ファイアボール (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファイアボール
ジャンル コメディ
アニメ
監督 荒川航
脚本 荒川航
キャラクターデザイン 福地仁
音楽 薄井由行
アニメーション制作 ジーニーズアニメーションスタジオ
製作 ウォルト・ディズニー・テレビジョン・
インターナショナル ジャパン
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2008年4月7日 - 2008年6月30日
話数 全13話
アニメ:ファイアボール チャーミング
監督 荒川航
脚本 荒川航
キャラクターデザイン 柳瀬敬之
音楽 薄井由行
アニメーション制作 ジーニーズ
製作 ウォルト・ディズニー・テレビジョン・
インターナショナル ジャパン
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2011年4月4日 - 2011年6月27日
話数 全13話
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメディズニー

ファイアボール』は、2008年4月より放送されたウォルト・ディズニー・ジャパン製作による3DCGアニメ作品。

第2期は『ファイアボール チャーミング』のタイトルで放送された(以下の記述において特筆無き場合は基本的に第1期に関するもの)。

概要[編集]

外界から隔絶された屋敷の中で、先代が残した書物で外界の事を学んでいるドロッセルとその執事ゲデヒトニスの日常を描いたコメディ作品。

第1期[編集]

ディズニーで初の、日本国内で日本人スタッフにより製作されたテレビアニメ作品。テレビ放送の他にも公式サイトやYouTube等を利用しインターネットにて無料配信された、ディズニーとしては前例のない実験的な作品である。

フル3Dアニメであり、1話が約2分の短編である。2006年春の段階で声優のアフレコが既に行われ、同年秋には放送できる状態で完成していた。

作中には幅広いジャンルからのパロディが多く見られる。聖書荘子銀河ヒッチハイク・ガイド鉄人28号オズの魔法使いクラリネットをこわしちゃった競馬山口さんちのツトム君ハエ男の恐怖スパイダーマンスター・ウォーズマイケル・ジャクソンなど、古典からSFまでその出典元は多岐にわたる。パロディ要素を二人の会話中に多数織り込みながら、無表情な二人のロボットが繰り広げる、どこか噛み合わない会話と3DCGの滑らかな動きが中心の作品である。1話の短さに加え、数少ない登場人物であるドロッセルとゲデヒトニスは顔に目以外のパーツが存在せず表情がない事などもあり、他のディズニー作品の多くに見られる大げさな表情や身振りで感情を表現するといった演出はない。舞台は屋敷の広間に限定されていて、OPとEDで “テンペストの塔” の外観が映る以外は他の場所が画面に現れることはほぼない。したがって視聴者は登場する二人の会話から外の世界を想像するしかない。それはお屋敷から外に出たことがない主人公ドロッセルの視点でもある。最終回はディズニーチャンネルではTOKYO MXより長いディレクターカット版が放送されている。

ドロッセルはfigmaねんどろいどSR超合金シリーズで商品化された。

なお、公式ブログ(略称「イボログ」)のロゴやイラストのデザインは、横内なおきが担当している。

第2期[編集]

2011年4月から6月にかけて『ファイアボール チャーミング』のタイトルで放送された。監督・脚本は前シリーズに引き続き荒川航が続投した。フルHD制作であり、画面の情報量を増やすためキャラクターデザインも変更されている。各話冒頭の年代表示や最終回の展開から前シリーズの前日談である事が示されている。

あらすじ[編集]

メルクール暦48650年。地球ともそうでないとも明言されない惑星において、4万8千年以上前にイルカといった野生動物とそれを含む自然環境は壊滅し、人類は自らの統治ロボットに委ねていた。しかしロボットはやがて貴族化し人類はそれに抵抗を見せ始め、人類の軍隊とロボット貴族との戦争はすでに2万年に及んでいた。

ドロッセルの父である故フリューゲル公爵は人類との共存を望みながら道半ばにして没する。残された一人娘ドロッセルはお屋敷のデータベースと執事ゲデヒトニスから人類とは、生命とは、そして貴族としての矜持と使命とはなにかを学びつつある。しかしお屋敷の外に一歩も出たことのないドロッセルはそのどれにもはっきりとした答えを見つけることができない。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

