岸里玉出駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岸里玉出駅*
岸里口(2007年3月)
岸里口(2007年3月)
きしのさとたまで
- KISHINOSATO-TAMADE -
所在地 大阪市西成区玉出東一丁目1番17号
駅番号 NK06
所属事業者 南海電気鉄道
電報略号 キシタマ
駅構造 高架駅
ホーム 4面5線
乗降人員
-統計年度-
6,224人/日
-2012年-
開業年月日 1993年平成5年)4月18日
乗入路線 3(2) 路線
所属路線 南海本線
キロ程 3.9km(難波起点)
NK05 天下茶屋 (0.9km)
(1.2km) 粉浜 NK07
所属路線 高野線**
NK05 **天下茶屋 (0.9km)
(1.1km) 帝塚山NK51
所属路線 高野線(汐見橋線)**
キロ程 4.6km(汐見橋起点)
◄NK06-1 西天下茶屋 (1.0km)
乗換 阪堺電軌阪堺線東玉出停留場
* 前身として勝間駅(のちに阿倍野駅)、岸ノ里駅、玉出駅が存在。詳細は歴史の項を参照のこと。
** 正式な高野線は汐見橋(西天下茶屋方) - 当駅 - 極楽橋(帝塚山方)のルートであり、高野線の天下茶屋方は線路名称上、南海本線所属

岸里玉出駅(きしのさとたまでえき)は、大阪府大阪市西成区玉出東一丁目にある、南海電気鉄道駅番号NK06

利用可能な鉄道路線[編集]

駅構造[編集]

合計4面5線のホームを持つ高架駅である。ホーム配置は東から高野線、南海本線、汐見橋線の順。

  • 高野線のホーム(1・2番線)は相対式の2面2線。
  • 南海本線のホーム(3・4番線)は島式1面2線となっており、上り線のみ外側にホームのない通過線が1本存在する。この通過線を5番線として扱っているため、5番ホームは欠番である。南海本線ホームでは、乗車位置案内板が足元だけでなくホーム前の高架壁にも設置されている(高架化完成時から設置されており、長年雨風にさらされているためか見辛くなっている。また4両分しかない)。
  • 汐見橋線のホーム(6番線)は単式1面1線で、南側が行き止まりになっている。また、北側には南海本線への渡り線がある。なお、汐見橋線は当駅構内のみ単線になっている。

駅の難波寄りで南海本線と高野線が大きく分岐している関係上、高野線ホームと南海本線・汐見橋線ホームは連絡通路で繋がっている。しかし距離がある事に加え、南海本線・高野線の優等列車は当駅を通過するため南海本線と高野線の相互の乗り換えは、一つ隣の天下茶屋駅での乗り継ぎを奨励している。また、当駅から難波へ行く際も、4番線(南海本線ホーム)からの乗車を推奨しているようである(そのため、南海本線の難波方面ホームが「なんば方面」となっているのに対し、高野線の難波方面ホームは高野線列車しか止まらない「萩ノ茶屋・今宮戎」と書かれている)。但し、2005年のダイヤ改正以降、昼間時の停車列車は南海本線より高野線の方が多いため、時間帯によっては4番線でも待つよりは2番線に廻ったほうが早く難波へ着く場合もある。

高野線は、南海本線の高架化前は地平の南海本線を跨ぎ越して汐見橋方面へ直進していた。地平時代(1984年までの)の汐見橋線のホームは南海本線をまたぐ鉄橋のすぐ東側にあり、その東に高野線と南海本線を結ぶ連絡線分岐、その更に東に高野線旧ホームがあり、汐見橋線ホームと高野線旧ホームは連絡通路で結ばれていた(現在の高野線ホームが帝塚山方に伸びているのは旧ホームの名残である。)。なお、この高野線旧ホームは1970年11月に設置されたもので、それまでは難波発着の高野線電車は各駅停車も通過扱いであったため、汐見橋線の電車が住吉東まで運転されていた。

ホームは3階、コンコース及び連絡通路は2階にある。改札口は難波寄りの岸里口、和歌山市寄りの玉出口の2ヶ所。高野線ホームの高野山寄りには改札口はない。かつて汐見橋線のホームが独立していた時は高野山方にもあったのだが、汐見橋線が南海線の横に停車するようになってから閉鎖された。また、玉出口から高野線及び汐見橋線に乗る場合は、南海線ホームを経由して岸里口側に廻る必要がある。なお、改札口は1998年10月に自動改札化されたがピクトグラムは未だに係員改札の表示となっている。

