小倉隆史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小倉 隆史 Football pictogram.svg
名前
愛称 オグ
カタカナ オグラ タカフミ
ラテン文字 OGURA Takafumi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1973年7月6日(41歳)
出身地 三重県鈴鹿市
身長 182cm
体重 72kg
選手情報
ポジション FW
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1999
1993-1994
2000
2001
2002
2003-2005
名古屋グランパス
エクセルシオール
ジェフ市原
東京ヴェルディ1969
コンサドーレ札幌
ヴァンフォーレ甲府
90(21)
31(14)[1]
24(3)
25(3)
27(7)
75(18)
代表歴
1994[2] 日本の旗 日本 5 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2007年12月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小倉 隆史(おぐら たかふみ、1973年7月6日 - )は、三重県鈴鹿市出身の元サッカー選手解説者タレント。現役時代のポジションはフォワード

人物[編集]

愛称はオグ。現役時代は左足での強烈なシュートが得意な事から「レフティーモンスター」(サッカーライターの金子達仁が命名)と呼ばれた。

四日市中央工業高校時代は、中西永輔中田一三と同級生で、四中工三羽烏と呼ばれ、2000年にはジェフユナイテッド市原で3人揃って同じJリーグクラブでのプレーが実現した。以前より海外志向が強かったため、しばしばオランダでプレーする話も聞かれたが、負傷から復帰後は実現しなかった。

来歴[編集]

高校三年生の時、1991年度の『第70回全国高等学校サッカー選手権大会』で優勝し(帝京高校との両校同時優勝)、Jリーグ誕生前夜の1992年名古屋グランパスエイトに入団した。

翌1993年には、オランダ2部リーグのエクセルシオールレンタル移籍[3]し、チーム得点王となる活躍をして、オランダ1部リーグのトップチームからのオファーも来たとも言われている。しかし、本所属の名古屋からの帰国要請と、当時はアトランタ五輪出場を目標とする、U-22日本代表監督西野朗からの代表招集もあり、日本に復帰した。ファルカン率いる日本代表にも選ばれ、フランス戦では、途中出場でカズと共に2トップを組み、ゴールを奪う活躍を見せた。

アトランタ五輪予選では活躍するも、最終予選直前の合宿で右足後十字靭帯を断裂し、選手生命を奪いかねない重傷を負った。(当時怪我を負った直後の小倉が、芝の上で仰向けになり拳を地面にたたきつけて悔しがっている映像が放映された)その後、幾度の手術により1997年シーズンでの全試合欠場を経て公式戦に復帰するもゴール数の減少は隠せず、小倉を語る際にはしばしば「悲劇」の形容詞が付けられるようになった。2000年ジェフユナイテッド市原を皮切りに、東京ヴェルディ1969コンサドーレ札幌ヴァンフォーレ甲府と4年連続での移籍となった。

2003年に入団し、小倉にとって初のJリーグ2部(J2)挑戦となった甲府では移籍後から中心選手として活躍し、かつての弱小クラブが成績・人気両面で上昇カーブを描くのに貢献した。2005年シーズンも開幕当初はレギュラーであったものの、若手の台頭と戦術面から出場機会を失い[4]、クラブのJ1昇格の影でオフに戦力外通告を受けた。2006年1月10日合同トライアウトに参加し移籍先を探していたが現役続行を断念し、同年2月10日に現役引退を宣言した。引退セレモニーは、最後に所属した甲府がJ1としての初試合を行った2006年3月5日に、ホームスタジアムの山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場でのシーズン開幕戦(vs清水エスパルス)の試合前に行われた。

選手時代の物怖じしない態度と、周囲を笑わせるような明るい性格から、引退後には、スーパーサッカーNEWS23などの解説者として抜擢され、テレビ中継の解説[5]なども精力的に行っている。その一方で、2012年には日本サッカー協会のJFA 公認S級コーチライセンスを取得[6]し、将来の指導者としても修行中である。

エピソード[編集]

