ギルガメッシュ (ファイナルファンタジー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ギルガメッシュ (Gilgamesh) は、コンピュータゲームファイナルファンタジーV』およびその他の『ファイナルファンタジーシリーズ』に登場するキャラクター。

概要[編集]

暗黒魔道士のエクスデスの親衛隊長として仕える片手にを持つ鎧武者の人間型モンスター。主人公バッツのライバル的存在。敵キャラクターではあるが、義理人情に厚くドジを踏むことも多いどこか憎めないコミカルなキャラクター。

顔には歌舞伎における隈取のような模様がある。強者との戦いに勝利するより強者が持つ名工の武具を奪うことを最上の喜びとする武具コレクターで、様々な武具を身につけている。「ギルガメッシュチェンジ」によって真の姿を現し、阿修羅のように腕の数が8本に増え様々な武器を持った大柄な姿になる。キャラクターデザインは、チェンジ前は天野喜孝、チェンジ後は野村哲也

武器として「エクスカリパー」(ハに半濁点)という、聖剣エクスカリバーの偽物を所有している(本人はエクスカリバーだと信じている)。また「源氏シリーズ」と呼ばれる、最強クラスの小手・兜・盾・鎧を保持していて、戦闘の際に盗むことができる。

名前の由来は、古代メソポタミアの作品である『ギルガメシュ叙事詩』(『ギルガメシュ叙事詩』と同様にエンキドウという相棒がおり、一部の作品ではギルガメッシュとともに登場している。)。キャラクター設定は、「武器マニアで、勝った相手から武器を奪うことが至上の喜び」「初登場の舞台がビッグブリッジ」である点から、五条大橋武蔵坊弁慶を連想させる。

その高いファン人気を受けて、『V』だけでなくその他の様々なFF作品にもゲスト出演している(詳しくは後述の#その他の出演作品を参照)。

初登場作品『ファイナルファンタジーV』での扱い[編集]

異世界に来たばかりの主人公・バッツ達がエクスデス城に捕えられた時、その牢を見張るべくエクスデスの命で呼び付けられた時に初めて登場し(第1戦目)、この時はエクスデスにかなり期待されていた。しかし、バッツを助けるべく単身エクスデス城に乗り込んだガラフに敗れ逃走し任務失敗、ビッグブリッジ(第2戦目)やゼザの船の船上(第3戦目・エンキドゥも出現、ここから源氏の装備を盗める)でもバッツ達と戦うが、いずれも決着は付かなかった。

その後エクスデス城上層階でも戦い(第4戦目)、この辺りからバッツと友情らしきものが芽生え始める。戦いの中、「ギルガメッシュチェンジ」で本気の形態に変身するが、エクスデスがバッツ達への罠として仕掛けた宝箱に入っていたエクスカリパーをエクスカリバーと間違えて使用してしまい、業を煮やしたエクスデスにより役立たずと見なされ、デジョンで次元の狭間へと送られてしまう。

送り込まれた次元の狭間で、襲い来る次元の狭間の魔物達と泣きそうになりながらも単身戦い続け生き延び、バッツ達と再会する。永い間独りで戦い続けたため最初はバッツ達を魔物と勘違いして攻撃してくる(第5戦目)が途中でバッツ達だと気付き、帰還方法を聞いた後は、一緒に脱出しようとするが、バッツ達がエクスデスを倒すために次元の狭間に来たため一緒には帰れないことを知り、再会の約束をして独りで先に帰還することを選ぶ。しかし、バッツ達が次元の狭間の深部にいるネクロフォビアと戦っていると元の世界に帰ったはずの彼が現れ(曰く「このまま帰ったんじゃ、格好悪いまま歴史に残っちまうからな!」)、バッツ達それぞれに言葉を遺した後、ネクロフォビアを道連れにして自爆する(第6戦目)。

ビッグブリッヂの死闘[編集]

ギルガメッシュとの第2戦目の舞台となる「ビッグブリッジ」のBGMである「ビッグブリッヂの死闘」は、『FFV』において彼のテーマソングのような扱いを受けている。この曲自体『ファイナルファンタジーシリーズ』の中でも特に人気が高い。作曲は植松伸夫

後に『ファイナルファンタジーXII』でバトル時BGMとして崎元仁編曲による「ビッグブリッの死闘」(シに濁点)が流れた。また、『チョコボと魔法の絵本』では最終ボス戦のBGMとして使われており、『チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮』では対ラファエロ戦のBGMとして使用されている。『チョコボと魔法の絵本 魔女と少女と5人の勇者』では、プルバックデュエルのギルガメッシュ戦BGMとして使用されている。

その他の出演作品[編集]

