トピカ (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Topeka (CL-67)
艦歴
発注
起工 1943年4月21日
進水 1944年8月19日
就役 1944年12月23日
退役 1969年6月5日
除籍 1973年12月1日
その後 1975年に廃棄
性能諸元
排水量 10,000 トン
全長 608 ft 4 in
全幅 66 ft 3 in
吃水 25 ft
機関 ギアード・タービン、4軸推進、100,000shp
最大速 31.6 ノット
兵員 士官、兵員1,410名
兵装 6インチ砲12門、5インチ砲12門、
40mm機銃28基、20mm機銃10基
艦載機

トピカ(USS Topeka, CL-67/CLG-8)は、アメリカ海軍軽巡洋艦クリーブランド級軽巡洋艦の11番艦。後にミサイル巡洋艦へ改装され、プロビデンス級ミサイル巡洋艦の3番艦となる。艦名はカンザス州トピカに因む。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

トピカは1943年4月21日にマサチューセッツ州クインシーベスレヘム・スチール社で起工し、1944年8月19日にフランク・J・ウォレン夫人によって進水、1944年12月23日にボストン海軍工廠でトーマス・L・ワットルス艦長の指揮下就役する

西インド諸島での整調および整調後の補修が完了すると、トピカは太平洋艦隊に合流するため1945年4月10日にボストンを出港する。翌日軽巡洋艦オクラホマシティ(USS Oklahoma City, CL-91)と合流し、2隻はクレブラ島グアンタナモ湾経由でパナマ運河に向かう。4月19日にパナマ運河を通過し、翌20日に太平洋艦隊に合流する。翌日2隻は真珠湾に向かい、5月2日に到着する。ハワイ諸島で3週間近く砲撃訓練を行い、その後第18巡洋艦部隊の旗艦として西へ向かう。6月1日にウルシー環礁に到着し、三日間の停泊の後空母ボノム・リシャール(USS Bon Homme Richard, CV-31)、オクラホマシティ、駆逐艦モール(USS Moale, DD-693)、リングゴールド(USS Ringgold, DD-500)と共に出航し第38任務部隊に合流する。

高速空母部隊との最初の巡航でトピカは空母の護衛を行い、空母艦載機部隊は沖縄、日本本土へ3度の攻撃を行った。6月8日に第38任務部隊は九州鹿屋飛行場を攻撃した。翌日沖縄本島から200マイル西の沖大東島を攻撃した。第一回目の戦闘巡航における最後の攻撃は6月10日に行われた。第38.1任務群の艦載機部隊は南大東島の飛行場へ攻撃を行った。トピカを含む護衛艦隊は島の他の施設に対して砲撃を行った。戦闘が終了すると、トピカは第38.1任務群の他の艦艇と共にレイテ島サンペドロ湾に向かう。



1969年1月30日にトピカはメイポートを出航する。バージニア州ヨークタウンに寄港し搭載砲を撤去した後、ボストンに2月5日到着する。ボストンで不活性化を完了し、6月5日に退役する。トピカはフィラデルフィアに牽引され、予備役艦隊入りする。

トピカは1973年12月1日に除籍され、1975年3月20日にサザン・スクラップ・マテリアル社にスクラップとして売却された。

トピカは第二次世界大戦の戦功で2つの従軍星章およびベトナム戦争の戦功で3つの従軍星章を受章した。

関連項目[編集]


外部リンク[編集]