トラ (聖書)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トラ英語: Tolaヘブライ語: תּוֹלָע‎ (トーラー)、古代ギリシア語: Θαλά 、(タラ)、「緋色の布」の意)は、旧約聖書の登場人物。

  1. イサカルの子。イサカルの父ヤコブと同行して、エジプトに移住した(創世記 46:8、13)。彼の子孫は数が増えたのでトラ人と呼ばれるようになり(民数記 26:23)、ダビデ王の時代には、彼の氏族から勇士が二万二千六百人いた(歴代誌上 7:1-2)。
  2. ドドの孫であり、プアの子。イサカル族出身。アビメレクの死後、エフライムの山地シャミルに住んで、二十三年間士師としてイスラエルを裁いた。彼の士師としての業績は聖書に何も記されていない。彼は死後シャミルに葬られた(士師記 10:1-2)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「トラ (聖書)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。