和歌山大学前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
和歌山大学前駅(ふじと台)
西口より駅舎(画像中央)と駅ビル(左手前と右奥)(2012年4月1日〈開業日〉撮影)
西口より駅舎(画像中央)と駅ビル(左手前と右奥)
(2012年4月1日〈開業日〉撮影)
わかやまだいがくまえ(ふじとだい)
- WAKAYAMADAIGAKUMAE -
(ふじと台)
NK42 孝子 (1.7km)
(3.6km) 紀ノ川 NK44
所在地 和歌山県和歌山市中575番地3
駅番号 NK43
所属事業者 南海電気鉄道[1][2]
所属路線 南海本線[1][2]
キロ程 58.0km(難波起点)
駅構造 地上駅橋上駅舎[1]
ホーム 相対式 2面2線[3]
乗降人員
-統計年度-
4,363人/日
-2013年-
開業年月日 2012年平成24年)4月1日[1][2]

和歌山大学前駅(わかやまだいがくまええき)は、和歌山県和歌山市中にある、南海電気鉄道南海本線[2]駅番号NK43

和歌山県や和歌山市などからの請願駅であり、南海電気鉄道では18年ぶり[4]、南海本線では新今宮駅以来46年ぶりの新駅である。

開業時より急行・区間急行・普通の各列車が停車する[2]が、2014年平成26年)10月18日からは、特急「サザン」も停車駅に加わった[5](後述)。

概要[編集]

駅名の通り、和歌山大学の最寄り駅であり[2]、また和歌山市北部のニュータウンふじと台」の最寄り駅でもある[4]。そのため、当駅には「ふじと台」の副名称が付与されており[6]、車内の案内放送でも「次は、和歌山大学前ふじと台です。」と案内される。

新駅設置[編集]

この新駅は、1977年昭和52年)、和歌山大学の貴志地区の丘陵地にある当地への移転を決定し[7]、そのことがきっかけとなって、1984年(昭和59年)、和歌山県や和歌山市および和歌山大学が設置を要望したことが始まりである[8]

南海電鉄が費用を負担しない請願駅とすることで計画を進めていたが、1998年(平成10年)に当時の事業推進の中核を担っていた会社が会社更生法を適用申請したことからいったんとん挫することになった[9]

建設費約30億円のうちおよそ3分の1を「和歌山市和歌山大学前駅周辺土地区画整理組合」(ふじと台の建設主体である浅井建設グループが主になって結成)が負担、残り3分の2のうち45%は国の補助を受け、55%を和歌山県と和歌山市が等分に負担するという計画の概要が2007年(平成19年)1月12日に和歌山県から発表された[3]。これに基づいて同年3月25日に起工式を行い、着工した[9]

当初の構想での設置予定箇所が駅の設置基準を満たしていなかったことから、カーブや勾配を緩和した新線を約1.2㎞敷設してその中に駅を新設することになった[10]

最終的な事業費は設計料込みで約35億円に達し、そのうち国が約10億円を交付金の形で支給し、和歌山県と和歌山市が各々約5億円の補助金を負担し、総額約20億円の補助が事業者となった「和歌山市和歌山大学前駅周辺土地区画整理組合」に支給されている[10]

開業後[編集]

イオンモール和歌山が駅前に開業したことに伴い、2014年3月16日から、土曜・休日のみ区間急行の延長運転(みさき公園発着を和歌山市発着に変更)を行った[11]5月6日に終了する予定であったが、この期間中の土曜・休日の1日平均乗降客数が7倍の約1万人へ大幅に増加したため、後述のダイヤ変更まで継続された[11]。この間の土曜・休日の日中は一部時間帯を除き1時間に4本の停車が確保されていた。

2014年10月18日のダイヤ変更で特急サザンが新たに停車し、全列車停車駅へ昇格した[5]。同時に日中の普通電車も増発(1時間に2本→4本)され、同時間帯の停車本数が6本へ増加した。

