ウィングアリーナ刈谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウィングアリーナ刈谷
WING ARENA KARIYA
Kariya Wing Arena 2016 ac3.JPG
施設情報
用途 屋内スポーツ
設計者 刈谷市、大建設計[1][2]
施工 鴻池大豊・アイシン建設工事JV[1][2]
建築主 刈谷市[1][2]
管理運営 コナミスポーツ&ライフ
西三河エリアワングループ
構造形式 RC造S造[1]
敷地面積 184,000m²[1]
建築面積 10,430m²[1]
延床面積 14,570m²[1]
階数 2階[1]
着工 2004年11月[1]
竣工 2007年1月[1][2]
所在地 448-0011
愛知県刈谷市築地町荒田1番地
位置 北緯35度1分10.47秒
東経137度0分37.56秒

ウィングアリーナ刈谷(ウィングアリーナかりや)は、愛知県刈谷市築地町にある市立体育館刈谷市総合運動公園内にある。バスケットボールフットサルハンドボール等の大会などに利用されている。第1回アリーナオブザイヤー(2014)受賞。

B.LEAGUE(男子バスケットボール)のシーホース三河W LEAGUE(女子バスケットボール)のデンソーアイリストヨタ紡織サンシャインラビッツのホームアリーナである。刈谷市には日本ハンドボールリーグトヨタ車体ブレイブキングスが本拠地を置いており、日本ハンドボールリーグの試合が開催されることもある。

施設概要[編集]

  • メインアリーナ 2,000m2(2F客席:1,576席、1F可動席:800席)
  • サブアリーナ 1,184m2(観客席:148席)
  • プール
  • 卓球
  • フィットネススタジオ
  • トレーニングルーム
  • 会議室

歴史[編集]

2007年に竣工し、同年9月22日にはJBL CHALLENGE CUP 2007アイシンシーホースVSオーエスジーフェニックス東三河戦がこけら落としとなった。

2014年6月11日には一般社団法人アリーナスポーツ協議会の第1回アリーナオブザイヤーを受賞した[3]。バレーボール、フットサル、バスケットボールのトップリーグ選手1,258人によるアンケートにより、全国に約300ある施設の中から選出された[4]。選手アンケートの「今シーズン一番プレイしやすかったアリーナ」では3位、「今まででプレイした中で一番好きなアリーナ」では6位となり、観客関連項目や交通アクセスなどでも高評価を得た。

2016年4月22日から24日には、フットサル日本代表の国際親善試合が開催され、フットサルベトナム代表フットサルウズベキスタン代表と対戦した[5]。2017年7月8日・9日には、バスケットボール女子日本代表の壮行試合である三井不動産カップが開催された[6][7]

交通手段[編集]

自動車

  • 国道23号知立バイパス
    • 名古屋方面からは一ツ木インターチェンジ下車
    • 安城方面からは上重原インターチェンジ下車。

鉄道

バス

ギャラリー[編集]

外観
内部

脚注[編集]

外部リンク[編集]