ドロッセル (Drossel von Flügel)
声 - 川庄美雪
  • 型番:ハイツレギスタ社製 JUNO-XIV
  • 瞳の色:オーシャン・ブルー
  • 製造時の設定年齢:14歳 実年齢:不明
  • 重量:りんご179個分(りんごは一個平均300g前後)
  • 興味がある事:かわいいという概念、護身術(空手と信じている、カポエイラのような格闘技)
  • 欲しい物:ペット(喋る猫)、魔法のステッキ
本作の主人公。ドロッセルという名前は、ドイツ語で鳥の「ツグミ」を表す(フリューゲルは「羽根」の意)。
本名はドロッセル・ジュノー・フィアツェーンテス・ハイツレギスタ・フュルスティン・フォン・フリューゲル(フリューゲル女公爵ハイツレギスタ社製ジュノー14型の意)。ガイノイドであり、人間でいう14歳として設計されている(実年齢は不明)。
ウラノス国テンペスト領を統治する19代目当主のハイペリオン(貴族)ではあるが、屋敷から出たことは無い。そのため、外界の知識は屋敷に保管されている書物やゲデヒトニスからの口伝に由来するものであり、間違いや偏りが激しい。
ドロッセルの体には様々な機能が内蔵されており、アタッチメントで拡張も可能である。目にはサーチライトが内蔵されている(使用するとまぶしすぎて前が見えなくなる)が、作動するまで本人はこの機能についてまったく知らなかった。頭部のツーテールは換装が可能である。通常のツーテール風ユニットの他、飛行ユニット “オブルチェフ” や格闘ユニット “ベリンダ” が存在する。
『チャーミング』では第1シリーズより脚部が肥大化し後頭部が後ろに大きく伸びた姿になっている。真ん中部分に関節があり間違いなどを指摘された場合に折れる。先端には小型の車輪が搭載されており、両足に搭載された物も使ってブリッジの形で走行することも可能。さらに一輪車「ヨーゼフ」に搭乗することで高速移動も可能である。
ゲデヒトニス (Gedächtnis)
声 - 大川透
  • 型番:ハイツレギスタ社製 Tauri 34
  • 瞳の色:クリムゾン・レッド
  • 製造時の設定年齢:50歳 実年齢:20800歳
  • 重量:248100グラーブ(キログラムの古い呼び名だが関係は不明)
  • 趣味:浴室のぬめり取り、スキンケア
ドロッセルの執事。名前はドイツ語で「記憶」を表す。むき出しの油圧シリンダーや背面の排気筒など重機を思わせる大型の多脚ロボットだが、主人であるドロッセルには体を折り曲げ、同じ目線で慇懃に接する。ドロッセルの教育と護衛を最優先事項としている。ドロッセルからは故意か過失か、毎回違った名前で呼ばれてしまい(1エピソードの間にも変化する)、事あるごとに名前を強調するが、いつも聞いてはもらえない。第13話(最終話)にて、初めて正しい名前で呼ばれる。
一見旧式のロボットだが、背面ソケットから屋敷の管理システムに接続が可能であり、屋敷のデータベース検索や防衛システムの運用等、幅広い機能の使用が可能である。
『チャーミング』では大幅にデザインが変更。『ファイアボール』と比べさらに旧式ではあるが、このころでも既にお屋敷制御装置を搭載しているらしく、有線接続でお屋敷自体の角度を傾ける荒業をやってのけている。
ヴィントシュティレ・フォン・フリューゲル (Windstille von Flügel)
ドロッセルの父。先代のフリューゲル公爵。画面にその姿は現れず、名前のみ登場している。名前はドイツ語で「無風、なぎ」を表す。亡くなったと言われている。ドロッセル自身は両親の記憶はない。ロボットであると思われるが詳しくは不明。ゲデヒトニス曰く、人類との共存を望んでいたらしいが、その真偽のほどは定かではない。

キャラクター(第1期)[編集]

ユミルテミル (Ymir-Themir Suttungr)
ドロッセルの文通相手。ヴィントシュティレと同じく画面にその姿は現れず、名前のみ登場している。ドロッセルによると「ご近所さん」とのことであるが、テンペストからは人類の軍隊が駐留する砂漠を挟んだ場所にあり、手紙1通を届けるだけでも通信係が何名も犠牲になっている。
猿 (Die Schadenfreude)
屋敷内に住み着いている猿型ロボ。「シャーデンフロイデ」とドロッセルからは呼ばれている(ドイツ語で「人の不幸は蜜の味」の意)。先代の言葉(声 - 郷里大輔)がインプットされており、非常時にメッセンジャーの役割を果す。
メイド
ステルスユニットを装着している見えない雑務用ロボットである。言われるまでドロッセルはその存在さえ気づいていなかった(つまり存在しながらも画面上には一切登場しない)。
7965名のメイドロボがテンペスト内の雑務に従事していたが、資金繰りが厳しくなったため大部分のメイドが解雇された。そのため、現在は3691名にまで人員は削減されている。