  • 四日市中央工業高校時代の背番号は17番(小倉が1年時に3年生でエースの水嶋勇夫が付けていた背番号。水嶋は抜群の得点感覚を持ち、バルセロナ五輪予選代表候補にも選出されていた)であった。サッカー選手としては補欠番号の印象ではあるが、四日市中央工業高校では17番は今もなおエースナンバーである。
  • 木訥とした風貌からか、時として「小生意気」との印象を与えることもあるが、実際の彼は非常に礼儀正しく、腰も低い。それは現役時代の試合中でもそうであった。名古屋グランパスエイト時代、ストイコビッチに試合中にコーチングを受ける時の彼は、常に直立不動の姿勢で話を聞いている。彼とは仲がよく、審判とのトラブルを起こしたストイコビッチをなだめることもあった。
  • 2000年から2002年にかけて、3年連続でオールスターメンバーに選出されている。毎年チームを転々としながらオールスターに選ばれるのは珍しいことである。
  • 小倉がサッカーを始める前は野球好きだったが友達とサッカーをやった事がきっかけでサッカーが好きになった。
  • その圧倒的なリーダーシップと日本人としては規格外のプレイスタイルから、若き頃の中田英寿をして「尊敬する人は小倉さん」と言わしめた。
  • 出演番組では、ボケを挟みながらの痛快なトークで番組を盛り上げており、同年代の元プロ野球選手・岩本勉とは、元人気選手同士で、2人共にボケキャラ関西弁も交えるコンビのトークは絶妙である。
  • フリーキックには定評があり、名古屋時代はチームメイトで当時のエース、ジョルジーニョらに「俺に蹴らせてくれ」と頼んでいる姿もピッチの上でしばしば見られた。現に現役生活の後半ではFKのみならずCKなどプレースキックを数多く担っている。
  • スーパーサッカー』(TBS系列)の2008年5月11日放送から小倉隆史プロデュース企画「ボレーの虎」がスタート、番組平均視聴率は4.6%を記録した。
  • 比較的結婚時期が早いサッカー選手の中では珍しく30代半ばまで独身だったが、2010年10月14日放送分の『スーパーサッカー』内で自身の結婚を発表した。

所属クラブ[編集]

経歴[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1992 名古屋 - J - 10 5 0 0 10 5
1993 0 0 0 0 - 0 0
オランダ リーグ戦 リーグ杯 KNVBカップ 期間通算
1993-94 エクセルシオール エールステ・ディヴィジ 31 14 2 4 - 33 18
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1994 名古屋 11か10 J 23 5 1 0 2 0 26 5
1995 主に11 37 14 - 5 5 42 19
1996 11 14 1 4 2 0 0 18 3
1997 0 0 0 0 0 0 0 0
1998 19 13 1 0 0 2 1 15 2
1999 J1 3 0 4 0 0 0 7 0
2000 市原 31 24 3 1 1 3 1 28 5
2001 東京V 19 25 3 1 0 3 0 29 3
2002 札幌 17 27 7 6 1 1 0 34 8
2003 甲府 16 J2 27 10 - 3 1 30 11
2004 11 40 6 - 1 0 41 6
2005 8 2 - 0 0 8 2
通算 日本 J1 166 34
日本 J2 75 18 - 4 1 79 19
オランダ エールステ・ディヴィジ 31 14 2 4 - 33 18
総通算 153 67

その他の公式戦

出場大会[編集]

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 5試合 1得点(1994)[2]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1994 5 1
通算 5 1

関連情報[編集]

テレビ・ラジオ番組[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Voetbal International - Takafumi Ogura
  2. ^ a b “小倉 隆史”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_a/takafumi_ogura.html 
  3. ^ Jリーグにおけるレンタル制度が正式に採用されるのは1994年からであり、この当時はレンタル制度は正式には採用されていなかったため、クラブでは「オランダ留学」と称していた
  4. ^ 3月5日の開幕戦から4月15日の第7節までのうち6試合で先発出場したが、その後は10月1日の第34節と10月15日の第36節の合計2試合で、いずれも残り10分弱からの途中出場のみだった。結果として、第36節のベガルタ仙台戦(仙台スタジアム)が小倉の現役生活で最後の試合出場となった。
  5. ^ TBSテレビ山梨放送千葉テレビ中京テレビ(地上波のみ)、日本テレビ全国高等学校サッカー選手権・全国大会など)
  6. ^ S級コーチに小倉、前園氏ら=サッカー」 時事通信社 2012年9月14日閲覧

外部リンク[編集]