二色浜駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二色浜駅
二色浜駅・和歌山市駅方面改札口
二色浜駅・和歌山市駅方面改札口
にしきのはま - NISHIKINOHAMA
NK26 貝塚 (1.8km)
(0.9km) 鶴原 NK28
所在地 大阪府貝塚市澤647番地2
駅番号 NK27
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 南海本線
キロ程 30.4km(難波起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
4,355人/日
-2012年-
開業年月日 1938年昭和13年)10月1日
備考 無人駅

二色浜駅(にしきのはまえき)は、大阪府貝塚市澤にある、南海電気鉄道南海本線駅番号NK27

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地平駅である。駅舎は難波方面ホームの難波駅寄りにあり、和歌山市方面ホームへ行くためには構内踏切を通らなければならない。便所は改札内にあり、男女別・浄化槽使用の水洗式

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 南海線 下り 和歌山市方面
空港線関西空港方面
2 南海線 上り なんば方面

利用状況[編集]

2012年度の調査結果では、1日あたりの平均乗降客数は4,355人[1]。この数字は南海の駅全体では100駅中53位、南海本線の駅(今宮戎駅・萩ノ茶屋駅は除外)としては41駅中29位。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

当初は夏季の臨時駅として開設された。

  • 1936年(昭和11年)6月 - 南海鉄道の貝塚駅 - 鶴原駅間に臨時駅として新設。
  • 1938年(昭和13年)10月1日 - 常設駅に昇格。
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
  • 1947年(昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。
  • 2013年平成24年)4月1日 - 駅係員無人化を開始。

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
南海本線
特急サザン・急行・空港急行・区間急行
通過
準急(難波行きのみ運転)・普通
貝塚駅 (NK26) - 二色浜駅 (NK27) - 鶴原駅 (NK28)
  • ()内は駅番号を示す。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 南海電鉄HP、駅施設等サービス対策の現状より

外部リンク[編集]