次元の狭間へ落とされた後、時空の旅人としてその他の様々な『FFシリーズ』に登場し、『FFシリーズ』の名物キャラクターとなっている。

以下は登場順。リメイク作にのみ登場するケースがあるので作品のナンバー順とは必ずしも一致しない。

ファイナルファンタジーVIII
あるイベントを発生させることで、以降同作登場のオーディンと同様に戦闘時にランダムに出現するキャラクターとして登場する。
『FFVIII』では「エクスカリパー」の他に「エクスカリー」「まさむね」「斬鉄剣」を所有し、いずれかをランダムで振るうことで主人公たちの戦闘を助けてくれる。また、初登場イベントの際には対峙するサイファーに対して、『FFV』の主人公バッツを連想させるセリフを発する。左腕は4本とも健在だが、右肩には腕の書き込まれた3本のハリボテを背負っている。右腕はマントに隠されており様子を窺い知ることはできない。
特定のボス戦の冒頭に登場することが時にあり、その際、倒してはいけないボスも攻撃することがあり、その場合は、プレイヤーが操作することなく、ゲームオーバーになってしまう。
ファイナルファンタジーIX
4本腕の男として登場する。ただし、名前が判明するのは終盤になってからで、彼に本名を明かさせるには条件が必要になる。『FFV』に登場した相棒のエンキドウはエンキドとして名前のみ登場し、ギルガメッシュを「ギルのあにき」と呼ぶ。別の条件をクリアするとエンキドゥの手紙が読めると同時にエクスカリバー2が手に入る。
ファイナルファンタジーXI
ノーグという街で海賊の頭であるNPCとして登場する。『FFV』でのデザインとは大きく異なり、隻眼の壮年男性の姿をしている普通の人間。
また、『FFXI』のサーバー名の一つでもある。
ファイナルファンタジー
1作目(『FFI』)と『FFII』をリメイクし一つのソフトに同梱した『ファイナルファンタジーI・IIアドバンス』の『FFI』の部分、およびそれを再リメイクしたPlayStation Portable版の隠しダンジョンのボスとして登場する。伝説の武器を求めている。『FFV』のチェンジ前と同じ容姿をしている。行動パターンは『FFV』のビッグブリッジ戦に近いがエクスカリパーを使用する。セリフも『FFV』を連想させる。
『ファイナルファンタジーXII』
初期『ドラゴンクエストシリーズ』に登場する王者の剣(後のロトの剣)や歴代の『ファイナルファンタジーシリーズ』に登場した「ガンブレード」や「フラタニティ」などを所持するが、どの剣もどこか本物と違うところがある偽物。自称「イヴァリース一の強者」。必殺技として「究極幻想」(英語にするとファイナルファンタジーになる)を使用する。腕の数は6本となっている。声は郷里大輔が担当している。
相棒としてエンキドウも現れるが、姿は『FFV』のような鳥のような姿をした人型モンスターではなくのような姿で、名前もエンキドウではなくエンキドとなっている。
ファイナルファンタジーVI
リメイク版『ファイナルファンタジーVI アドバンス』、およびそれを再リメイクしたAndroid/iOS版に幻獣として登場する。エクスカリパーを求めてコロシアムに現れ、戦闘に勝利すると魔石となる。容姿は『FFV』のチェンジ前だが描き直されている。戦闘中は『FFV』のようにプロテス、シェル、ヘイストの同時がけやジャンプ、青魔法を使い、さらに強力かつ貴重な武器を投げてくる。幻獣としては『FFVIII』のようにランダムで「エクスカリパー」「エクスカリバー」「まさむね」、さらに最強技の「最終幻想」のいずれかを繰り出す。「最終幻想」では相棒のエンキドウが『FFV』での姿で出現する。魔石の説明では「伝説の剣豪」とされている。
ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング
『ファイナルファンタジーXII』の続編。ミッションで登場。「ビッグブリッヂの死闘」は流れない。
チョコボと魔法の絵本 魔女と少女と五人の勇者
アルヴァニカ第1巻に登場。バルナド王国に仕える策士。声は真殿光昭が担当している。
ディシディア ファイナルファンタジー
天野絵を起用した召喚獣、『FFV』グラフィックのプレイヤーアイコンで登場。メインBGMの「ビッグブリッヂの死闘」も収録されている。
ファイナルファンタジーIV THE AFTER 月の帰還
終章(真月編)に登場するが特別に追加されたセリフはない。戦闘グラフィックは変身前である。エンカウント方法はクリスタルに触れると戦闘が開始する。倒した時にエクスカリパーがドロップされる。スマートフォン版では登場しない。
ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー
プレイヤーキャラクターとして登場。声優は中井和哉。バッツとの再戦を求めて次元の狭間を彷徨う内にディシディアの世界に辿り着く。他のキャラクターとはディシディアの世界にいる経緯が全く異なり、元の世界の記憶は全く失っていない。しかし、肝心のバッツには元の世界の記憶がなく、ギルガメッシュのことも忘れていた。EXモード時にはチェンジ後の姿になり、アナザーフォームは『FFVIII』登場時のもの。
ファイナルファンタジー零式
ルシの一人だが、自分に与えられた使命と過去の記憶を失念しており、衝動的に相手の武器を求めて戦いを挑み続けている。本編だけでなくクリア後にも戦うことができ、倒すと最強の武器が手に入る。相棒のエンキドゥも鎧を着た人間の姿で登場。声優は『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』に引き続き中井和哉。
ファイナルファンタジーXIII-2
ダウンロードコンテンツのコロシアムボスとして登場。声優は中井和哉。その強さはラストボスを凌ぎFFXIII-2で最強クラスである。他のコロシアムボス同様、バトルに勝利すると確率で仲間にすることが出来る。
ファイナルファンタジー エクスプローラーズ
ダウンロードコンテンツのクエストボスとして登場。武器を切り替えながら戦う。彼からドロップする素材から源氏シリーズの装備品を生産できる。
ファイナルファンタジーXIV
Ver2.2より、クエストボスとして登場。エオルゼアの武器を求めてさすらっていたところで遭遇し、戦闘となる。エンキドゥも登場する。声優は北沢力
ワールド オブ ファイナルファンタジー
エンキドゥと共にバッツを追いかけ回しているが、追いかける理由は本人にも分かっていない。声優は中井和哉。