ch.688 中央競馬全レース中継(旧EAST&はくぼ)
グリーンチャンネル2 =ch.689 中央競馬パドック中継(旧WEST)
開催日によって例外あり。上述参照
ch.234 中央競馬全レース中継
2011年10月1日放送開始[5]
各局で異なる。2番組同時の配信となる場合と、全レース中継(2011年6月以前は所属地区の競走を放送するチャンネル)のみを配信する局がある。セットトップボックスの機器の都合によりBS再配信ができないチャンネルも多い。
スカパー!プレミアムサービス光auひかり(旧・ひかりone)、ひかりTVにて提供。なお不定期で行われる無料のノースクランブル放送は、スカパー!プレミアムサービス光を除いて対象外である。
  • グリーンチャンネルモバイル
NTTドコモフィーチャー・フォンスマートフォンでグリーンチャンネル及び、グリーンチャンネル2が視聴できる。ただし、30秒ほどの遅延がある。
  • 競馬場・ウインズ内
場内の一部のモニターと指定席に設置されているモニターで中央競馬全レース中継が再配信されている。FMを使った音声の再送信も行われている競馬場があるが、西日本の競馬場についてはEAST/WEST時代の名残でパドック中継の再送信になっているところがある。

特記事項[編集]

  • 基本は有料放送であるが、「スカパー無料開放デー」が実施される日(原則毎月第1日曜日)はスカパー!、スカパー!プレミアムサービス、一部ケーブルテレビ局で無料放送を行う場合がある(ケーブルテレビ局の無料放送については要確認。ひかりTV、auひかり、グリーンチャンネルモバイルは対象外)。
  • また、祝日開催(主に月曜日)や代替競馬・続行競馬においても、無料放送を実施する。

配信終了[編集]

ch.081 EAST&はくぼのみ(3日間開催の月曜日は、ch.001)
WESTは、3日間開催の月曜日に関東主場の開催が無い場合に限り放送。関西のレースは中継しないため、それを補完する意味でラジオNIKKEI第2放送中央競馬中継を音声のみ放送していた(ch391。2009年3月29日の開催を持って終了)[6]
以上の光放送IP放送3媒体は、ひかりTVへの統合により配信終了となった。

特徴・問題点[編集]

特徴[編集]

  • JRAの制作する公式映像を使用し、競馬場やウインズの場内で放映されるものとほぼ同じ映像を自宅で楽しめる。そのためゴール板真正面からのシャッターカメラの映像があり、際どいレースでもゴールの瞬間の優劣がわかりやすい(地上波等の他の局ではカメラを置くスペースの関係上、シャッターカメラの映像は無い)。また、レース終了数十秒後には、直線のリプレイ映像とゴール板前のスローモーション映像も放送される。実況音声も、場内で使われている公式実況音声と同じラジオNIKKEIのものが使用されている。
  • 番組の進行役(中継キャスター)は、開催競馬場内ではなく江東区永代橋にあるグリーンチャンネル放送センター内のスタジオで番組進行を務める。
  • 地上波などでの競馬中継ではGIレースなどに限られている本馬場入場の模様も生中継している。重賞レースやメインレースを中心に放送されている。
  • 中継キャスターとは別に競馬専門紙の記者と進行役のアナウンサーが開催競馬場へ出向き、パドック解説とその進行を行う。なお、東京中山の両競馬場に関しては2011年6月までは他の時間帯の女性キャスターがパドックの進行を務めていた。2011年7月からは中継キャスターから外れた青山、梅田、水野の3人が交代で務めている。
  • パドック進行のアナウンサーとパドック解説者は東京、中山、京都、阪神の開催時、関東主場開催時の福島、新潟、関西主場開催時の中京、小倉[7]では1レース開始前と最終レース終了後に顔出しで出演して展望と回顧を行う。第3場開催の競馬場のアナウンサーと競馬専門紙の記者はパドックの音声のみとなる。
  • 競馬場のイベントなどを放送する場合がある。競走馬騎手の引退式や引退した競走馬の来場の様子、ジョッキーベイビーズ競馬学校騎手課程の模擬レースなど。区切りの勝利を記録した騎手のインタビューも放送する。
  • 日曜日の昼休みには、前日放送の明日の勝ち馬検討社で紹介されていたデータからの推奨馬を紹介する。VTRでデスクの宇田川晃希が出演。
  • 2006年より、主に重賞開催日にはスタジオに競馬評論家や専門紙記者などを迎えて解説を行っていたが、2011年7月のBS放送開始に伴う番組構成の変更で2場開催となる東京優駿や有馬記念などの開催日を除いてスタジオのゲストは登場しなくなっている。

過去[編集]

