ベテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤコブのはしご

ベテル(ヘブライ語:בית אל、英語:Bethel)は旧約聖書に登場する地名である。現在の、テル・ベイティンではないかと言われている。

エルサレムの北19キロ、アイの西にある町である。以前は、ルズと言われていた。

アブラハムはネゲブに向かう途中で、ベテルの付近に滞在して、祭壇を築いた。

ヤコブはこの町の近くで、神の啓示を受けて、祝福の契約を与えられた後に、ルズをベテルと呼んだ。

参考文献[編集]