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員は4,363人[12]で、南海の駅(100駅)では54位[12]、南海本線(難波-和歌山市間の43駅)では30位[12]である。

各年度の1日平均乗降・乗降人員数は下表のとおり。

年度 乗降人員 順位 出典
2012年(平成24年) 2,721 63位 [12]
2013年(平成25年) 4,363 54位 [12]

2007年当時の計画段階では約6,000人の乗降客数を見込んでいた[3]が、開業当初は未達であった。しかし、イオンモール和歌山の開業が影響し、2014年度上半期には約7,800人[13]まで増加した。

駅構造[編集]

2面2線の相対式ホームを持つ地上駅で、橋上駅舎を有する[3]。ホーム有効長は175mで[3]、8両編成に対応する[14]

のりば
1 南海線(下り) 和歌山市方面
2 南海線(上り) なんば関西空港方面

高低差のある地形のため、改札口のある橋上駅舎は東側の地表と同じ高さにあり、線路の東西を結ぶ自由通路を兼ねている[15]

ホームの照明にLEDを使用、液晶ディスプレイ発車標を設置、乗車位置を○印(4扉)と△印(2扉)で表示など、南海電鉄としては先進的な設備が取り入れられた。待合室は両ホームにあるが、指定席自動券売機は上りホームにのみ設置されている。

駅周辺[編集]

駅の周辺は新駅設置と一体的に整備されている。東口・西口ともにロータリーがあり、バスターミナル、タクシー待機場、駐輪場および有料駐車場が設けられている[15]。駅ビルは浅井建設が運営し、スーパーマーケットや学習塾、医療モールなどが入居している。

駅東側では、地域最大級の商業施設であるイオンモール和歌山が、駅ビル3階とデッキで直結している。副駅名になっている住宅地ふじと台は主に駅の南東に広がっている。和歌山大学は住宅地を通り抜けた先にあり、徒歩20分もしくは直行シャトルバスで4分の距離がある。

駅西側は、山とその山裾を走る国道26号に面しており、駅前に大学前駅西交差点がある。また、駅北側に第二阪和国道の平井ランプからの連絡道路が建設される予定である。

路線バス[編集]

和歌山バスの下記の路線が乗り入れている。

  • 東口[20]
    • 171・172・173・370・372系統 - 東2番丁北(ふじと台)方面
    • 172・272系統 - 和歌山大学・延時・市役所前経由 JR和歌山駅
    • 372系統 - 延時・市役所前経由 JR和歌山駅行
    • 273系統 - 和歌山大学・次郎丸・南海和歌山市駅経由 JR和歌山駅行
    • 171系統 - 和歌山大学・延時・南海和歌山市駅経由 JR和歌山駅行(土曜・休日運休)
    • 78系統 - 和歌山大学(直行)行(土曜・休日運休)
    • 循環系統(南コース) - 大学門前行
    • 循環系統(北コース) - 東2番丁北行
  • 西口[21]
    • 89系統 - 栄谷経由 鳴滝団地行
    • 176系統 - 木の本経由 ふれあいの郷行(土曜・休日のみ運行)
    • 175系統 - 延時経由 労災病院前・坂田行(土曜・休日のみ運行)

歴史[編集]

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
南海本線
特急サザン急行
みさき公園駅 (NK41) - 和歌山大学前駅(ふじと台)(NK43) - 和歌山市駅 (NK45)
区間急行・普通
孝子駅 (NK42) - 和歌山大学前駅(ふじと台)(NK43) - 紀ノ川駅 (NK44)
  • ()内は駅番号を示す。

