中原師元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
中原師元
時代 平安時代後期
生誕 天仁2年(1109年
死没 承安5年5月20日1175年6月10日
官位 正四位上大外記明経博士
主君 鳥羽天皇崇徳天皇近衛天皇後白河天皇二条天皇六条天皇高倉天皇
藤原忠実頼長近衛基実
氏族 中原氏師平
父母 父:中原師遠、母:惟宗経定
兄弟 師元師安師清師憲、相宴、安覚
師尚平清貞師秀、覚元、公元、
藤原尹明室、春日殿
養子:祐安
テンプレートを表示

中原 師元(なかはら の もろもと)は、平安時代後期の貴族大外記中原師遠の三男。官位正四位上・大外記兼明経博士

経歴[編集]

代々大外記を務める家柄に生まれる。元永2年(1119年元服して音博士に任ぜられ、権少外記・少外記を経て、保安2年(1121年)には自身も大外記の官職に就いている[1]天治2年(1125年従五位下叙爵[1]。以後、直講・助教などを兼任しながら大外記職を務め、保元2年(1157年)に掃部頭に任ぜられた際に一旦辞するが、永暦元年(1160年)に再度任じ、永万2年(1166年)まで勤め上げた。

こうした大外記としての豊かな経験から先例に明るく、大治3年(1128年)に家司として招かれた摂関家において、藤原忠実頼長父子より厚い信頼を受け、その相談事に数多く与った。忠実との会話を師元が筆録した『中外抄』は、院政期の公家社会の様子を克明に伝える史料の一つである(同書の書名は中原の「中」と大外記の「外」から各々一字を取ったもの)。

保元元年(1156年)の保元の乱によって忠実が奈良の知足院に逼塞して後は、忠実の孫・基実の家司を務める傍ら、大炊頭出羽守を歴任し、承安2年(1172年)には位階正四位上に至った[1]

著作として、『中外抄』のほか、日記『大外記中原師元記』、年中行事解説書『師元年中行事』、『雑外抄』などを残している。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『地下家伝』

参考文献[編集]

  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年・・・系譜セクションの出典