荒川和久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒川 和久(あらかわ かずひさ)は、日本独身研究家[1]コラムニスト

経歴[編集]

栃木県出身。早稲田大学法学部卒業。株式会社博報堂に入社後、自動車・飲料・ビール・食品・化粧品・映画・流通・通販・住宅等幅広い業種の企業業務を担当。キャラクター開発やアンテナショップ、レストラン運営も手掛ける。独身生活者研究の第一人者として、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・WEBメディア多数出演。博報堂ソロもんラボ・リーダー(ソロ活動系男子研究プロジェクトより改称)[2]。宣伝会議のレギュラー講座講師も務める。「ソロ男」「ソロ女」「ソロ充」「ソロ活」「ソロ社会」「ソロエコノミー」「エモ消費」「少母化」「時間差一夫多妻制」「男余り現象」などソロ社会周りで多くの造語を生み出している。

著作[編集]

  • 『結婚しない男たち 増え続ける未婚男性「ソロ男」のリアル』〈ディスカヴァー携書〉2015年。ISBN 978-4799317983 
  • 『超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃』〈PHP新書〉2017年。ISBN 978-4569832760 
  • 『ソロエコノミーの襲来』2019年。〈ワニブックス新書〉ISBN 978-4847066221
  • 『結婚滅亡 ~「オワ婚時代」のしあわせのカタチ~ 』2019年。〈あさ出版〉ISBN-10: 4866671742
  • 『「一人で生きる」が当たり前になる社会』 2020年〈ディカヴァー携書〉ISBN-10 : 4799327062

メディア出演・掲載[編集]

テレビ[編集]

  • 5時に夢中!(TOKYO-MXテレビ、2016年1月6日)
  • あさチャン!「家族ノカタチ主人公は”結婚しない男”」(TBSテレビ、2016年1月15日)
  • ノンストップ!「20代に急増中!ソロ充男結婚しないワケ」(フジテレビ、2016年11月10日)
  • 九州沖縄ミライ語りっ!「絶食化するニッポン!?恋愛も結婚もしない!?」(NHK、2017年2月24日)
  • 週刊ニュース深読み「"生涯おひとりさま"社会到来!?どうなるニッポンの未来」(NHK、2017年4月22日)
  • ニュースウオッチ9(NHK、2017年7月20日)
  • NHKスペシャル「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」(NHK、2017年7月22日)
  • ノンストップ!「ソロ行動夫婦バトル 妻に迷惑かけないで!」(フジテレビ、2018年3月2日)
  • 月曜から夜ふかし「新生活を始めるためにあの街を調査した件 江戸川区」(日本テレビ、2018年4月16日)
  • 林先生が驚く初耳学(TBSテレビ、2018年5月6日・5月13日)
  • Mプラス11「孤客をつかめ」(テレビ東京、2018年5月23日)
  • 駆け込み結婚相談所(テレビ朝日、2019年1月3日)
  • ナビゲーション「広がるソロ活~一人になりたい若者たち」(NHK、2019年2月8日)
  • ニュースシブ5時「広がるソロ活」(NHK、2019年2月25日)
  • ニュースの星「婚活パーティービジネス新形態」(テレビ山梨、2019年3月15日)
  • 駆け込み結婚相談所(テレビ朝日、2019年3月16日)
  • ニュースウォッチ9「2040年の日本・増加する1人暮らし高齢者」(NHK、2019年4月19日)
  • Live News it!「アレコレト 主婦にも広がるソロ活」(フジテレビ、2019年5月30日)
  • Live News it!「出生数最少90万人割れ」(フジテレビ、2019年12月26日)
  • 日経プラス10「増えるおひとりさま市場」(BSテレ東、2020年2月24日)
  • グッドモーニング「池上彰のニュース検定 少子化を考える 池上解説"少母化"」(テレビ朝日、2020年11月3日)

ラジオ[編集]

