ヤロブアム1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤロブアム1世
Jeroboam(יָרָבְעָם)
イスラエル国王
King Jeroboam.jpg
在位 紀元前931年 - 紀元前910年
埋葬  
子女 アビヤ ナダブ
父親 ネバデ
テンプレートを表示

ヤロブアム1世は、古代イスラエル王国分裂後の北イスラエル王国を樹立した初代の王である。

生涯[編集]

ヨルダン川渓谷のツェレダの出身で、父はネバデ、母はツェレダの出身のエフライム人である。若いときにその手腕と勤勉さを買われて、ソロモンによってヨセフの家の管理者に任じられた。

シロ人の預言者アヒヤに会い、ヤロブアムが分裂後の10部族の支配者になると告げられた。ソロモンはそのことでヤロブアムを殺害しようとするが、彼はエジプトに逃亡して、エジプトでシシャク英語版の保護を受ける。

ソロモンの死後、レハブアムが第4代の王に即位すると、不満を持った人々はヤロブアムをエジプトから呼び出して、レハブアムに重税と重労働の軽減を要請したが、聞き入れられなかったので、10部族はヤロブアムを北イスラエルの王として、王国は分裂した。

イスラエルの部族をエルサレムから引き離すために、シェケムペヌエルを再建して、金の子牛を2頭作り、ベテルとダンに置いた。レビの子孫でないものを祭司にして、仮庵の祭りを勝手に変更した。

参考文献[編集]

  • 『新聖書辞典』いのちのことば社、1985年


執筆の途中です この項目「ヤロブアム1世」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。