ジェネレーションY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメリカ合衆国 世代
*=dates disputed, ^=Strauss and Howe
○○世代 期間
^Puritan Generation 1588 - 1617
Puritan Awakening 1621 - 1649
^Cavalier Generation
^Glorious Generation
^Enlightenment Generation
^Awakening Generation
1618 - 1648
1648 - 1673
1674 - 1700
1701 - 1723
First Great Awakening 1727 - 1746
^Liberty Generation
^Republican Generation
^Compromise Generation
1724 - 1741
1742 - 1766
1767 - 1791
Second Great Awakening 1790 - 1844
Transcendentalist Generation
^Transcendental Generation
^Gilded Generation
^Progressive Generation
1789 - 1819
1792 - 1821
1822 - 1842
1843 - 1859
Third Great Awakening 1886 - 1908
^Missionary Generation(英語)
失われた世代
Interbellum Generation(英語)(戦間期世代)
G.I. Generation(英語)
Greatest Generation(英語)
1860 - 1882
1883 - 1899
1900 - 1913
1900 - 1924
1911 - 1924
ジャズ・エイジ 1918 - 1929
ビート・ジェネレーション
Silent Generation(英語)
ベビーブーマー
Generation Jones(英語)
1914 - 1929
1925 - 1942
*1946 - 1964
1954 - 1965
Consciousness Revolution 1964 - 1984
ジェネレーションX
^13th Generation
MTV Generation(英語)
Boomerang Generation(英語)
*1965 - 1980
1961 - 1981
1974 - 1985
1977 - 1986
Culture Wars(英語) 1980s - present
ジェネレーションY
^Millennial Generation (Millennials)
ジェネレーションZ
^ニュー・サイレント・ジェネレーション
*1981 - 2000
1981 - 2000
*2001 - 2010 ?
1990 - 2009 ?

ジェネレーションY: Generation Y)とは、アメリカ合衆国において1980年代から1990年代に生まれた世代である。Y世代(ワイせだい)あるいはエコーブーマー (echo boomers) ともいう。かつては1970年代半ばから1980年代に生まれた世代とされることが多かったが、現在では後述ミレニアル世代 (Millennial Generation) と同義に扱われることが多い。

特徴[編集]

ベトナム戦争終結後からベルリンの壁崩壊冷戦終結)を経てアメリカ同時多発テロ事件前までの時代に生まれた世代である。第二次世界大戦の終結後に生まれたベビーブーマーの子供世代(エコーブーマー)であり、「親が2人とも第二次大戦後生まれ」の子供たちである。

例えば、1980年代前半に生まれた子供は幼少期に冷戦の終結と社会主義の没落に遭遇し、思春期を迎えるティーンエイジャーの頃にインターネットの爆発的普及を経験した。このため、インターネットを駆使して活躍する者が多いといわれている。また、成人を迎える頃にはアメリカ同時多発テロ事件に遭遇しており、政府の経済や社会政策への介入を肯定的に見る者が多い世代でもあり、バラク・オバマを大統領に当選させる原動力にもなった。

なお、アメリカ国家安全保障局 (NSA) が秘密裏に行ってきた個人情報収集の手口を告発したことで、世界から注目を集めたエドワード・スノーデンもこの世代である。

一方、1990年代にはインターネットの普及と共に高校生大学生といった若者の間で麻薬などのドラッグが広まった。それにより犯罪を犯し、刑務所から出所後も就職できずに再びドラッグの乱用や犯罪を繰り返す若者が急増し、彼らは「新たな失われた世代 (New Lost Generation)」とも呼ばれるようになった。

Millennial Generation[編集]

ジェネレーションYと似た世代を表す表現として、1980年代から2000年代初頭(2000年前後)に生まれた世代のことを"Millennial Generation"(ミレニアル世代)、あるいは"Millennials"(ミレニアルズ)と呼ぶ場合がある[1]

