ぜん子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「僐子内親王」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
僐子内親王
続柄 二条天皇第一皇女
全名 僐子(ぜんし/よしこ)
出生 平治元年(1159年
死去 嘉応3年3月1日1171年4月7日)(享年13)
父親 二条天皇
母親 中原師元
役職 賀茂斎院
テンプレートを表示

僐子内親王(ぜんし(よしこ)ないしんのう、平治元年(1159年) - 嘉応3年3月1日1171年4月7日))は、平安時代後期の皇族賀茂斎院。名は繕子あるいは僖子とも表記される。二条天皇の第1皇女で、母は大外記・中原師元の娘。上西門院統子内親王猶子

嘉応元年(1169年)10月20日、叔父・高倉天皇の賀茂斎院に卜定される。同3年(1171年)2月22日に病のため退下、3月1日に13歳で薨去(『玉葉』では2月29日戌刻薨去と記載)。