キャラクター(第2期)[編集]

ユーリ
声 - 立木文彦
「人類」を模して作られたとされる人形。宇宙服のような形状で、ドロッセルが夢の中で見た「人類」も同様の姿をしていた。
ポプリ
声 - 田中秀幸
ユーリと抱き合わせ販売された、テーブル型の会話シミュレーター。商品名「楽しいテーブルマナーことわざ編」。心と心の距離を体と体の距離に変換するテーブルで、一端にユーリが座っており、他端にプレイヤーが座る。出題に対する正解・不正解で心の距離を判断し、テーブルの長さを伸縮することにより互いの体の距離を変化させる。
ツークツヴァンク
声 - 薄井由行
屋敷地下第42層で機能停止状態で発見された9機の謎の使用人。長きにわたりフリューゲル家に仕えていたと記されている。書物によれば、コミュニケーションは2つの姿勢(座る、立つ)を組み合わせた2進法によって行い、顔を回転させることにより表情を表現する。しかし、『チャーミング』後期では、感情(のようなもの)をジェスチャーで表現したり、ゲデヒトニスに用件を耳(?)打ちしたりと、意思疎通の手段を増やすことも可能なようである。
レジナルド
声 - 加藤賢崇
ハイツレギスタ社製の自走式記録装置。フリューゲル家の書記係。寝言や独り言を含めたドロッセルの過去の発言をすべて記録している。

用語[編集]

