ダン (聖書)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダン(Dan)は旧約聖書に登場する町の名前である。ヨルダン川上流にある、現在のテル・エル・カディ(アラビア語:تل القاضي、意味:「さばきの丘」)のことで、イスラエル名をテル・ダン(アルファベット表記:Tel Dan、ヘブライ語表記:תל דן 、意味:ダンの山)と言う。この丘はかつては政治的、宗教的に重要な町であった。

カナン定着時代に、ダン族にはその相続地として、ユダ族ベニヤミン族の領土の西方が割り当てられたが、エモリ人ペリシテ人の圧迫を受けたので、ダン部族は移住を決意して、北上してライシュレシェム)を占領して、その地をダンと改名し、ダン部族の首都とした。

ダンは旧約聖書で規定されるイスラエル北端の町であり、南端のベエル・シェバと組み合わせた「ダンからベエル・シェバに至るまで」は「イスラエル全土」を表す慣用表現である。歴代誌では、「ベエル・シェバからダンまで」となっている。

旧ライシュは、イスラエル人が来る前は、フェニキヤ人シドン人)が居住する場所である。ダン部族の人々は移住の際に、エフライム族ミカの家から略奪してきた彫像を建立して、モーセの孫ヨナタンを祭司にした。この祭司はアッシリア捕囚期まで続いた。

北イスラエル王国の初代王ヤロブアム1世は、ダンとベテルに聖所を建設して、子牛の像を据えた。これは、イスラエルの信仰の堕落を招き預言者から非難を受けた。

北イスラエル王バシャの時代には、南王国ユダと同盟を結んだダマスコの王ベン・ハダデを攻撃した、この地は北方からの侵略者により度々蹂躙された。

参考文献[編集]

関連項目[編集]