アビメレク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アビメレクヘブライ語:אבימלך)はゲラル地方のペリシテ人の王である。創世記に登場し、名前は「我が父は王である」という意味である。

アビメレクは聖書中には(ギデオンの子を除いて)2人登場する。伝統的に両者は親子であると解釈される。ただし、2人の間には共通点も多く見られるので、単独の人物だったという節もある。本項では便宜上、2人に分けて解説する。

20章に登場するアビメレク[編集]

このアビメレクは伝統的に親と解釈されている。ゲラル地方の王であった。アブラハムがそこに滞在している間、妻であるサラを取られないように妹と偽ったことがある。アビメレクはで事実を知り、姦淫の罪を犯さずに済んだので、最終的にはアブラハム達を優遇した。

26章に登場するアビメレク[編集]

このアビメレクは子であったと理解されている。父と同じく、ペリシテ人の王であった。イサクは飢饉があった頃、ゲラル地方に滞在していた。そこの地元の住民達に妻であるリベカのことについて尋ねられ、殺されることを免れるために、妹と偽った。アビメレクはその後、イサクとリベカの親しい仲を目撃し、悲劇は未然に終わったのである。


執筆の途中です この項目「アビメレク」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。