  • クロノス「あなたの周りの結婚しない男たち」(TOKYO FM、2016年1月13日)
  • ごごラジ!「特別企画・結婚しなきゃ、ダメですか?★「結婚できない」ではなく「あえて結婚しない」若者が急増中!」(NHKラジオ第一、2016年11月29日)
  • Day by Day(JFM、2017年2月8日)
  • God bless Saturday(FMヨコハマ、2017年2月11日)
  • JAM THE WORLD(J-WAVE、2017年2月17日)※ジャーナリスト青木理氏との対談
  • E-ne!~good for you~「優しさがしなやかに繋がる 2035年の 超ソロ社会!」(FMヨコハマ、2017年3月1日)
  • PEOPLE~日曜日の朝刊、世界を笑え!~(JFM、2017年3月5日)
  • Baile yokohama(FMヨコハマ、2017年3月12日、3月19日、3月26日)
  • Love Our Bay(Bay fm、2017年3月27日~30日)
  • Time Line~タイムライン「2035年、日本人の半分が独身に。超ソロ社会の到来」パーソナリティ古谷経衡(TOKYO FM、2017年8月22日)
  • The News Masters TOKYO(文化放送、2017年8月28日)
  • Time Line~タイムライン「インスタ映えを読み解くカギ エモ消費とは何か?」(TOKYO FM、2017年9月18日)
  • ごごラジ!「ソロライフ、充実中?」(NHKラジオ第一、2018年7月4日)
  • 田村淳のNewsCLUB(文化放送、2019年5月11日)
  • STEP ONE「ソロ・クリスマス」(J-WAVE、2019年12月12日)
  • 大竹まこと ゴールデンラジオ(文化放送、2020年8月19日)

インターネット[編集]

連載[編集]

  • 読売オンライン「深読みチャンネル」
  • 東洋経済オンライン「ソロモンの時代」
  • マイナビ・ウーマン「知らないと困る結婚の数字」
  • プレジデントオンライン「ソロ時代の羅針盤」

ネットTV[編集]

  • ニコ生岡田斗司夫ゼミ対談「最強の経済対策!結婚しないからこそお金を自由に使えるソロ男という生き方」(ニコニコ生放送、2015年12月13日)
  • キングコング西野亮廣と絵本作家のぶみ「会議を見せるテレビ」第14回ゲスト出演(ニコニコ生放送、2016年5月20日)
  • NewsPicks"The UPDATE"「結婚は時代遅れなのか?」(2019年10月22日)
  • Abema Prime(2019年11月6日、2020年1月23日)

その他[編集]

