カヴィール砂漠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カヴィール砂漠の衛星写真
植生分布図

カヴィール砂漠Dasht-e Kavīr、ペルシア語表記でدشت كوير、塩砂漠の意、英語表記でGreat Salt Desert)は、イラン北部、イラン高原にある砂漠である。長さ800km、幅320km。南東にはそのままルート砂漠が続き、アフガニスタンパキスタンインドへと砂漠地帯が広がっている。古来から、マルコ・ポーロなど旅人が通商路として横断していた。

夏の最高気温は50℃に達し、1月でも平均22℃で、雨はほとんど降らない。砂礫が広がるが、湿原、湖、ワジ(涸れ谷)があり、高さ40mの砂丘が嵐により出来ることから、観測されない降雨が少なからずあるものと推測される。西部のナマク湖英語版ペルシア語: دریاچه نمک قم‎ - Daryacheh-ye Namak - 「塩湖」の意、テヘラン南西100km)は4千平方kmあるカヴィール国立公園の一部として環境保護されている。