バトラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バトラー英語: butler)は、イギリスの上級使用人。執事とも訳される。

数あるイギリスの家事使用人の中でも最上級の職種の一つであり、フットマン(従僕)を勤め上げた者がバトラーに昇格した。上流階級か、下層の上流家庭より裕福な中流最上層の家庭にのみ見られた。

酒類・食器を管理し、主人の給仕をするという本来の職務に加え、主人の代わりに男性使用人全体を統括し、その雇用と解雇に関する責任と権限を持つ。多くの場合、ヴァレット(従者)を兼ね、主人の身の回りの世話をするとともに、私的な秘書として公私に渡り主人の補佐をした。

地位[編集]

屋敷内でのバトラーはハウス・スチュワード(家令)に次ぐ地位にあり、グルーム・オヴ・ザ・チェンバーズ(客室係)、フットマンなどの下級の男性使用人全体を統括する立場にあった。

地下室や台所で雑魚寝の下級使用人とは異なり、バトラーは通常、個室を持つことが許されており、大きな屋敷のバトラーであれば身の回りの世話に専属の使用人が割り当てられた。またフットマンが華美な仕着せをあてがわれていたのとは対照的に、バトラーは私服(unlivery)の使用人であり、主人と同様に「ジェントルマン」の服装をすることが許されていたが、その際には故意に流行遅れのズボンを着用したり、ネクタイをふさわしくない色に変える事などで主人に仕える使用人としての立場を示していた。

職務[編集]

本来の職務は主人への給仕と、酒類や食器類の管理である。それらに加え、他の男性使用人の監督、灯りの準備、戸締まり、火の始末など全体的な管理業務も行う。専任のヴァレットが置かれない場合は主人の身の回りの世話も行う。

スチュワードとは使用人のトップで執事よりも上の立場の者。スチュワード(家令)とバトラー(執事)は別の役名だが日本の小説では同じ「執事」と訳してしまっている。執事は教養が無くては勤まらず、 良い執事は生粋のキングズ(クイーンズ)・イングリッシュを話していた。

  • 屋敷、土地、領地の管理
    財産管理は本来はスチュワードが行っていた。いない場合は執事が兼任することもあった。
  • 使用人の管理
    執事は男性使用人を統括していた。(ハウスキーパーは女性使用人を統括し、彼女は女主人に仕えていた。)
  • 主人の服の準備
    本来は今で言うスタイリストヘアメイクアーティストといった従者が行っていた。3人くらいで主人の身支度を行っていた様子。
  • お茶、料理の給仕
    召使によってワゴンは配膳口まで運ばれ、そこで執事に料理が手渡された。
  • 靴紐結び

給仕[編集]

食事の際、バトラーは主人への給仕を行った。しかし全ての料理がバトラーの手によって運ばれた訳ではなく、最初の料理を供した後は主人の左後ろに控え、他の使用人の運んできた料理の覆いを外したり、ワインを注いだりする以外はフットマンやパーラー・メイドなど下級使用人が行った。召使によってワゴンは配膳口まで運ばれ、そこで執事に料理が手渡された。

食器の管理[編集]

ヨーロッパ文化圏で食器は古くは東洋から渡来した陶器、または銀器が使われ、非常に高価であり、来客に所有者の財力を誇示する富と権力の象徴であった。銀器はすぐ黒ずみ、取り扱いに特別な注意を要し、常に磨き上げられていなければならなかったし、洗い残し、破損などはあってはならなかった。このような高価な食器類は、不心得な使用人によって「紛失」される事のない様に厳重に管理する必要があった。そのために執事の部屋は食器室と直接通じていた。この食器室に主人側が食事の時に使う食器が有り、その貴重な食器とまた銀製品も執事が管理していた。

酒類の管理[編集]

食器以外にも酒類を管理する必要があった。ビールの醸造、ワインの瓶詰めなどに関する技術と知識が必要とされ、食器室のみならずワイン貯蔵庫もバトラーの管理下にあった。ワインの品質に関する知識もバトラーに不可欠だった。ヴィクトリア朝の特徴の一つである大量の食品添加物、不純物はワインにも混入されており、バトラーはそれらを除去する清澄方法に熟知している必要があった。バトラーは消費された量と補充した量を記録したが、しばしば酒蔵管理者としての立場を就業時間内外の個人的飲酒に悪用する事があった。