  • ログミー「ソロ男を語る夜」(2016年1月22日)
  • WEB広告朝日「マーケティングキーワード-ソロ男」(2016年1月27日)
  • シティリビング「結婚“できない”ではなく“しない”「ソロ男(ダン)」の攻略法とは!?」(2016年2月17日)
  • サイゾーウーマン「結婚しなくてもいいが、子どもは欲しい もはやマイノリティではない、未婚男性“ソロ男”の生態」(2016年2月19日)
  • サイゾーウーマン「結婚しないと一人前になれないのか? ソロ男が語る未婚男性へのソロハラと幸せの多様性」(2016年2月20日)
  • 東京独女スタイル「なぜソロ男はモノにこだわり、消費欲が旺盛なのか?」(2016年2月20日)
  • 現代ビジネス「未婚男性増加中!結婚できないのではなく結婚しない? 独身男のリアル」(2016年2月20日)
  • Project DRESS対談・北条かや×荒川和久「相手がいなくても結婚したい——根底にあるのは社会から認められたい気持ち?」(2016年3月4日)
  • ログミー「ソロ男荒川和久×ユカイ工学青木俊介 対談-未婚男性とロボットの関係はどうなっていくの?」(2016年3月)
  • ログミー「『察しない男 説明しない女』五百田達成×『結婚しない男たち』荒川和久 ソロ男対談-「結婚する人・しない人」の差はまるで宗教?」(2016年3月)
  • 連載対談企画「キザシ」 第2回 / 中野信子×荒川和久「ソロ男に見る男と女の生き方」(2016年3月31日)
  • キャリコネニュース "「独身者は無理に幸せになろうとしない方がいい」ーー 『超ソロ社会』著者の荒川和久さんが語る"(2017年1月22日)
  • NEWS PICKS「少子化との戦い方#01」"超ソロ化する日本。希望は「AI」と「つながり」"(2017年1月30日)
  • サイゾーウーマン "2035年、日本の人口の半分は独身者に!「超ソロ社会」でどう生き抜く?"(2017年2月2日)
  • 女の転職@type~Woman type「依存先を1つに絞るのは危険!人生100年時代の「結婚」について考える」(2017年3月8日)
  • FOR2035 来るソロ社会の展望を語る- 連載対談 荒川和久×安田洋祐(経済学者)「既婚も未婚も、男も女も生きづらい!?結婚という経済共同体を考える」(2017年3月30日)
  • ハフポスト "【生涯未婚率】男性23%、女性14%に急上昇 「皆が結婚する社会こそ異常」と指摘する専門家も"(2017年4月5日)
  • ホウドウキョク 特集「『人生100年時代』のサバイバル術」第4回 "国民の半分が独身に。超ソロ社会で孤立に陥らないためには?" (2017年4月6日)
  • ダ・ヴィンチニュース "「結婚って何?」「夫婦とは?」結婚、出産の呪縛に苦しむ女たちを「ソロ社会」の未来図から考えてみた"(2017年4月18日)
  • FOR2035 来るソロ社会の展望を語る- 連載対談 荒川和久×水無田気流(社会学者)「みんなが結婚していた皆婚時代の方が異常だった?」(2017年5月8日)
  • ハフポスト "「結婚しない人が増えたのは自然なこと」荒川和久さんが指摘する「ソロ社会」とは"(2017年6月5日)
  • FOR2035 来るソロ社会の展望を語る- 連載対談 荒川和久×川野泰周(僧侶・精神科医)「ソロ社会で求められる対話とセルフコンパッション」(2017年6月7日)
  • エキサイトニュース "18年後には日本人の半分が独身に!?専門家「必ずしも悪いことではない」=中国ネットでは「日本は自分にぴったり」の声も"(2017年6月30日)
  • レコードチャイナ "日本は男女で「結婚しない理由」が真逆だった!―中国メディア"(2017年7月12日)
  • FOR2035 来るソロ社会の展望を語る- 連載対談 荒川和久×前野隆司(幸福学教授)「無駄こそが、イノベーションと生きがいと幸せを生む」(2017年9月8日)
  • 日経ビジネス・デジタル「日本から夜の経済が消える10の理由 人口減少・高齢化だけじゃない」(2017年9月22日)
  • ヤフー・ニュース 「2035年、日本人の半分が独身に!? 未婚化が進む理由とは」 (2017年9月22日)
  • ヤフー・ニュース 「独身大国・日本、おひとりさまは幸せか否か」(2017年9月24日)
  • AERAdot. "「結婚しない男」急増は「やせ我慢」が理由?"(2017年9月26日)
  • ウートピ "いつの時代も「恋してる男女」は3割だけ。独身研究家に聞く「私たちの恋愛がうまくいかない理由」"(2017年10月13日)
  • ホウドウキョク×Live Picks「2035年、日本人の半分が独身に。独身社会をどう生きる?」(2017年11月3日)
  • NewsPicks「2018年:100人が描く未来【荒川和久】「超ソロ社会」は絶望の未来ではない」(2017年12月18日)
  • 朝日新聞ウィズニュース「ソロ当たり前時代、独身者が備えるべきこと 2035年は半数が独身に」(2017年12月31日)
  • ダイヤモンドオンライン「人口の半分が独身に!2035年にやってくる超ソロ社会とは?」(2018年1月20日)
  • BIGLOBEニュース「日本が低欲望社会に突入、経済的危機のきっかけとなる!?—中国メディア」(2018年2月1日)
  • EL BORDE「2040年、約4割が単身世帯に!? 80年代生まれはソロ社会をどう生きる?」(2018年2月19日)
  • NewsPicks 「【論考】ソロ男の孤独とコミュニティへの向き合い方」(2018年5月27日)
  • 朝日新聞デジタル「結婚相談所に見放された47歳独身男性」(2018年7月3日)
  • AERAdot.「孤独を苦に自殺 独身者より一度家庭を持った男性の方が多い理由」(2018年9月4日)
  • AERAdot.「リアルすぎて参加できない」という独身男性も… “ソロ本”テーマの読書会に潜入」(2018年9月4日)
  • 読売オンライン「好きが止まらない 「ソロ男」たちの甘美な時間」(2018年9月25日)
  • DANRO「おひとりさまに必要なのは「人とつながる力」 超ソロ社会を生き抜くコツとは?」(2018年11月26日)
  • プレジデントオンライン「"孤独ビジネス"はブルーオーシャンである」(2019年4月12日)