なお、岸里口・玉出口両改札側とも、構内に自動販売機があるのみで売店がない。高架完成後、しばらくは両改札側に売店が存在していたが、ともに閉店した。2006年9月現在、玉出口改札は朝夕ラッシュ時を除き、無人化されている。

便所は改札内に2ヶ所あり、いずれも男女別の水洗式。また、ユニバーサルトイレも男女別に設置されている。

岸里玉出駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
高野線ホーム
1 高野線 下り 高野山泉北高速線)和泉中央(中百舌鳥乗り換え) 方面
2 高野線 上り 萩ノ茶屋今宮戎・なんば方面
南海本線ホーム
3 南海線 下り 和歌山市方面/(空港線関西空港方面
4 南海線 上り なんば方面(今宮戎・萩ノ茶屋は通過)
高野線(汐見橋線)ホーム
6 汐見橋線 - 汐見橋方面

前述の通り、5番線はホームのない通過線のため、ホームとしては欠番である。

配線図[編集]

岸里玉出駅配線図
↑ 高野線 極楽橋方面

難波方面
岸里玉出駅配線図
南海本線
和歌山市方面
↓ 高野線(汐見橋線) 汐見橋方面
凡例
出典:鉄道ピクトリアル 2008年8月臨時増刊「南海電気鉄道」



利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗降人員は6,224人[1]で、南海の駅(100駅)では44位[1]、南海本線(今宮戎駅・萩ノ茶屋駅を除く41駅)では24位[1]である。

各年度の1日平均乗降・乗車人員数は下表のとおり。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
順位 出典
1993年(平成 5年) 10,881 5,126 - [2]
1994年(平成 6年) 10,317 4,811 - [3]
1995年(平成 7年) 10,115 4,718 - [4]
1996年(平成 8年) 9,834 4,529 - [5]
1997年(平成 9年) 9,444 4,243 - [6]
1998年(平成10年) 9,043 4,005 - [7]
1999年(平成11年) 8,456 3,737 - [8]
2000年(平成12年) 7,999 3,509 - [9]
2001年(平成13年) 7,757 3,342 - [10]
2002年(平成14年) 7,644 3,276 - [11]
2003年(平成15年) 7,389 3,221 - [12]
2004年(平成16年) 7,070 3,084 41位 [13]
2005年(平成17年) 6,847 2,950 - [14]
2006年(平成18年) 6,722 2,902 - [15]
2007年(平成19年) 6,907 3,017 - [16]
2008年(平成20年) 6,860 3,006 - [17]
2009年(平成21年) 6,597 2,895 - [18]
2010年(平成22年) 6,473 2,846 - [19]
2011年(平成23年) 6,236 - 44位 [1]
2012年(平成24年) 6,224 - 44位 [1]

駅周辺[編集]

岸里口[編集]

岸里口周辺(岸里)は住宅街となっている。南海本線と汐見橋線との連絡線跡地に住宅やマンションが建ち並ぶ。

玉出口[編集]

玉出口(玉出)の西側には商店街があり、東側は住宅街である。

  • 西成玉出郵便局(最寄りの郵便局)
  • 西成スポーツセンター・西成屋内プール
  • 生根神社 - 毎年7月24日と25日に行われる「だいがく祭」や、冬至に行われる「こつま南瓜まつり」で有名。
  • 玉出本通商店街(西にすぐ)
  • スーパー玉出 本店
  • 玉出木村家(手作りパンで人気)
  • 阪堺電気軌道阪堺線 東玉出停留場(東200m)

バス[編集]

2013年3月末までは赤バスの西成西ループ・西成東ループが乗り入れ、玉出口西側の国道26号に「玉出中一丁目」、玉出口東側の阪堺電軌阪堺線沿いに「玉出東二丁目」の2ヶ所の停留所があった。

また、2014年3月末までは岸里口西側の国道26号に「岸里三丁目」停留所があった。乗り入れていたのは大阪市営バスが運行する47号系統で、行先は地下鉄昭和町経由あべの橋行と地下鉄住之江公園行であった(平日・土曜の昼間のみ運行)。

歴史[編集]