幼少期からデジタル化された生活に慣れ親しみ(デジタルネイティブ)、ほとんどの人が日常的にインターネットを使いこなしているため、それまでの世代とは価値観やライフスタイルなどに隔たりがあるとされる。新千年紀が到来した2000年前後か、それ以降に社会に進出する世代という意味が込められている[1]

アメリカ以外でのジェネレーションY[編集]

育った時代背景については「冷戦#ポスト冷戦時代」を参照するとわかりやすいであろう。

アメリカ以外でも、1975年1989年に生まれた世代は「ジェネレーションY」(Y世代)と呼ばれる例もある。アメリカのジェネレーションYは、一桁台から10代でソ連崩壊グローバル資本主義に遭遇したため、プレカリアート非正規雇用労働者)の多い世代である。日本のジェネレーションYは「氷河期世代」と呼ばれているが、この他に「ロストジェネレーション」(アメリカではジェネレーションYの曽祖父母世代を指す言葉でもある)と呼ばれることも多い。

こうした時代背景は、政治・経済に対する意識にも影響を与えている。

ロシアのジェネレーションYは、一桁台〜10代でソ連崩壊に遭遇し、グローバル資本主義による不況(ロシア財政危機)に巻き込まれたことから、ウラジーミル・プーチン反米・大国路線を支持する者が多いという。

また、韓国のジェネレーションYは「88万ウォン世代」とも呼ばれており、10代でアジア通貨危機に遭遇したためにプレカリアートが多く、金大中政権が敷いた新自由主義に反発するが故に、李明博ハンナラ党)を大統領に当選させる原動力にもなった。

次の世代(ジェネレーションZ)[編集]

アメリカ合衆国においてジェネレーションYの次の世代(2000年代に生まれた世代[注 1])を「ジェネレーションZ」(Generation ZZ世代)と呼称する。ジェネレーションYよりもさらに周囲のIT環境が進展しており、生まれた時からインターネットが当たり前のように存在するデジタルネイティブ(ネットネイティブ)世代である。かつてはジェネレーションYが一般的に1970年代半ばから1980年代に生まれた世代とされていたため、ジェネレーションZもそれに続く1990年代以降に生まれた世代とされることが多かった。また、1990年代から2000年代に生まれた世代は「ニュー・サイレント・ジェネレーション (New Silent Generation)」[注 2]と呼ばれることもある。なお、ジェネレーションZの次の世代については「ジェネレーションα (Generation Alpha)」という名称が考案されている。

一方、日本では三浦展1985年から1992年に生まれた世代を「ジェネレーションZ」(Z世代)と名付けている[2]

参考文献[編集]

  • 日本経済新聞 2009年2月15日付15頁「政治を動かす新世代」
  • 加納寛子『サイレント・レボリューション』ぎょうせい、2006年4月、ISBN 432407920X

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 世代間の比較において、ミレニアル世代 (Millennials) を1980年代から1990年代半ばに生まれた世代、ジェネレーションZを1990年代半ば(1995年頃)から2000年代に生まれた世代と区切ることも多い。
  2. ^ ウィリアム・シュトラウスとニール・ハウの共著『世代』 (1991) において、1990年代以降に生まれる世代の名称として提案された。同著ではアメリカにおける世代の周期性から、この頃に「サイレント世代」が復活すると予測している。なお、かつてのサイレント・ジェネレーション (Silent Generation) は、ベビーブーマージェネレーションXの親世代に当たる1925年1942年頃に生まれた世代で、後の騒々しいブーマー世代との対比により「サイレント・ジェネレーション」(沈黙の世代)と呼ばれた。

出典[編集]

  1. ^ a b 若者--新時代の到来を告げる「ミレニアルズ」(CNET Japan, 2006年1月12日)
  2. ^ ジェネレーションZとは?バブル崩壊後に育った平成世代

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ジェネレーションX
1965年-1980年
アメリカ合衆国の世代
ジェネレーションY
1981年-2000年
次代:
ジェネレーションZ
2001年-2010年 ?