第1期
テンペストの塔
ドロッセル達が住む屋敷。ブリューゲルバベルの塔を思わせる外観。412ヶ所にわたる監視カメラと139ヶ所に及ぶ何かによって鉄壁の防衛システムを誇る。
プロスペロ
亡きヴィントシュトレ卿が残した書物型記憶装置。フリューゲル家の家訓(その9割がテーブルマナーとされている)や、民をまとめるための地域伝承・人間の生態や非常時の対処法等様々なことについて記述されているが、一部に偏りがみられる。プロスペロは「PROgrammed Sequence of Primary Education for RObot」の頭文字を取った略称。またシェイクスピアの戯曲「テンペスト」に登場する復讐に取り憑かれた魔法使いの名前。最後には敵を赦し、融和の大切さを説く。
飛行ユニット『オブルチェフ』(Obruchev)
第3話に登場。ドレッサーの前に置かれていたという、ドロッセルの頭に装着する飛行ユニット。ドロッセルは飛行機能について知らず、ゲデヒトニスに指摘されてもなお “おしゃれユニット” と言い張っていた。ドロッセルのかかとが起動スイッチで、(本体に)3度の衝撃を与えると飛行する
作中では「かかとがスイッチ」「3度の衝撃を与えよ」からカン違いしてしまい、かかとを3度打ち鳴らすも作動せず「やはり “おしゃれユニット” だ」という流れになるがその後ドロッセルが頭を3度振った事により起動している。
かかとを打ち鳴らす仕草はオズの魔法使いの「ルビーの靴」がモチーフ。
格闘ユニット『ベリンダ』
第11話に登場。ドロッセルの頭に装備する軽装型運動ユニットで、主に格闘能力を向上させる。基部が伸縮し運動後に発生した余剰熱を排気によって低減させる冷却機能を有する。
伝書ビーム
塔屋上にある通信装置と思われるもの。大きな機械らしい。ドロッセルはこの装置の使用を嫌っている。
LBL(レイヤー・バイ・レイヤー)音響爆弾
第6話での人類の攻撃手段であり、電磁パルス (EMP) に近い状態を音波によって発生させる機器とされ、奇妙な音を立てる。
この爆弾の影響下にいるロボットは一時的な機能不全に陥る。その後も若干の不具合が残る模様。作中で名称は出ず、アニメNewtypeチャンネルのファイアボールマラソンサイト内で解説された。
ファイアボール作戦 或いは 新たなる希望
無機・有機、すべての生命体から、あらゆる劣等感を取り除き、彼らが特別な理由がなくとも幸福感を抱くための、一度も実行された事はないが、史上もっとも残酷な軍事作戦。あるいは、この世界と対峙する際に必要なテーブルマナー(アニメNewtypeチャンネル「ファイアボールマラソン」第13話『夢の生まれる場所』の解説より引用)。
プロスペロの第9章25節(第2話のサブタイトル「9:25」とも関連している)に記されていた。
テーブルマナー
ストーリー中にて重ねて言及される事が多い。これは、和平交渉=同じ席に着く=テーブルマナーを意味する[要出典]
メルクール暦
各回の冒頭、字幕に現れる暦。物語の時間軸をあらわす。第1話がメルクール暦48650年。最終回である第13話の時点でそれから144年後の48794年である。にもかかわらずドロッセルたちは十数年前の出来事を昨日のことのように語り合う。メルクールはマーキュリーに相当するドイツ語。ローマ神話のメルクリウスのこと。水銀水星の象徴。
イルカ
お屋敷のデータベースによれば約4万8千年前まで生息していた、地上で2番目に知能の高い生物。検索していたゲデヒトニスが「ほう、これは愛らしい」と感嘆の声を上げている。ちなみに人類は3番目(銀河ヒッチハイク・ガイドのパロディ)。イルカが絶滅してからの時間とメルクール暦が重なることから、物語の背景が読み取れる。ドロッセルいわく「愛でてよし、食べてよし」。
ペットが欲しいと駄々をこねたドロッセルに対し、ゲデヒトニスは多数の生きたチョウを用意する。その青い翅で乱舞する様に感動するドロッセルだが、情報不足から蝶を「鳥」と断言する。ドロッセルはゲデヒトニスに対し、人類や鳥(チョウ)が本物であるのに対して自分たち機械はそのレプリカではないのかという疑問を口にする。
バルタザール
先代公爵愛用の椅子。ゲデヒトニスいわく「お父上のとっておき」。ヨーロッパ諸侯の玉座を思わせる威容もさることながら用途不明のケーブルが多数接続されており、単なる調度品ではないことがうかがえる。体格的にドロッセルには大きすぎるが、「ふうむ、まさに夢心地ね」と感想を述べている。劇中で名称は出ないがDVD付属の解説書にて名称が書かれている。
空手
厳密にはドロッセルが空手、と信じている物。特に師にはつかず独学で練習しているようである。側転や倒立を多用し、カポエイラの特徴が見られる。その点をゲデヒトニスに指摘されるがドロッセルは常に「空手」と言い張っている。
祈祷ユニット「グリニッジ」
未使用ユニット。SRフィギュアに付属。
観光ユニット「ギズモ」
未使用ユニット。DVD『ウィンターパッケージ』同梱のfigma限定版に付属。
第2期
カイザーシュマーレン
亡き父のとっておきの赤いマント。2万年前は最新モードであった。
車両
屋敷内を周回するモノレールのような乗り物。正式名称については語られていない。
占星ユニット「シビュラ」
お星様占いセット。屋敷内でメイドがみつけた、杖とヘルメットのような装置のセット。
チャーミング人類
ヴィントシュティレが書物で予言した、決して争うことのない人類。
書物には事例としてベンジャミン・フランクリンやアルキメデス、なまこを最初に食した人類などの名が挙げられていた。
また屋敷にはチャーミング人類の乗り物の一部だとされている物があり、機体に書かれていた「CHARMING」の文字は持ち主の名前であり決定的な証拠と思われていたが、ドロッセルが表面の汚れを拭ったところ、現れた文字は「WARNING」(警告)であり、チャーミング人類はいなかったと結論付けられた。
乗馬ユニット『ヨーゼフ』
一輪バイク。ドロッセルが搭乗したものの停止方法がわからず、ゲデヒトニスは屋敷の電源供給を停止させることで停止させている。
視覚拡張器『ヤーコプ』
ヨーゼフ搭乗時に使用する専用ゴーグル。
概ね万事においてそれほど完璧にしない法案
略して「オバカン法」。かつてヴィントシュティレがウラノス国を傾けるほどに「完璧な」統治をしてしまった反省から生まれた法案。
知覚ユニット『ペルディータ』
視力センサー矯正のための眼鏡型ユニット。星が観測できないことに疑問を持ったドロッセルが使用。
培養器『501622731』
誕生日プレゼントにゲデヒトニスから贈られた培養器詰めの青いバラ。最初のものは割れてしまったが気に入ったようで毎年ベッドルームに並べるよう指示しており、忠実に守られていることが最終回に確認できる。
ヨーゼフと併用し流鏑馬を行う際に登場。弓矢はハイテック吸盤を使用する。
野球用装備
右腕に装着するボールを受ける際のグローブと頭部に装着するミットのような装備。
便利棒「ジェリコ」
便利な棒。
ケッセルIV (かゆいところにとどく手)
超合金に付属の台座。

