春木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
春木駅
和歌山市方面乗り場
和歌山市方面乗り場
はるき - HARUKI
NK21忠岡 (1.4km)
(1.3km) 和泉大宮 NK23
所在地 大阪府岸和田市春木若松町14-6
駅番号 NK22
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 南海本線
キロ程 23.7km(難波起点)
駅構造 地上駅
ホーム 複合型 2面3線
乗降人員
-統計年度-
14,701人/日
-2012年-
開業年月日 1914年大正3年)10月18日

春木駅(はるきえき)は、大阪府岸和田市春木若松町14-6にある、南海電気鉄道南海本線駅番号NK22

空港急行・区間急行が停車する。

概要[編集]

岸和田競輪場の最寄り駅となっており、競輪開催時(場外発売日は除く)には、2005年11月27日の改正までは昼間時間帯のみ和歌山市発着の急行が臨時停車していた(泉佐野・羽倉崎折返しの急行や、多奈川線直通急行は通常時も停車していた)。なお、春木駅に停車する急行電車は、一般の急行電車と区別するために、行先案内板等では、「急行」の両側に白線(ハイフン)を付し、【-急行-】という案内表示がなされていた(この急行を、鉄道ファンの間では「白線急行」と称した)。改正後は、稀に(競輪の重賞レース開催日などに)運転される臨時急行(当駅始発)にてこの案内表示が使われている。

現在でも空港急行が停車するのは、空港線開業時に、泉佐野駅・羽倉崎駅折返しの急行が空港急行に変更されたためである(多奈川線直通急行はこの時点で既に廃止)。

日中時間帯には、周辺の急行停車駅と事実上同格の駅となっているにもかかわらず、行先案内表示機などは設置されていない(但し案内放送は詳細タイプ)。またラッシュ時に運転される急行が当駅を通過する関係でラッシュ時(特に夕ラッシュ時の上り)は日中より停車本数が少ない時間帯がある。

駅構造[編集]

なんば方面乗り場
普段は使われない臨時乗り場

単式・島式の複合型2面3線のホームを持つ地平駅である。

改札口は上下線のホーム毎に独立しており、入場後のホーム同士の往復は不可能。なんば方面行き駅舎には臨時改札口(入口専用)もある。トイレは設置されている。

のりば
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 南海線 下り 和歌山市方面
空港線関西空港方面
2 南海線 上り なんば方面
3 南海線 上り なんば方面 (当駅折返し)

単式ホームが1番線、島式ホームが2・3番線となっている。3番線は和歌山市駅方が行き止まりとなっており折返し列車用となっている。3番線は元々、競輪輸送時の臨時列車に対応するために設けられていたと思われるが、ここ最近は使われていなかった。しかし、2005年11月27日のダイヤ改正では3番線に発着する当駅始発の準急・普通が設定された(これは高石駅の高架化工事を見据えて同駅始発列車を置き換えたものといえる。またグレードレース開催時には当駅始発の臨時急行も運転される)。そのため、点字タイルの貼り付けや再整備が3番線で施工された。

3番線ホーム西側には、業務用車両留置用の側線(非電化)がある。


春木駅配線図

南海本線
なんば方面
春木駅配線図
南海本線
和歌山市方面
凡例
出典:鉄道ピクトリアル 2008年8月臨時増刊「南海電気鉄道」



利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗降人員は14,701人[1]で、南海の駅(100駅)では21位[1]、南海本線(今宮戎駅・萩ノ茶屋駅を除く41駅)では11位[1]である。

各年度の1日平均乗降人員数は下表のとおり。

年度 乗降人員 順位 出典
2000年(平成12年) 16,503 - [2]
2001年(平成13年) 16,190 - [3]
2002年(平成14年) 16,260 - [4]
2003年(平成15年) 16,140 - [5]
2004年(平成16年) 15,768 - [6]
2005年(平成17年) 15,736 20位 [7]
2006年(平成18年) 15,805 - [8]
2007年(平成19年) 15,474 - [9]
2008年(平成20年) 15,341 - [10]
2009年(平成21年) 14,922 - [11]
2010年(平成22年) 14,748 - [12]
2011年(平成23年) 14,531 21位 [1]

駅周辺[編集]

駅の北西に長崎屋を核テナントとするショッピングセンター(ラ・パーク岸和田)があり、その北隣に岸和田競輪場がある。駅の南側を商店街が東西に伸び、線路を挟んで東西を結ぶ跨線橋がある。

  • 春木若松郵便局
  • 岸和田市立北中学校
  • 岸和田メディカルセンター
    • 泉州北部小児初期救急広域センター
    • 社団法人岸和田市医師会
    • 岸和田市医師会看護専門学校(看護専門課程・看護高等課程)
  • 岸和田市立文化会館(マドカホール)・中央公園・岸和田市総合体育館
  • 大阪地方裁判所岸和田支部・大阪家庭裁判所岸和田支部・岸和田簡易裁判所

歴史[編集]

  • 1914年大正3年)10月18日 - 南海鉄道の大津駅(現・泉大津駅) - 岸和田駅間に新設。
  • 1944年昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
  • 1947年(昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
南海本線
特急サザン・急行
通過
空港急行・区間急行
泉大津駅 (NK20) - 春木駅 (NK22) - 岸和田駅 (NK24)
準急(難波行きのみ運転)・普通
忠岡駅 (NK21) - 春木駅 (NK22) - 和泉大宮駅 (NK23)
  • ()内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 南海線・乗降人員 - 南海アド
  2. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  3. ^ 大阪府統計年鑑(平成14年) (PDF)
  4. ^ 大阪府統計年鑑(平成15年) (PDF)
  5. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  6. ^ 大阪府統計年鑑(平成17年) (PDF)
  7. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  8. ^ 大阪府統計年鑑(平成19年) (PDF)
  9. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]