新聞[編集]

  • 毎日新聞「特集ワイド大予測2016 トレンド」荒川和久×牛窪恵(2016年1月7日)
  • 日刊ゲンダイ「物事にお金を使って承認欲求や達成欲求を満たすのがソロ男の幸せです」(2016年1月7日)
  • 読売新聞「1人で充実の時間 ソロ充」(2016年10月25日)
  • 日経MJ「ソロ社会時代で変わる消費」(2017年1月16日)
  • 東京スポーツ「こう考えれば怖くない○○社会の歩き方~これから日本が迎える超ソロ社会 結婚しても孤独リスク」(2017年4月5日)
  • 室蘭民報、東奥日報、岩手日報、静岡新聞、北陸中日新聞、京都新聞、山陰中央新報、佐賀新聞、南日本新聞 "識者コメント「多様な選択をする時代に」"(2017年4月5日)
  • 北海道新聞「つながる力、身につけて 博報堂ソロ活動系男子研究プロジェクトリーダー・荒川和久さんに聞く」(2017年6月29日)
  • 日経新聞「少子化の先を見据え 「生涯未婚」生き方模索」(2018年1月5日)
  • 日経新聞「おひとり力鍛えよう」(2018年2月15日)
  • 毎日新聞「大丈夫か孤独大国・日本 孤高美化の風潮も」(2018年2月15日)
  • 下野新聞「特集:未来予想図 2035年半数ソロ社会」(2018年3月19日)
  • 日経ヴェリタス「孤客をつかめ~超ソロ社会、商機探る企業」(2018年5月20日)
  • 毎日新聞「人口減前提の社会へ 出生数、今後も減少見込み」(2018年6月2日)
  • 朝日新聞「一人を生きるヒントは?」(2018年7月12日)
  • 読売新聞「シングルスタイル~幸福 人それぞれ」(2018年9月15日)
  • 日経MJ「クリぼっちでいいじゃない 変わるXマス消費」(2018年12月24日)

雑誌[編集]

  • AERA「巻頭特集~ひとり好きだけど子どもが欲しい」(2016年2月8日号)
  • JOYO ARC4月号「消費意欲旺盛なソロ男の価値観・消費スタイル」(2016年3月)
  • 販促会議6月号「“限定商品”の仕掛けに弱い?ソロ男とは」(2016年5月9日)
  • 宝島社smart11月号特集「急増中!俺たち一生独身族」(2016年9月24日)
  • 週刊プレイボーイ no.21「本人襲撃 2035年には人口の半分が独身! この先、必要になる「ソロで生きる力」とは?」 (2017年5月8日)
  • 日経ビジネス No.1909 特集「寝るな日本人」(2017年9月25日)
  • 週刊朝日「未婚・独身男が増えている裏事情」(2017年9月29日)
  • 週刊朝日「超ソロ社会が到来する日本」(2018年1月9日)
  • 週刊プレイボーイno.7「孤独担当大臣は日本にも必要か?」(2018年1月29日)
  • 週刊女性6月26日号「コスパ時代のイマドキ結婚事情」(2018年6月12日)
  • 女性セブン7月26日号「平成婚のカタチ」(2018年7月5日)
  • AERA 2018年9月3日号「巻頭特集~孤独の処方箋~既婚者こそソロ力を」(2018年8月27日)
  • 週刊東洋経済11月3日号「孤独という病」(2018年10月31日)
  • DIME 2019年2月号「2019トレンド大予測」(2018年12月15日)
  • 雑誌プレジデント2019年3.4号「孫正義社長も注目! 新たな成長産業「孤独ビジネス」成功の方程式」(2019年2月9日)

海外メディア[編集]