  • スカイパーフェクTV!データ放送に対応したチューナーを使用することでほぼリアルタイムにオッズや競走成績などのデータを入手し、画面を切り替えて表示することが出来る。またA-PAT会員ならば、そのデータを利用して勝馬投票券を購入することも出来る。2009年7月末でデータステーションは終了。
  • 2007年より4レース終了後、8レース終了後、最終レース終了後(土曜日のみ)にEAST、WESTが担当するそれぞれの主場の傾向(枠番、脚質、血統、騎手)を紹介するコーナーが始まった。なお、このコーナーは日曜日のオープニングで土曜日の担当するそれぞれの主場の傾向(枠番、脚質、血統、騎手)をもう一度振り返る。土曜日WESTの最終レース後は「教えて玲子先生」というコーナー名が設けられ、コーナー宛てにメールを送ると玲子先生が名前を呼んで出席を取ってくれるなど一部の好事家にすこぶる評判であった。このコーナーにおいては、BGMに『まいっちんぐマチコ先生』の主題歌が使われていた。
  • またそれぞれのチャンネルで独自のコーナーが存在し、EAST日曜日の最終レース後は注目の地方競馬のレースを紹介している。
  • EASTとWESTでは、スタジオの後ろのモニターには裏チャンネル(EASTではWESTの映像)が流れていた。また、WESTでは払い戻しの映像がEASTと異なっていた(以前は同じだった)。

問題点[編集]

  • 前記の通りJRAの公式映像・音声を使用しているため競馬場・ウインズで放映されるものと同等の中継映像を楽しむことが出来るが、一方で記録を兼ねて制作される公式映像である性質上地上波での中継映像のような工夫を凝らした演出や実況の言い回しなどが出来ず、また競馬場内のざわめき・歓声や競走馬の走行音などは音量を絞って収録したうえモノラル放送で放送しているため地上波での中継映像・音声に比べて臨場感や迫力に欠けるとの声もある。2009年10月にハイビジョン放送が開始されてからは、パドックやレース実況がステレオ放送になった。
  • 中継キャスターが開催競馬場内ではなく現地から離れた都内のスタジオで番組進行を行うこと、またスタジオにカメラが切り替わると場内からの音声も絞ってしまうため番組と開催競馬場との一体感を提供しにくい(これについては『BSイレブン競馬中継』(BS11)なども同様の問題を抱えている)。

中継キャスター[編集]

  • 中央競馬パドック中継(顔出し無し音声のみのナビゲーター)


パドック進行[編集]


スタジオ解説者[編集]

過去の出演者[編集]

中継キャスター[編集]

スタジオ解説者[編集]

EAST
WEST


関連番組[編集]

開催当日の夕方と深夜は「今日のレースリプレイ」、月曜未明は「今週のレースリプレイ」、月曜夜は「先週のレースリプレイ」とそれぞれタイトルを変えている。
番組では1会場・1日につき30分の時間を割り当て、各競馬場開催日ごとの全レースの実況録画中継をノーカットで送り、さらにそのレースの結果(上位5着までの詳細な結果と払い戻し、全出走馬の着順)を発表する。

3D生中継[編集]

2010年11月28日ジャパンカップ東京競馬場)の創設30周年記念事業の一環として「LIVE IN 3D 第30回ジャパンカップ」と題した公開放送のイベントを行った。これはスカパー!3D(169ch)で生中継するもので、日本の競馬史上初の3D映像を駆使した実況放送を開催したほか、東京競馬場の特設会場のほか、有楽町マリオン新宿駅西口の「スカパー3D Cafe」でも公開された。司会に岡部玲子梅田陽子、実況・解説に古谷剛彦を迎え、ジャパンカップのほか、アンダーカードである「キャピタルステークス」、「東京ウェルカムプレミアム(エルコンドルパサーメモリアル)」を含め3レースの実況を行った[8]

注釈[編集]

  1. ^ スタジオ解説者や、ゲストは日本ダービーや有馬記念のみに限られている。
  2. ^ 2012年、マイルチャンピオンシップ南部杯名古屋グランプリ。2013年、かきつばた記念、マイルチャンピオンシップ南部杯。
  3. ^ 2013年のかきつばた記念は、もともと地方競馬中継で放送予定であったが、4月21日の福島競馬開催が中止、同月29日に代替開催になったため、全レース中継内で生中継された。
  4. ^ グリーンチャンネル「中央競馬中継2チャンネル同時放送のお知らせ」
  5. ^ BS放送で、グリーンチャンネル制作の競馬中継が放送されるのは、BS-TBSがBS-i時代にサイマル放送していた『中央競馬LIVE』以来6年10ヶ月ぶり。
  6. ^ 但しグリーンchの実況音声はラジオNIKKEIの音声をそのまま使用していた都合上、メイン競走、および一部の特別競走は第1・2とも同時中継していたので、実況の音声のみ「グリーンチャンネル」と「ラジオNIKKEI第2放送」で共有していたことになる。モバHO!のサービスそのものも2009年3月31日に廃止されている。
  7. ^ 福島、新潟、中京、小倉で顔出しを行う場合は解説者のみの出演。
  8. ^ JRAリリース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]