スタッフ[編集]

  • プロデュース・脚本・監督 - 荒川航
  • キャラクターデザイン - 福地仁柳瀬敬之(チャーミングにおけるメカニカルデザイン)
  • ゲストデザイナー
    • 御船麻砥(オブルチェフをはじめとする花柄のデザイン)、タナカリエ(チャーミング)
    • 田中リエ(題字、玉座の模様など)
  • CGプロデューサー - 川嶋洋樹
  • CG監督 - 渡辺誠之
  • 作曲 - 薄井由行
  • サウンドデザイン - 鍬原保愉貴
  • アニメーション制作 - ジーニーズアニメーションスタジオ
  • 製作 - ウォルト・ディズニー・テレビジョン・インターナショナル ジャパン

各話リスト[編集]

話数 年代 サブタイトル
第1期
第1話 メルクール暦48650年 その水棲動物を見よ
第2話 メルクール暦48666年 9:25
第3話 メルクール暦48682年 イルカが飛んだ日
第4話 メルクール暦48690年 セントエルモの火
第5話 メルクール暦48698年 前頭葉の惡魔
第6話 メルクール暦48714年 ゆるぎないこころ
第7話 メルクール暦48730年 プロフェシー
第8話 メルクール暦48746年 座面の猿
第9話 メルクール暦48754年 バタフライ
第10話 メルクール暦48762年 終着駅
第11話 メルクール暦48778年 侵入者たち
第12話 メルクール暦48786年 虚像の眼
第13話 メルクール暦48794年 夢の生まれる場所
第2期
第1話 メルクール暦48234年 ブートストラップ連続体
第2話 メルクール暦48250年 トロイに木馬
第3話 メルクール暦48266年 クラインの壷直し
第4話 メルクール暦48282年 うつろな宇宙
第5話 メルクール暦48298年 チャンピオンたちの食卓
第6話 メルクール暦48314年 恐怖の頭脳会議
第7話 メルクール暦48330年 嵐が丘
第8話 メルクール暦48346年 ガントレット
第9話 メルクール暦48362年 ゲームの規則
第10話 メルクール暦48378年 去年を待ちながら
第11話 メルクール暦48394年 リンボ
第12話 メルクール暦48410年 重力の糸車
第13話 メルクール暦48426年 アイなき世界

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
第1期
東京都 TOKYO MX 2008年4月7日 - 6月30日 月曜 18:25 - 18:30 独立UHF局
日本全域 ディズニー・チャンネル 2008年4月11日 - 7月4日 金曜 17:25 - 18:30 CS放送 リピート放送あり
第2期
東京都 TOKYO MX 2011年4月4日 - 4月25日 月曜 19:28 - 19:30 独立UHF局 放送時間変更
2011年5月2日 - 6月27日 月曜 22:55 - 22:58
兵庫県 サンテレビ 2011年4月6日 - 6月29日 水曜 15:55 - 16:00
日本全域 BSジャパン 2011年4月7日 - 6月30日 木曜 19:55 - 20:00 テレビ東京系列
BS放送
ディズニー・チャンネル 2011年4月8日 - 7月1日 金曜 18:25 - 18:30 CS放送 リピート放送あり

映像ソフト[編集]

第1期
2009年8月19日にDVDが5000枚の数量限定生産で発売された。DVDには特典映像としてメイキングオブファイアボールが収録され、さらに同梱特典として、ゲデヒトニスのペーパークラフトとシャーデンフロイデの無彩色プラモデルが付属した。なお、本編については一部リテイクが行われている。
このDVDはすぐに予約完売してしまったため、後に『ファイアボール ウィンター・パッケージ』として再発売された。こちらは数量限定生産ではなく受注限定生産となっている。こちらの同梱特典は「figmaドロッセル」の限定バージョンである。DVDの内容は8月発売のものと同一。
2010年9月22日、DVD通常版とmicroSD版が発売された。DVDレンタル版もリリースされており、その収録内容はこれまでにリリースされたものと同様である。
第2期
2012年2月22日発売。通常版はブルーレイ+DVDセット、限定版『ちくわぶボックス』はオンラインショップ限定販売となる。Blu-rayは音声が5.1chリミックスのフルHD収録。限定版はサウンドトラックCD、ビジュアルブック、ツークツヴァンクの彩色済プルバックカー3体が付属。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]