リンモーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リンモーンרִמּוֹן, クティーブ・マーレーרימון rimmôn)はヘブライ語の言葉

  1. トーラーの飾りの一つ。複数形リンモーニーム(רִמּוֹנִים)で呼ぶ。セーフェル・トーラー(トーラーの巻物)の芯の上にかぶせる。古い時代にはエルサレム神殿をかたどった意匠などが存在したが、時代が進むにつれて柘榴と呼ばれるようになった。現在ではの形をしたものなどがあり、素材としてはなど金属で作った高価なものがある。
  2. リンモーニームרימונים rimmônīm) : イスラエルの都市の名前
  3. イスラエルの週刊誌のこと。רימון 参照
  4. パルデース・リンモーニーム pardhes rimmonim(柘榴の庭)は、モーセ・コルドベロによる1548年の本
  5. リモン:政治的にはベニヤミン族に属していた四つのギブオン人の町ベエロト Beerothサムエル記下4:2)の人で、レカブバアナの父。レカブとバアナはダビデの政敵サウルの子イシュ・ボシュトを襲って殺害し、ダビデに「主が邪悪なものに正しく報復された」と主張するが、ダビデは「正しい人を殺害した」と主張し「悪を地上から取り去らなければならない」ということで処刑されてしまう。 (ヨシュア記 9:17 をまた参照)
  6. 「リモンの神殿」: 列王記下5:18にのみ見えるシリアの偶像
  7. エン・リモン : 後にシメオン族に与えられたユダの辺境の町の一つ(ヨシュア記) / リモン:歴代誌上に登場する村の名前
  8. リモンの岩場 Rock of Rimmonギブアに泊まったレビ人の傍女を、ギブアのベニヤミン族の群集が死に至らしめたことから起こった戦争で、ベニヤミン人が他の部族の攻撃を逃れるために留まった場所
この記事にはパブリックドメインの百科事典『イーストン聖書辞典』(1897年)本文を含む。