アフェク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アフェク(あふぇく、英語:AfekまたはAphek、ヘブライ語: אֲפֵק‎)は、旧約聖書に登場するヘブライ語地名である。「要害」「川」という意味である。聖書には四つの同名の町が登場する。

  1. エフライムのアフェク (エフライム)
  2. フェニキヤの町アフェク
  3. アシェル族のアフェク (アシェル)
  4. ガリラヤ湖の東のアフェク