監督[編集]

バトラーを置くような大邸宅であれば、最低でも料理人、フットマン1人から複数、数人のハウス・メイドやナース・メイドといった女性使用人を雇用していた。女性使用人は女主人かその代理であるハウス・キーパー(家政婦)が管理し、男性使用人はバトラーが統括した。複数のフットマンを雇用する屋敷であれば、仕事の大部分を彼らに割り振る事が出来たが、フットマンが1人しかいない場合はバトラーとフットマン、双方ともにハードワークとならざるを得なかった。

一日の仕事内容[編集]

  • 8:00 自分の朝食
  • 8:30-8:45 礼拝[1]
  • 9:00-10:00 朝食の給仕[2]
  • 12:00-13:00 自由時間(外出可)
  • 13:00-14:00 自分の昼食
  • 14:00-15:00 昼食の給仕
  • 16:00-17:00 自分のお茶
  • 17:00-18:00 アフタヌーン・ティーでの給仕・来賓の出迎え
  • 20:00-21:00 自分の夕食
  • 21:00- 夕食の給仕
  • 21:30-23:00 自由時間(外出可)
    • ※上記は参考的な一例である。主人の外出、アフタヌーン・ティーやディナー・パーティー、舞踏会などにより大きく変動される。
    • ※このタイムテーブルには書かれていないが、寝ている主人の元に紅茶を携えて赴き、主人を起こした。
    • ※執事は年中無休。
  • その他
    • 主人の目覚し 寝ている主人の元に紅茶を携えて赴き、主人を起こした。紅茶はモーニング・ティーとして寝起きの主人が飲んだ。
    • 液体の貴重品の管理 これらは食器室のそばのワイン・ビール貯蔵庫に収められていた。
      • 執事の「バトラー」という言葉は元々は「ボトル」に由来する。本来は酒類を管理することの担当だったことから。酒類をときどき使用人に振る舞うことで、フットマンたちをコントロールしていたと思われる。
    • 雇い主側が使用する貴重な食卓用食器皿の皿洗い 食器室には折り畳める蓋のついた鉛製のシンクが一組あり、そこで洗っていた。貴重なものは責任有る地位の人が洗い、管理する。
    • 残飯などは配膳口でフットマンが分けたのではないかと思われる。
    • 女主人のレティキュール(婦人用小物入れ手掲袋)にたまった小銭洗い及び乾燥
    • 新聞のアイロンかけ インクが良く乾いていない状態で配達され、また、雨の日は湿っているので乾かすためにアイロンをかけていた。
    • ホール・ボーイやフットマンなど男性使用人の採用面接は食器室で行っていた。
    • パーティや夕食会の時の応対 テーブルのセッティングや食事の段取り、ワインの選択や招待客の送迎などを取り仕切っていた。
    • 届けられた郵便物の仕分け 使用人宛ての郵便物は食器室に専用のテーブルがありその上に置いた。
    • 主人から召使への命令の伝達 主人から他の使用人に直接命令がいくことはなかった様子。男性使用人には執事を通して命令がいっていたようだ。
  • 給料
    • おそらく年俸80-85ポンド(約192万-204万円。月給約16万-19万円。)だと思われる。あくまで色々な本からの推測になる。
    • 他の説(ヴィクトリア朝限定ではないのでこちらも不確かではある)では通常の雇用人の5倍、優秀な執事だと10倍の給料とある。そうすると雇用人の給料を年収20ポンドとすると5倍で年収100ポンド(約240万円)、10倍で年収200ポンド(約480万円)になる。

食事[編集]

