ネゲヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネゲブ砂漠のEIN Avdat
ネゲヴ砂漠の遺跡
遊牧民の最大都市ラハト

ネゲヴヘブライ語: נֶגֶב‎‎、ティベリア式発声: Néḡeḇ、アラビア語: النقب‎‎、: an-Naqab)は、イスラエル南部の砂漠地方である。そもそもは聖書ヘブライ語(古典ヘブライ語)で「南」の意。同国の行政上の南部地区の大部分を占める。

総面積は13,000km²に上り、西側ではシナイ半島の砂漠と接し、東はワジアラバen:Arabahを境界とし、逆三角形を形づくっている。

北部のベエルシェバ(人口約20万人)が、最大の都市で地域の行政府である。その南端は、エイラート湾とリゾート都市のエイラートである。他の町としては、ディモナアラドミツペ・ラモンに加えてラハト(en:Rahat)やテルシェバ(en:Tel Sheva)などのいくつかの小さなベドウィンの町が含まれる。また、レヴィヴィム(en:Revivim)やスデー・ボケル(en:Sde Boker)などいくつかのキブツの入植地もある。後者は、初代イスラエル首相ダヴィド・ベン=グリオンによって創設され、政治から引退した後の彼の棲み家となった。

ベン=グリオン大学の本拠地でもあり、ともにスデー・ボケルの隣のミドレシェット・ベン=グリオン(en:Midreshet Ben-Gurion)キャンパスに位置するヤコブ・ブラウステイン砂漠研究所(en:Jacob Blaustein Institutes for Desert Research)やアルバート・カーツ砂漠研究国際学校(en:Albert Katz International School for Desert Studies)などの施設がある。

ネゲヴには、興味深い文化的そして地理的な特徴がたくさんある。後者の中には、3つの巨大なクレーター状の侵食によるすり鉢型の地形、すなわちこの地域特有のマクテシム(マクテシュ英語版の複数形)があり、マクテシュ・ハガドル(大クレーター)、マクテシュ・ハカタン(小クレーター)とマクテシュ・ラモン(ラモン・クレーター英語版)がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]