アブドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アブドン英語: Abdonヘブライ語: עַבְדּוֹן‎ (Abdon)、古代ギリシア語: Αβδών、「僕」を意味する語根に由来 )は、旧約聖書の登場人物または町。

  1. イスラエル士師エフライム族ピルアトンヒレルの子。アブドンは40人の息子と30人の孫を持っていた。彼らは70頭のろばを乗っていたことから、富と地位を得ていたことが伺える。8年間イスラエルを裁いた後、死後、エフライムの地のアマレク人の山、ピルアトンに葬られた(士師記 12:13-15)。
  2. ベニヤミン族ギブオンの父エイエル七十人訳聖書)と妻マアカの長子(歴代誌上 8:30、9:36)。
  3. ユダ族の王ヨシヤの廷臣。ミカの子(歴代誌下 34:20)。列王記下22章12節のアクボルと同一人物であると考えられる。
  4. ベニヤミン族のシャシャクの子。エルサレムに住んだ長の一人(歴代誌上 8:23-28)。
  5. レビ族ゲルションの氏族に与えられたアシェル族の町(ヨシュア記 21:27-30、歴代誌上 6:71-74)。アシェル族には四つのレビ族の町がある。放牧地と共にゲルション人に分与された。場所は恐らくキルヤト・アルベ (Khirbet Abdeh)、テル・アブドン (Tel Avdon) と同定される。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「アブドン」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。