元々は岸ノ里駅と玉出駅という2つの駅で、南海本線と高野線の連絡駅は岸ノ里駅だった。高架化以前は南海本線と高野線が交差する位置に岸ノ里駅、現在の玉出口付近に玉出駅が存在したが、両駅の駅間距離が僅か0.4kmしかなかったこともあり、1993年4月に南海本線が高架化された際に両駅が統合され岸里玉出駅となった。また、玉出駅と関連性のない高野線・汐見橋線側の駅も、混乱防止のためそのまま岸里玉出駅に名称変更した。しかし高野線・汐見橋線側の駅は名称変更時点であってもまだホームのリニューアルが行われていなかったため、現在から見ると1 - 2世代前のスタイルの駅名標を名称変更後も引き続き使用していた。

1885年に南海本線(当時は阪堺鉄道)が開業した際には後に高野線との交点となる地点に駅はなかったが、1913年に岸ノ里駅が開業した。玉出駅は1907年の開業である。高野線の岸ノ里駅は、高野鉄道開業時に開設された勝間駅を前身とし阿部野駅(駅近くにある阿部野神社に由来)への改称を経て、南海本線と高野線との連絡線が開設された際に南海本線の岸ノ里駅に統合された。

なお、併走する大阪市営地下鉄四つ橋線には現在も玉出駅がある。(玉出駅-岸里玉出駅玉出口間が約650m)前述の1993年に行われた統合により、南海電鉄から同一駅名・同一市町村で所在地が異なる駅が姿を消した。また、地下鉄四つ橋線にも岸里駅があるが、地下鉄の岸里駅はこの駅よりも、むしろ隣の天下茶屋駅の方が近い(岸里駅-天下茶屋駅出入口間が500m弱、岸里駅-岸里玉出駅岸里口間が約600m強)。

  • 1900年明治33年)9月3日 - 高野鉄道(後の大阪高野鉄道、高野線の前身)が大小路駅(現・堺東駅) - 道頓堀駅(現・汐見橋駅)間の延伸と同時に、勝間駅設置[20]
  • 1903年(明治36年)2月26日 - 勝間駅を阿部野駅に改称[21]
  • 1907年(明治40年)10月26日 - 南海鉄道(南海電気鉄道の前身)が天下茶屋駅 - 住吉駅間に玉出駅設置[22]
  • 1913年大正2年)7月25日 - 南海鉄道が天下茶屋駅 - 玉出駅間に岸ノ里駅設置[23]
  • 1922年(大正11年)9月6日 - 南海鉄道が大阪高野鉄道を合併。
  • 1925年(大正14年)
    • 2月1日 - 高野線の阿部野駅を岸ノ里駅に改称[24]
    • 3月15日 - 岸ノ里駅東側に南海本線難波方面と高野線堺東方面を結ぶ東連絡線を単線で開設。高野線の列車が難波駅乗り入れ開始。高野線難波直通列車用のホームは設置されなかったため岸ノ里駅を通過。
  • 1926年(大正15年)12月3日 - 岸ノ里駅東側の東連絡線を複線化。同駅西側に高野線汐見橋方面と南海本線堺方面を結ぶ西連絡線を複線で開設。
  • 1944年昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
  • 1947年(昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。
  • 1970年(昭和45年)11月23日 - 高野線難波直通列車用ホームを設置し使用開始。
  • 1985年(昭和60年)6月16日 - 配線上で汐見橋線が高野線から分断される。
  • 1993年平成5年)4月18日 - 南海本線高架化。岸ノ里駅と玉出駅を統合し岸里玉出駅開業。
  • 1994年(平成6年)10月28日 - 高野線上り線が高架化。
  • 1995年(平成7年)
    • 8月10日 - 汐見橋線用高架ホーム使用開始。同月23日深夜に汐見橋線の線路は南海本線とつながった。
    • 11月1日 - 高架化完成。
  • 1996年(平成8年)12月10日 - 高野線下りホームがリニューアル。これをもって一連の工事は終了。

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
南海本線
特急サザン・急行・空港急行・区間急行・準急行
通過
普通
天下茶屋駅 (NK05) - 岸里玉出駅 (NK06) - 粉浜駅 (NK07)
高野線
快速急行・急行・区間急行・準急行
通過
各駅停車
天下茶屋駅 (NK05) - 岸里玉出駅 (NK06) - 帝塚山駅 (NK51)
高野線(汐見橋線)
西天下茶屋駅 (NK06-1) - 岸里玉出駅 (NK06)
  • ()内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]

その他[編集]

2009年1月公開の映画「大阪ハムレット」のロケに使用された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]