ドラゴンボールZ2 (プレイステーション2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラゴンボールZ2
ジャンル 3D対戦アクションゲーム
対応機種 PlayStation 2
開発元 ディンプス
発売元 バンダイ
人数 1~2人
メディア DVD-ROM1枚
発売日 2004年2月7日
2004年9月16日(Best版)
売上本数 約53万本[1]
テンプレートを表示

ドラゴンボールZ2』(ドラゴンボールゼットツー、DRAGON BALL Z2)は2004年2月7日に、ディンプス開発バンダイから発売されたPlayStation 2用の対戦格闘ゲームである。『ドラゴンボールZ』のPlayStation 2作品第2弾。

概要[編集]

新たに起用された「ドラゴンシェーディング」(トゥーンレンダリング)によりグラフィックは原作に近い雰囲気となった。前作では登場しなかった魔人ブウ編のキャラクターを始め、多くのキャラクター達が参戦した。この頃からまたフュージョンやポタラ、吸収と戦闘中の形態変化が多彩となった。

ドラゴンシェーディングを起用した理由として、プロデューサーの内山大輔は「よりDBらしくする方法を探していて、辿り着いたのがトゥーンでした」「当時は海外でも情報が少なく、厳密にはキャラクター3体分のモデルを重ねて表現しているため、通常の3倍の手間とコストがかかったが、誰が見てもこの方が絶対かっこいいので、これ以外の選択肢はありませんでしたね」と話している[2]

システム[編集]

ほとんどのシステムは前作と同一である。

ここでは変更点のみ記述するため、詳しくはドラゴンボールZ#基本操作とシステムを参照のこと。

特殊スキル[編集]

必殺技(ボタン入力)
攻撃側・防御側双方のボタン入力によって、攻撃の成功・失敗が決定。攻撃側が防御側と違うボタンを押すことが出来れば追加ダメージを与えることが出来る。
必殺技(絶対入力)
攻撃側の左、右スティック入力量によるもの。ゲージをフルに出来たら追加攻撃を行うことが出来る
究極技(ボタン入力量)
攻撃側が表示されたコマンドを入力。失敗すると技が発動しなかったり、自分がダメージを受けたりしてしまう。
究極技(絶対入力量)
攻撃側の左、右スティック入力量によるゲージの量によって、攻撃力が変化する。
究極技(相対入力量)
攻撃側と防御側双方の左、右スティック入力量によるゲージの量によって、攻撃力が変化する。
フュージョン
画面下に表示されたコマンドを入力することにより発動。フュージョンの発動中は気力ゲージが時間ゲージに変わり、フュージョン中は気功波やスキル技の制限がなくなり、使い放題になる。時間ゲージが0になった時ダウンすると変身が解ける(再度フュージョンは可能)。フュージョンの入力を失敗すると弱いキャラに変身してしまう。
ポタラ
攻撃側と防御側が違ったボタンを押すことが出来れば発動。バトル中一回のみであり、成功すればバトル終了までポタラで合体したキャラクターで戦うことが出来る。攻撃側と防御側のボタンが同じだった場合はポタラを破壊され、二度と合体できなくなる。
吸収
魔人ブウ(悪)のみの攻撃技。発動すると魔人ブウがランダムでキャラクターを発見し、自分の肉片でを相手を吸収し、その相手のキャラクターの能力を自分のものとする。キャラクターによっては能力がダウンするときもある。

ゲーム内容[編集]

ドラゴンワールド
Z戦士達でドラゴンボールの世界をボードゲーム感覚で楽しむモード。
対戦
  • 1P VS Com
  • 1P VS 2P
  • Com VS 2P
  • Com VS Com
天下一武道会
「初級」「中級」「上級」に分かれる。優勝すると特殊スキルや優勝賞金が手に入る。
練習
技などの練習できる。Z2からはキャラクター同士で指導する「修行」が登場。
スキル編集
スキルを買ったり、セットしたりできるモード。シリーズによって登場するキャラが違う。
オプション
難易度、コントローラ配置等の設定が出来る。
バビディの宇宙船
特殊な条件で勝負するモード。キリを溜めると、特殊スキルがゲットできる。

使用キャラクター[編集]

条件を満たすと登場するキャラクター[編集]

  • ゴテンクス(声優:野沢雅子&草尾毅) 悟天とトランクスがフュージョンで融合をした姿。
  • ベジット(声優:野沢雅子&堀川りょう) 悟空とベジータがポタラで合体をした姿。
  • ゴタン(声優:野沢雅子&郷里大輔) 悟空とミスター・サタンがポタラで合体をした姿。
  • キビト神(声優:三ツ矢雄二) 界王神とキビトがポタラで合体をした姿。
  • ヤム飯(声優:古谷徹&鈴置洋孝) ヤムチャと天津飯がフュージョンで融合をした姿で、本作のオリジナルキャラクター。
  • クリーザ(声優:中尾隆聖) フリーザの息子で、『ネコマジン』からのゲスト登場。音声はフリーザの流用。

CPU専用キャラクター[編集]

  • 栽培マン(声:沼田祐介
  • セルジュニア(声:鈴置洋孝)

その他のキャラクター[編集]

主題歌[編集]

くすぶるheartに火をつけろ!!
作詞: 森由里子、作曲: 山本健司、歌: 影山ヒロノブ
内山によるとオープニングアニメに関しては、「『DBZ』の世界さながらに、地球を破壊するほどのエネルギーを込めました」と話している[3]

予約特典[編集]

「ミニチュアスカウターアクセサリー」

ドラゴンボールZ2V[編集]

Vジャンプの企画で抽選で2000名に配布された特別版。本作との相違点は、セーブ・ロード機能がないこと、最初から全スキルが揃っていること、また新キャラとしてクウラ(技・音声はフリーザの流用)が使用可能となっている。

関連商品[編集]

攻略本
  • DRAGON BALLZ2 全開ぶっちぎりの超(スーパー)パワー!!!
関連CD

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Vジャンプ編集部編「DRAGON BALL スーパーデータ DRAGON BALL VIDEO GAME DATA」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、平成28年(2016年)1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、216頁。
  2. ^ Vジャンプ編集部編「VIDEOGAME SELECTION【03】『ドラゴンボールZ』シリーズ シリーズプロデューサー 内山大輔」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』186頁。
  3. ^ a b Vジャンプ 2004年3月号綴込付録「DRAGON BALL Z2 WARM UP VERSION」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]