エイブリー・ブラッドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エイブリー・ブラッドリー
Avery Bradley
Avery Bradley (51958680007) (cropped).jpg
ロサンゼルス・レイカーズでのブラットリー
(2022年)
フリーエージェント
ポジション SG / PG
基本情報
愛称 Poison
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1990-11-26) 1990年11月26日(31歳)
出身地 ワシントン州の旗 ワシントン州タコマ
身長 191cm (6 ft 3 in)
体重 82kg (181 lb)
ウィングスパン 201cm  (6 ft 7 in)[1]
キャリア情報
高校 ベラマイン・プレップ英語版
フィンドレー・プレップ英語版
大学 テキサス大学
NBAドラフト 2010年 / 1巡目 / 全体19位[1]
プロ選手期間 2010年–現在
経歴
2010-2017ボストン・セルティックス
2011メイン・レッドクローズ
2011ハポエル・エルサレム
2017–2018デトロイト・ピストンズ
2018-2019ロサンゼルス・クリッパーズ
2019メンフィス・グリズリーズ
2019–2020ロサンゼルス・レイカーズ
2020–2021マイアミ・ヒート
2021ヒューストン・ロケッツ
2021–2022ロサンゼルス・レイカーズ
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten

エイブリー・アントニオ・ブラッドリー・ジュニアAvery Antonio Bradley Jr. , 1990年11月26日 - )は、アメリカ合衆国ワシントン州タコマ出身のプロバスケットボール選手。ポジションはシューティングガードまたはポイントガード

経歴[編集]

ワシントン州タコマの地元の高校から2年生の時にネバダ州の高校に転校。大学はテキサス大学に進学[2]。ブラッドリーはテキサス大学出身のT・J・フォードに憧れて同大学に進学したという。1年間だけプレーした後に2010年のNBAドラフトにアーリーエントリーを表明[3]。19位でボストン・セルティックスに指名された[4]

ボストン・セルティックス[編集]

2011-12シーズン途中から、レイ・アレンに替わりシューティングガードのスタメンに抜擢。2012-13シーズンには、NBAオールディフェンシブチームのセカンドチームに選出された。

2013-14シーズン開幕前に、翌シーズンからの4年3200万ドルの新契約に合意。2016年2月5日のクリーブランド・キャバリアーズ戦では、101-103でむかえた第4クォーター残り0.8秒の場面から、起死回生の逆転ブザービーター3ポイントシュートを決めた[5]

2017年5月21日のカンファレンスファイナルの同じくキャバリアーズ戦でも、108-108の同点で迎えた第4クォーター残り数秒の場面で、2連敗のセルティックスを救う決勝3ポイントシュートを決めた[6]

デトロイト・ピストンズ[編集]

2017年7月7日、マーカス・モリスとのトレードでデトロイト・ピストンズに移籍した[7]

ロサンゼルス・クリッパーズ[編集]

2018年1月29日、ブレイク・グリフィン等とのトレードでトバイアス・ハリスボバン・マリヤノヴィッチと共にロサンゼルス・クリッパーズに移籍した[8]

メンフィス・グリズリーズ[編集]

2019年2月7日、ジャマイカル・グリーンギャレット・テンプルとのトレードでメンフィス・グリズリーズに移籍した[9]。2月12日のサンアントニオ・スパーズ戦でキャリアハイとなる33得点を記録した。

ロサンゼルス・レイカーズ[編集]

ウェイバー期間終了後にロサンゼルス・レイカーズとプレイヤーオプション付きの2年970万ドルで契約合意した[10]2020年6月24日、新型コロナウイルスの影響でシーズンが7月30日から再開する予定だったがブラッドリーはプレーしないことをESPNに報じた[11]。なお、レイカーズは10年振りNBAチャンピオンに輝いている。オフにプレイヤーオプションを破棄してFAとなった[12]

マイアミ・ヒート[編集]

2020年11月21日にマイアミ・ヒートと2年1160万ドルで契約した[13]

ヒューストン・ロケッツ[編集]

2021年3月25日にビクター・オラディポとのトレードで、ケリー・オリニクと共にヒューストン・ロケッツへ移籍した[14]。オフにチームオプションを破棄され、FAとなった。

レイカーズ復帰[編集]

2021年9月にゴールデンステート・ウォリアーズとトレーニングキャンプ契約を結んだが[15]、キャンプ終了後の10月15日に解雇された[16]。その後、18日にウェイバー公示を経て古巣のレイカーズへ復帰した[17]

プレースタイル[編集]

長い手足を生かしたディフェンスが持ち味。同じガード陣のデイミアン・リラードC・J・マッカラムなどは、ブラッドリーを「NBA随一のペリメーターディフェンダー」とも語っている[18][19]。優秀な3&D選手であるが、2009年のマクドナルド・オール・アメリカンゲームのスラムダンクコンテストで優勝を果たしているなど、運動能力も高い。しかし、オフェンス面では伸びしろが見られず、ピストンズ移籍以降はジャーニーマン化している。

その他[編集]

