ペヌエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天使とヤコブの闘い(ウジェーヌ・ドラクロワ画)

ペヌエル(英語:Peniel,ヘブル語:פְּנוּאֵל)は、旧約聖書に登場する地名である。ヘブル語で「神の御顔」の意味である。ヨルダン川の中流のスコテから東に6kmのヤボク川の南岸の地域である。トゥルル・エ・ダハブ(黄金の丘)と呼ばれる二つの近くの廃墟であると言われている。

ヤコブエサウに会う前に神と格闘した場所である。[1] 士師ギデオンミデヤン人と交戦した際、ペヌエルの住民に協力を要請したが、応じなかったので、ギデオンにより、ペヌエルの町は破壊され、住民は虐殺された。

北イスラエル王国の初代ヤロブアム1世は首都としてシェケムを選んだが、東からの侵入者を防ぐためにペヌエルを要塞都市として再建した。

脚注[編集]

  1. ^ 創世記32章22節-31節

参考文献[編集]