ミツパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミツパ (Mizpah) は旧約聖書に登場する地名であり、「見張る場所」「物見やぐら」という意味である。この名前からして多くの場所にあったと推定される。聖書では、主に以下の6つが登場する。

  1. ミツパ (創世記)-ヤコブラバンが契約を結んだ場所
  2. ミツパ (ギルアデ)-士師のエフタの出身地
  3. ミツパの谷-ヘルモン山のふもとでレビ人が住んでいた。
  4. ミツパ (ユダ族)-ユダの低地にあった町
  5. ミツパ (モアブ)-サウルに追われたダビデが言ったモアブの町
  6. ミツパ (ベニヤミン族)-ヨシュアによってベニヤミン族に与えられた町

参考文献[編集]