ばい子内親王 (後朱雀天皇皇女)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「禖子内親王」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

禖子内親王(ばいし(みわこ)ないしんのう、長暦3年8月19日1039年9月10日) - 嘉保3年9月13日1096年10月1日)は、後朱雀天皇の第4皇女。母は中宮藤原嫄子、同母姉に祐子内親王後冷泉天皇賀茂斎院、号六条斎院

略歴[編集]

誕生後わずか10日で母后・嫄子が崩御し、姉・祐子内親王と共に祖父・藤原頼通の元で育てられた。寛徳3年(1046年)3月24日、兄・後冷泉天皇の即位に伴い8歳で賀茂斎院に卜定、寛徳3年(1048年)4月12日に紫野院へ入る。病弱のため康平元年(1058年)4月3日に20歳で斎院を退き、その後も長く病に苦しんだらしい。一方で幼い頃から和歌の才能に優れていたといわれ、「天喜三年(1055年)五月三日物語歌合」を始め、判明しているだけで25回もの歌合を開催した。斎院退下の後は、母方の曽祖父である具平親王の六条邸に住んだという。晩年に出家、嘉保3年(1096年)58歳で薨去

なお、禖子内親王に仕えた歌人六条斎院宣旨は『狭衣物語』の作者であると言われる。