鶴原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鶴原駅
Turuhara station.jpeg
つるはら - TSURUHARA
NK27 二色浜 (0.9km)
(1.1km) 井原里NK29
所在地 大阪府泉佐野市鶴原一丁目1番26号
駅番号 NK28
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 南海本線
キロ程 31.3km(難波起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
3,177人/日
-2012年-
開業年月日 1916年大正5年)5月15日

鶴原駅(つるはらえき)は、大阪府泉佐野市鶴原にある、南海電気鉄道南海本線駅番号NK28

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地平駅である。駅舎は難波方面ホームの難波駅寄りにある。2つのホームは地下道によって結ばれている。トイ レは設置されている。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 南海線 下り 泉佐野和歌山市方面
空港線関西空港方面
2 南海線 上り 岸和田なんば方面

駅構内には、地蔵菩薩が建立されているが、これは1954年に殉職した駅掌を弔うものであり、毎年、非番者全員が地蔵盆に法要を行い、労働災害防止と乗客を含めた安全輸送を祈願している。

利用状況[編集]

2012年度の調査結果では、1日あたりの平均乗降客数は3,177人。この数字は南海の駅全体では100駅中59位、南海本線の駅(今宮戎・萩ノ茶屋は除外)としては41駅中34位。

駅周辺[編集]

周辺は民家等が多い。駅前北側の通りには店舗あり。

  • 泉佐野鶴原郵便局
  • 泉佐野市立北中小学校

歴史[編集]

  • 1916年(大正5年)5月15日 - 南海鉄道 貝塚駅 - 佐野駅(現・泉佐野駅)間に新設。
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
  • 1947年(昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
南海本線
特急サザン・急行・空港急行・区間急行
通過
準急(難波行きのみ運転)・普通
二色浜駅 (NK27) - 鶴原駅 (NK28) - 井原里駅 (NK29)
  • ()内は駅番号を示す。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]