セルティックス時代の同僚アイザイア・トーマスはブラッドリーと同じくタコマの出身であり、少年時代からのチームメイトであり親友。2017年のプレイオフ1回戦が行われる直前にトーマスの妹が不慮の事故により他界し、悲しみに暮れているトーマスに寄り添い彼を精神的に支え[20]、キャバリアーズに一矢報いる活躍を見せた。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  太字  キャリアハイ
  優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2010–11 BOS 31 0 5.2 .343 .000 .500 .5 .4 .3 .0 1.7
2011–12 64 28 21.4 .498 .407 .795 1.8 1.4 .7 .2 7.6
2012–13 50 50 28.7 .402 .317 .755 2.2 2.1 1.3 .4 9.2
2013–14 60 58 30.9 .438 .395 .804 3.8 1.4 1.1 .2 14.9
2014–15 77 77 31.5 .429 .352 .790 3.1 1.8 1.1 .2 13.9
2015–16 76 72 33.4 .447 .361 .780 2.9 2.1 1.5 .3 15.2
2016–17 55 55 33.4 .463 .390 .731 6.1 2.2 1.2 .2 16.3
2017–18 DET 40 40 31.7 .409 .381 .763 2.4 2.1 1.2 .2 15.0
LAC 6 6 27.5 .473 .111 1.000 3.7 1.8 .8 .2 9.2
2018–19 49 49 29.9 .383 .337 .800 2.7 2.0 .6 .3 8.2
MEM 14 14 31.6 .463 .384 .800 2.7 2.0 .6 .3 16.1
2019–20 LAL 49 44 24.2 .444 .364 .833 2.3 1.3 .9 .1 8.6
2020–21 MIA 10 1 21.1 .470 .421 .778 1.8 1.4 .7 .1 8.5
HOU 17 5 23.0 .314 .270 .833 2.3 1.9 .8 .1 5.2
2021–22 LAL 62 45 22.7 .423 .390 .889 2.2 .8 .9 .1 6.4
通算 660 544 27.5 .434 .365 .783 2.8 1.7 1.0 .2 11.0

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2012 BOS 10 10 24.8 .368 .227 .667 2.0 .8 .8 .6 6.7
2013 6 6 31.8 .405 .250 1.000 2.2 1.3 1.8 .2 6.7
2015 4 4 33.3 .380 .263 .857 3.8 .8 .8 .0 12.3
2016 1 1 33.0 438 .143 1.000 3.0 1.0 1.0 1.0 18.0
2017 18 18 35.8 .441 .351 .778 3.9 2.3 1.3 .2 16.7
通算 39 39 32.1 .420 .312 .780 3.1 1.6 1.2 .3 12.2

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ avery-bradley” (英語). draftexpress.com (2010年). 2021年9月25日閲覧。
  2. ^ http://www.texassports.com/roster.aspx?rp_id=210
  3. ^ http://www.sbnation.com/2010/4/6/2314700/texas-avery-bradley-declares-for-nba-draft-wont-sign-with-agent
  4. ^ http://m.espn.go.com/general/story?storyId=5348518&city=boston&src=desktop
  5. ^ Avery Bradley Hits the Game Winning Buzzer Beater in Cleveland
  6. ^ Avery Bradley hits game winning shot in Game 3 vs. Cavaliers
  7. ^ Celtics trading Avery Bradley and a second round pick to Detroit for Marcus Morris
  8. ^ Blake Griffin traded from Clippers to Pistons in blockbuster deal, sources say” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年1月29日). 2018年1月30日閲覧。
  9. ^ Memphis Grizzlies acquire Avery Bradley from Los Angeles Clippers”. NBA.com (2019年2月7日). 2019年2月7日閲覧。
  10. ^ Lakers News: Avery Bradley to Sign 2-Year, $9.7M Contract After Clearing Waivers”. 2021091-30閲覧。
  11. ^ レイカーズが誇る守備巧者エイブリー・ブラッドリーが今季“第二幕”の参戦を辞退”. news.yahoo.co.jp. BASKETBALLKING (2020年6月24日). 2020年6月24日閲覧。
  12. ^ Report: Avery Bradley to decline 2020-21 player option” (英語). Lakers Outsiders (2020年11月19日). 2021年11月6日閲覧。
  13. ^ Report: Avery Bradley to sign 2-year deal with Heat | NBA.com”. www.nba.com. 2020年11月21日閲覧。
  14. ^ Rockets Complete Trade with Miami”. NBA.com (2021年3月25日). 2021091-30閲覧。
  15. ^ Warriors Announce Roster for 2021-22 Training Camp, Fueled by Gatorade”. nba.com (2021年9月24日). 2021年9月25日閲覧。
  16. ^ Warriors Waive Bell, Bradley, Mulder and Payton II”. Golden State Warriors (2021年10月15日). 2021年10月16日閲覧。
  17. ^ Faigen, Harrison (2021年10月18日). “Lakers claim Avery Bradley off of waivers” (英語). Silver Screen and Roll. 2021年10月18日閲覧。
  18. ^ Damian Lillard told Boston Celtics guard Avery Bradley he's the NBA's best perimeter defender
  19. ^ Avery Bradley the best perimeter defender in the...
  20. ^ Avery Bradley's friendship 'really important' for grieving Boston Celtics star Isaiah Thomas

外部リンク[編集]