  • ハウスキーパーの部屋で他のアッパー・サーヴァント(上級使用人[3])達と一緒に食べた。
  • スティ・ルーム・メイドがテーブルに布をかけ、ナイフやフォークスプーンなどを並べた。
  • 給仕はスチュワーズ・ボーイ(給仕見習い)が行った。
  • 理解のある雇い主は使用人の食事中、呼び出しのベルを鳴らさなかった。
  • 以下に、メニューと提供時間の一例を示す。
    • 朝食 夏8:00~ 冬8:30~
    • 昼食(ディナー) 13:00~
      • 火を通した肉料理
      • 野菜料理
      • スイーツプディングタルトアイスクリームなど)
      • パン
      • チーズ
        • アッパー・サーヴァントとロワー・サーヴァント[4](下級使用人)共に使用人部屋で肉、野菜料理を食べ、その後アッパー・サーヴァント達はハウスキーパーの部屋に移動してスウィートとパンとチーズを食べた。
    • お茶 16:00~17:00
      • コック以外のアッパー・サーヴァントがハウスキーパーの部屋でお茶を摂った。
    • 夕食 20:00~21:00

主人との関係[編集]

  • 許されていたこと
    • ノック無用。主人の部屋であろうとノックをせずに入室出来る。
    • 主寝室(ベッドルーム・バスルーム)やジェントルマンズルームなど、屋敷の中で雇い主側のプライベートにあたる部屋は、特殊な場合を除いては、執事とハウスキーパーのみ入室可能だった。
    • ワインはアパー・サーヴァント内6-7人で、週4本まで飲むことを許されていた。
  • 許されなかったこと
    • 結婚 - 雇い主は、本音としては執事に結婚をして欲しくないと思っていた(妻子を持てば忠義を尽くす対象が主人と執事の家族に2分されてしまうとの理由から)。だからと言って執事全員が結婚しないわけではなく、結婚もして執事職も行う者もいた。しかし、自分の生活よりも主人の生活を優先させるため、やはり執事は独身向きの職業だったようである。
    • 借金

現在[編集]

家事使用人を雇用するという慣行は下火となったが、現在でも絶えたわけではない。バトラーの存在も同様で、現在でも生き続けている。現在のバトラーは使用人の管理者というよりも、秘書運転手・側近の三者を兼ねた存在である。

使用人そのものの減少により、現在ではフットマンから叩き上げてバトラーになる事はもはや殆ど無いが、特定の機関でバトラーとなる為の専門教育を受ける事ができる。

英国式の作法を身に着けた執事に対する需要が中国、ロシア、中東などの新興国を中心に高まっており執事の中には年間15万ポンド稼ぐ人もいる[5]

養成学校[編集]

ロンドンの養成学校は週末だけの入門コースから5週間続くコースまであるという [6]

脚注[編集]

  1. ^ 食堂で他の使用人たちと共に礼拝を行った。お祈りを読むのは家の主人か、主人が留守の時は女主人で屋敷の子供達も加わった。
  2. ^ 朝食の仕事風景は執事がティーアーン(文字通りの「給茶器」。近年はロシア語そのままに「サモワール」とも呼ばれる)、フットマンが熱い料理が載ったお盆を運び、ハウスキーパーはジャムとパンとバターをテーブルに用意した。また、執事は着席した人に希望の料理を尋ね、フットマンからそれを手渡してもらい給仕した。
  3. ^ 執事、ハウスキーパー、コック、ヴァレット(近侍)、レディーズ・メイド(侍女)、ナース(乳母)。スチュワード(家令)も含まれる。執事代理はロワー・サーヴァントになる。
  4. ^ キッチンメイドは除く
  5. ^ “英ロンドンの「執事養成学校」が人気、新興国から需要増加”. (2012年10月31日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE89U05220121031 2013年3月6日閲覧。 
  6. ^ “英ロンドンの「執事養成学校」が人気、新興国から需要増加”. (2012年10月31日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE89U05220121031 2013年3月6日閲覧。 

参考文献[編集]

  • P.ホーン 『ヴィクトリアン・サーヴァント』 子安雅博訳、英宝社、2005年
  • Isabella Beeton, Book of Household Management. Oxford : Oxford University Press, 2000
  • Trevor May, The Victorian Domestic Servant. Buckinghamshire : Shire Publications, 1998
  • Frank E.Huggett, Life Below Stairs. London : Book Club Associates, 1977

関連項目[編集]