引用・参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e “和歌山大学前駅が開業 南海本線 盛り上げに和大生一役” - ニュース和歌山(ニュース和歌山)、2012年4月7日
  2. ^ a b c d e f g “和大前駅の安全祈る 開業前に修祓式”. - わかやま新報(和歌山新報社)、2012年3月31日
  3. ^ a b c d e “和大新駅 概要決まる ふじと台に小学校新設も” - ニュース和歌山(ニュース和歌山)、2007年1月24日)
  4. ^ a b “南海本線新駅 急行停車、利便性向上 和歌山” - 産経新聞(産経新聞社、2011年11月17日)
  5. ^ a b 倉沢仁志(2014年10月19日). “特急サザン:和歌山大学前駅に停車 乗降客増加で南海ダイヤ変更”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  6. ^ “16日、イオンモール和歌山オープン 専門店は210店舗” - 紀伊民報(紀伊民報)、2014年3月14日
  7. ^ “「ニュース和歌山が伝えた半世紀」22 1985年(昭和60年)〝キャンパスらしく〟和大 栄谷に移転 2学部統合し新たな幕開け” - ニュース和歌山( ニュース和歌山)、2014年5月31日
  8. ^ a b “4月 和歌山大学前駅商業施設も開業” - ニュース和歌山(ニュース和歌山)、2012年1月1日
  9. ^ a b c “和大新駅 着工祝う 2011年開業へ” - ニュース和歌山(ニュース和歌山)、2007年3月31日
  10. ^ a b “和歌山大学前駅の開業について” - 市長新春記者会見(和歌山市)、2012年1月12日
  11. ^ a b “南海和大前駅の増便継続 イオン効果で乗客大幅増” - わかやま新報(和歌山新報社)、2014年5月9日
  12. ^ a b c d e ハンドブック南海2014 鉄道事業 (PDF) - 南海電鉄
  13. ^ “特急サザン、終日停車で式典 和歌山大学前駅” - 朝日新聞、2014年10月19日
  14. ^ 最新情報|ふじと台ステーションビル”. ユニオン開発株式会社. 2011年11月4日閲覧。
  15. ^ a b 和歌山大学前駅と自由通路・駅前広場”. 和歌山市都市整備課. 2012年3月22日閲覧。
  16. ^ “「ニュース和歌山が伝えた半世紀」22 1985年(昭和60年)〝キャンパスらしく〟和大 栄谷に移転 2学部統合し新たな幕開け” - ニュース和歌山(ニュース和歌山)、2014年5月31日
  17. ^ “ふじと台の駅ビル「エスタシオン」完成式典” - わかやま新報(和歌山新報社)、2012年9月16日
  18. ^ a b “(株)光洋 『駅』テーマに1ヶ月間に3店舗 マックスバリュエクスプレスふじと台店 和歌山県和歌山市中 MVEX千鳥橋店 大阪市此花区 KOHYO JR森ノ宮店 大阪市中央区” - タイハン特報(大量販売新聞社)、2013年4月25日
  19. ^ “イオンオープン 開店前に6600人詰め掛け” - わかやま新報(和歌山新報社)、2014年3月17日
  20. ^ 「和歌山大学前駅東口」の系統・行先一覧”. 和歌山バス. 2012年3月27日閲覧。
  21. ^ 「和歌山大学前駅西口」の系統・行先一覧”. 和歌山バス. 2012年3月27日閲覧。
  22. ^ 和歌山県総合交通政策課. 和歌山県の交通史(1)(明治~平成5年) (Report). http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020500/kotsusi/s1.pdf. 
  23. ^ “和大前新駅の概略設計完了”. ニュース和歌山. (2003年7月26日). http://www.nwn.jp/index/2003726/itimen/itimen.html 
  24. ^ “「和歌山大学前」に決定しました” (プレスリリース), 南海電気鉄道, (2010年9月9日), http://www.nankai.co.jp/company/news/pdf/100909.pdf 
  25. ^ “「和歌山大学前」駅が4月1日(日)に開業” (プレスリリース), 南海電気鉄道, (2011年11月16日), http://www.nankai.co.jp/company/news/pdf/111116.pdf 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]