小川誠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小川 誠一 Football pictogram.svg
名前
愛称 セーイチ
カタカナ オガワ セイイチ
ラテン文字 OGAWA Seiichi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1970年7月21日(44歳)
出身地 千葉県千葉市
身長 170cm[1]
体重 65kg[1]
選手情報
ポジション DFFW
利き足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小川 誠一(おがわ せいいち、1970年7月21日 - )は、千葉県出身の元サッカー選手。1990年代の名古屋グランパスエイトの主力左サイドバック。

略歴[編集]

船橋市立船橋高等学校ではインターハイ2連覇、高校選手権でも準優勝を経験するなど、初期の黄金時代を築く主役として活躍した。高校1年生からレギュラーで出場しており、当時は野口幸司ベルマーレ平塚など)、曽我豊明水戸ホーリーホックなど)と小川の3人が市船の将来を託された選手であった。特に市船の売りである「鉄壁のディフェンス」は、小川が2年生のときは完成しており、高校2年生のときは新井二朗(日立フジタなど)とディフェンスラインを組んだ高校総体インターハイ(北海道開催)では、初出場初優勝を飾っている。当時、高校最強チームと言われた長崎県立国見高等学校に2対1で勝利している。その年度の高校選手権ではベスト8で神奈川県代表の神奈川県立旭高等学校と戦い、後半残り10分で市船得意のセットプレーで得点を挙げている。この時の得点者が、小川である。この時のセットプレーは当時キャプテンの安達亮横浜フリューゲルスなど)のブロックサインにより、ショートコーナーを決めたものである(ブロックサインはその後、盛んにいろいろなチームで取り入れられた)。しかし、チームは初のベスト4で敗れた。

高校卒業後、1989年にトヨタ自動車に加入し、コニカカップ優勝などに貢献。トヨタ時代の選手登録はフォワードであったが、ディフェンダーとして期待された若手であった[2]。機を見た攻撃参加と精度の高いクロスで活躍した[3]。名古屋在籍中に第75回(1995年度)第79回(1999年度)で2回の天皇杯優勝を経験しているが、2つの決勝では共に左サイドバックの先発で出場した。引退後は名古屋グランパスエイトの普及部コーチを務め、2009年よりユースチーム(U-18)監督。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1989-90 トヨタ JSL2部 21 0 3 0 - 24 0
1990-91 トヨタ 20 JSL1部 9 0 2 0
1991-92 トヨタ 20 JSL1部 17 1 0 0
1992 名古屋 - J - 10 0 1 0 11 0
1993 名古屋 - J 32 1 5 0 3 0 40 1
1994 名古屋 - J 24 0 0 0 2 0 26 0
1995 名古屋 - J 33 0 - 5 0 38 0
1996 名古屋 - J 26 0 10 0 0 0 36 0
1997 名古屋 2 J 27 1 7 0 0 0 34 1
1998 名古屋 2 J 0 0 0 0 0 0 0 0
1999 名古屋 2 J1 11 1 1 0 5 0 17 1
2000 名古屋 2 J1 17 0 0 0 0 0 17 0
通算 日本 J1 170 3 33 0 16 0 219 3
日本 JSL1部 26 1 2 0
日本 JSL2部 21 0 3 0 - 24 0
総通算 217 4 38 0

その他の公式戦

経歴[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『1990-1991JSLイヤーブック』日本サッカーリーグ編、南雲堂、1990 ISBN 4-523-31032-7
  • 『1991-1992JSLイヤーブック』日本サッカーリーグ編、南雲堂、1991 ISBN 4-523-31033-5
  • 『日本サッカーリーグ全史』日本サッカーリーグ、1993
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1992-1993』、小学館、1992 ISBN 4-09-102301-0
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1993・サントリーシリーズ』、小学館、1993 ISBN 4-09-102303-7
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1993・ニコスシリーズ ヤマザキナビスコカップ』、小学館、1993 ISBN 4-09-102305-3
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1994・サントリーシリーズ』、小学館、1994 ISBN 4-09-102310-X
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1994・ニコスシリーズ』、小学館、1994 ISBN 4-09-102314-2
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1995・サントリーシリーズ』、小学館、1995 ISBN 4-09-102318-5
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1995・NICOSシリーズ』、小学館、1995 ISBN 4-09-102321-5
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1996』、小学館、1996 ISBN 4-09-102324-X
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1997』、小学館、1997 ISBN 4-09-102329-0
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1998』、小学館、1998 ISBN 4-09-102335-5
  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 1999』、トランスアート、1999 ISBN 4-88752-100-6
  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 2000』、トランスアート、2000 ISBN 4-88752-102-2
  • 『Jリーグオフィシャルレコード&データ1994』、小学館、1994 ISBN 4-09-102309-6
  • 『Jリーグオフィシャルレコード&データ1995』、小学館、1995 ISBN 4-09-102317-7
  • 『Jリーグオフィシャルレコード&データ1996』、小学館、1996 ISBN 4-09-102323-1
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 1999』、トランスアート、1999 ISBN 4-88752-099-9
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2000』、トランスアート、2000 ISBN 4-88752-101-4
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2001』、トランスアート、2001 ISBN 4-88752-103-0

脚注[編集]

  1. ^ a b 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 2000』p88
  2. ^ 『1990-1991JSLイヤーブック』p65
  3. ^ 『Jリーグオフィシャルガイド1997』p34