岸和田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岸和田駅
東出口(バス・タクシーターミナル)
東出口(バス・タクシーターミナル)
きしわだ - KISHIWADA
NK23 和泉大宮 (1.0km)
(0.9km) 蛸地蔵NK25
所在地 大阪府岸和田市宮本町1-10
駅番号 NK24
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 南海本線
キロ程 26.0km(難波起点)
電報略号 キワ
駅構造 高架駅
ホーム 島式 2面4線
乗降人員
-統計年度-
23,038人/日
-2012年-
開業年月日 1897年明治30年)10月1日

岸和田駅(きしわだえき)は、大阪府岸和田市宮本町にある、南海電気鉄道南海本線駅番号NK24

ラピートα」をのぞき全列車が停車する。日中は空港急行と特急「サザン」、区間急行と特急「ラピートβ」がそれぞれ緩急接続する。

駅構造[編集]

待避設備を備えた島式2面4線のホームを持つ高架駅である。

現在の駅舎は3代目。先代は昭和初期に建てられたもので、半円型のステンドグラスが特徴的な洋風の駅舎だったが、現駅舎にも2代目駅舎をイメージしたステンドグラスや半円型のガラス窓などが施されている。 

1階に改札、2階にホームがある。改札口は中央口と和歌山市駅寄りの南口があり、両口とも団体専用口を備えている。1・4番線が待避線で2・3番線が本線となっている。 中央口に改札とホームを結ぶエスカレータ・エレベータ、南口に同じくエスカレータが設置される。

3階と4階及び屋上は都市計画駐車場となっている。駐車場の出入口は駅西側3階にあり、スロープで難波駅側から入り和歌山市駅側へ出る。駐車場各階と駅西側1階を結ぶエレベータが設置される。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1・2 南海線 下り 和歌山市方面
空港線関西空港方面
3・4 南海線 上り なんば方面

利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗降人員は23,038人[1]で、南海の駅(100駅)では11位[1]、南海本線(今宮戎駅・萩ノ茶屋駅を除く41駅)では6位[1]である。

各年度の1日平均乗降人員数は下表のとおり。

年度 乗降人員 順位 出典
2000年(平成12年) 25,513 - [2]
2001年(平成13年) 24,846 - [3]
2002年(平成14年) 24,678 - [4]
2003年(平成15年) 24,139 - [5]
2004年(平成16年) 23,591 11位 [6]
2005年(平成17年) 23,508 - [7]
2006年(平成18年) 23,692 - [8]
2007年(平成19年) 23,884 - [9]
2008年(平成20年) 23,856 - [10]
2009年(平成21年) 23,382 - [11]
2010年(平成22年) 23,225 - [12]
2011年(平成23年) 23,030 11位 [1]

駅周辺[編集]

中央口は東出口と西出口に分かれる。東出口はバス・タクシーターミナルがあり、国道26号まで片側2車線の道路が伸びている。西出口は大阪臨海線まで昭和大通りが伸び、商店街を経て岸和田カンカンベイサイドモールに至る商業エリアとなっている。南口も中央口同様東西に分かれるが、出口の区別はない。ただし、構内図等で南出口と表記されることがある。南口は市役所や旧市街地への最寄口となる。

バス[編集]

路線バス[編集]

岸和田駅の南海ウイングバス南部乗り場

高速バス[編集]

公共施設[編集]

学校[編集]

商業施設[編集]

昭和大通り(岸和田駅前通商店街)

宿泊施設[編集]

  • ステーションホテルみやこ(旧ステーションホテル岸和田)
  • APAホテル関空岸和田
  • シティホテルプリンセス

金融機関[編集]

その他[編集]

  • 岸和田城
  • 岸城神社
  • 岸和田天神宮
  • 宮の池公園

歴史[編集]

  • 1897年明治30年)10月1日 - 南海鉄道が堺駅 - 佐野駅(現・泉佐野駅)間で開業した際に設置。
  • 1929年昭和4年) - 初代駅舎の和歌山市駅寄り、昭和大通りの正面に2代目駅舎が完成、供用開始。
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
  • 1947年(昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。
  • 1989年平成元年)4月1日 - 高架化工事のため、2代目駅舎の供用終了。
  • 1992年(平成4年)5月17日 - 上り線のみ高架化。
  • 1994年(平成6年)7月6日 - 高架化完成。後に再開発事業の完成を機にバスターミナルを東口に移行する。

鉄道唱歌[編集]

鉄道唱歌第5集(関西・参宮・南海篇)(1900年(明治33年)作詞)58番の歌詞にて、当駅が登場する。

貝塚いでしかひありて はや岸和田の城の跡 こゝは大津かいざゝらば おりて信太の楠も見ん

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
南海本線
特急「サザン
堺駅 (NK11) - 岸和田駅 (NK24) - 泉佐野駅 (NK30)
急行
泉大津駅 (NK20) - 岸和田駅 (NK24) - 貝塚駅 (NK26)
空港急行・区間急行
春木駅 (NK22) - 岸和田駅 (NK24) - 貝塚駅 (NK26)
準急(難波行きのみ運転)・普通
和泉大宮駅 (NK23) - 岸和田駅 (NK24) - 蛸地蔵駅 (NK25)
  • ()内は駅番号を示す。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 南海線・乗降人員 - 南海アド
  2. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  3. ^ 大阪府統計年鑑(平成14年) (PDF)
  4. ^ 大阪府統計年鑑(平成15年) (PDF)
  5. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  6. ^ 大阪府統計年鑑(平成17年) (PDF)
  7. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  8. ^ 大阪府統計年鑑(平成19年) (PDF)
  9. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]