  • HuffPost「Japan Evolving into “Ohitorisama” Nation」(2016年11月13日)
  • 日本經濟新聞中文版「東京眼(169)最終你還是會獨身的」(2017年6月1日)
  • chosun.com「한국의 미래가 아니길… 일본, 2035년 인구 절반이 솔로」(2017年6月15日)
  • 京郷新聞「2035년엔 인구 절반이 싱글…‘확장가족’ 필요」(2017年6月28日)
  • 国际在线新聞「日本成为单身大国 专家支招改变家庭观念」(2017年6月29日)
  • 新浪財経「2035年日本将有一半人口单身 专家称不一定是坏事」(2017年6月29日)
  • 新民网「懒得脱单”急坏政府 日本“脱单”靠“扩张家庭”?」(2017年7月7日)
  • 汉丰网「日本走向“超单身社会” 男女原因大不同」(2017年7月10日)
  • 浙江在线「到2035年约一半日本人单身 女性收入越高越不婚」(2017年7月10日)
  • 新浪网「日本走向“超单身社会”:男人因为金钱选择不婚」(2017年7月11日)
  • 多维新闻网「终生未婚率攀升 日本男人为何无力结婚」(2017年7月11日)
  • 東網「移民良機?日本未婚人口創新高 經濟更堪憂」(2017年7月11日)
  • 香港蘋果日報「【超單身社會】日男女不婚比率創新高 料2035年半數國民單身」(2017年7月11日)
  • Yahoo!新聞 雅虎香港「日本邁向「超單身社會」」(2017年7月12日)
  • 香港文匯報「日本走向「超單身社會」」(2017年7月12日)
  • ETNEWS新聞「日本走向「超單身社會」 荒川和久:女為錢結婚,男為錢不婚」(2017年7月12日)
  • 鉅亨網「為錢不婚不嫁 日本邁向超單身社會 單身經濟夯」(2017年7月12日)
  • 地球圖輯隊「迎半數單身時代 日本也有危機」(2017年8月18日)
  • 国际在线「日本要收单身税?网友:我也不想单身」(2017年9月8日)
  • 自由時報電子報「<單身經濟>亞洲超單身社會中國火鍋店推泰迪熊陪吃」(2017年9月10日)
  • Le Monde「Le Japon est-il en passe de devenir une « société super solo » ?」(2017年10月3日)
  • KNOWING新聞 「雙11單身節成年度焦點,單身人口數量比你想像的更驚人」(2017年11月11日)
  • 新浪网「东京这群剩男连续11年反对圣诞 自称没有异性缘」 (2017年12月26日)
  • 四川新闻网首页「日本单身潮趋势明显 2040年"单身户"家庭或占四成」(2018年1月14日)
  • JAPAN TODAY 「By 2035, half of Japanese will be single, predicts commentator」(2018年1月15日)
  • KBS NEWS「[특파원리포트] “올림픽 함께 보려면 결혼해라?”…日도쿄 결혼 광고 ‘물의’」(2018年2月21日)
  • 上報UP Media「單身孤獨的經濟社會海嘯正來襲」(2018年2月23日)
  • National Post(Canada)「A place for the state in the bedrooms of the nation: How Japan is tackling its plummeting population problem」(2018年3月20日)
  • BBC「The rise of Japan's 'super solo' culture」(2020年1月15日)
  • Brazil・RECORD TV「Domingo Espetacular」(2020年6月6日)

イベント・講演[編集]

  • ゲンロンカフェ 荒川和久 × 田中俊之「ソロ男×男性学──結婚しない男たち、その生態と未来」(2016年2月17日)
  • 本屋B&B 荒川和久×角田陽一郎「独身大国ニッポンの歩き方」『超ソロ社会-独身大国日本の衝撃』(PHP研究所)刊行記念(2017年1月16日)
  • 公益財団法人フォーリンプレスセンター 「超ソロ社会」、変化する日本人の結婚観(2017年6月28日)
  • 広島中央ロータリークラブ 創立41周年記念例会(2019年11月25日)
  • 日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム(2019年12月1日)

脚注[編集]

  1. ^ 東洋経済オンライン連載プロフィールより。
  2. ^ 「超ソロ社会」amazon書籍プロフィールより

外部リンク[編集]