イブツァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イブツァン英語: Ibzanヘブライ語: אּבְצָן‎ (Ibtsan)、古代ギリシア語: Εβεσάν )は、旧約聖書の登場人物。イスラエル士師

イブツァンについては、『士師記』12章8から10節に記されているのみである。彼はベツレヘム出身。恐らくエフラタのベツレヘムではなく、ゼブルン族の領地にあったベツレヘム。三十人の息子と三十人の娘がいたことから、多くの妻がおり、裕福であったと思われる。彼は息子たちのためによその土地から三十人の嫁を迎えた。七年間イスラエルを裁いた後、ベツレヘムに葬られた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「イブツァン」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。