ガンブレード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ガンブレードは、『ファイナルファンタジーVIII』をはじめとするテレビゲームに登場する架空の武器

武器の特徴[編集]

初出はプレイステーション用ゲーム『ファイナルファンタジーVIII』。の柄の部分が拳銃の形になった武器であり、銃撃自体はできず、弾丸を装填した状態で相手に斬りつけた際にトリガーを引き、火薬の炸裂によって生じた強烈な振動により斬撃の威力を増大させることが可能である。架空の武器の種類である振動剣の一種にあたる[要出典]

ゲーム作品の中には銃撃もできるものもあり、銃剣としての性格を持つものもある。

『ファイナルファンタジーVIII』での設定[編集]

『ファイナルファンタジーVIII』では、主人公のスコール・レオンハートとライバルのサイファー・アルマシーが使用する武器である。形状は各自異なり、スコールの物は回転式拳銃型でサイファーの物は自動式拳銃型となっている。作中では廃れた武器となっており、約20年前の人物であるラグナ・レウァールが映画の撮影で使う際に「軍隊の研修でしか使ったことがない」と語るほどである。スコールは趣味性から、サイファーはその映画でのラグナに憧れて使っている。

前述のトリガーによる振動攻撃はゲーム内でも再現することができ、戦闘シーンの際にプレイヤーが特定のボタンを入力することでダメージを増加させることができる。なお、使用する弾丸の種類も明らかになっていない。

ディシディアファイナルファンタジー』で登場したガンブレードは斬撃からの派生で銃撃も行う描写が存在する。

『パラサイト・イヴ2』での設定[編集]

パラサイト・イヴ2』では、最強の隠し武器として登場する。『ファイナルファンタジーVIII』のものを踏襲しつつ、ショットガンの両方の特性を取り入れた銃剣の要素を強めた武器である。

武器としての威力は非常に高く、ショットガンの弾数は12発で、拳銃としてはセミオートマチック型拳銃にあたる。また、トリガーによる振動攻撃は可能であるが、「バーストストライク」と呼ばれる必殺技となっており、作中に登場する携行用レールガン「ハイパーベロシティ」の威力を上回る。

ただし、入手条件は厳しく高額な武器であることに加え、使用時においても重さから挙動が遅くなりリロード時間も長いなど扱いにくい武器でもある。

『ガングレイヴO.D.』での設定[編集]

ガングレイヴO.D.』では、操作キャラクターの1人、屍十二の得物として2丁登場する。自動拳銃型をしており、忍者刀のような反りのない真紅のブレードが銃のスライド部分もしくはグリップ部分に水平となる形で取り付けられており、装備した時は右手側が順手、左手側が逆手に剣を持ったようなシルエットになる。

振動剣よりも銃剣のような武器であり、通常の銃撃と斬撃が可能。また、ブレードから赤い衝撃波を飛ばすこともできるが、それが屍自身の技によるものか、ガンブレード自体に備わっている機能かは不明である。ちなみに、銃撃は速射性に優れるものの威力が低く、ゲーム中では威力の高い斬撃を主に使用することになる。