プロビデンス級ミサイル巡洋艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロビデンス級ミサイル巡洋艦
USS Providence CLG-6
艦級概観
艦種 ミサイル巡洋艦
艦名 都市名。一番艦はロードアイランド州プロビデンスに因む。
前級 ガルベストン級ミサイル巡洋艦
次級 ロングビーチ級原子力ミサイル巡洋艦
性能諸元
排水量 15,025 トン
全長 185.3 m (608 ft)
全幅 19.5 m (64 ft)
吃水 7.1 m (23 ft 6 in)
機関 蒸気タービン方式(100,000 shp)、4軸推進
B&WボイラーGEタービン 4組
速力 最大:32.5ノット (60 km/h)
航続距離
乗員 士官、兵員1,120名

プロビデンス級ミサイル巡洋艦(プロビデンスきゅうミサイルじゅんようかん Providence class guided missile light cruiser)は、アメリカ海軍ミサイル巡洋艦の艦級。

概要[編集]

本級は第二次世界大戦中に建造されたクリーブランド級軽巡洋艦を1950年代に改装・再就役させたものである。1957年に予備艦状態にあったプロビデンス(CL-82)、スプリングフィールド(CL-66)、トピカ(CL-67)の三隻がミサイル巡洋艦(CLG)に再分類され、テリア艦対空ミサイルシステムが装備された。同様にクリーブランド級からミサイル巡洋艦に改装されたガルベストン級ミサイル巡洋艦とはガルベストン級がタロスミサイルを搭載している点が異なる。

改修は二年に及び、上部構造物は完全に交換された。また艦後部に配置されていた砲は全て撤去され、一基のテリアミサイルランチャーおよび120発のミサイル収納マガジンが設置された。三本の大きなマストには各種レーダー、ミサイル誘導用および通信用のアンテナが設置された。

プロビデンスとスプリングフィールドは艦隊旗艦任務のため前方の6インチ三連装砲塔一基および連装5インチ砲塔二基が撤去され、艦橋が拡大された。トピカは旗艦任務が与えられなかったため前方の砲塔はそのまま残された。

三隻は全て1969年から1974年にかけて退役し予備役艦隊入りした。1975年の巡洋艦再編ではプロビデンスとスプリングフィールドがミサイル巡洋艦(CG)に再分類されたが、1974年から1980年にかけて除籍され、結局スクラップとして売却された。

兵装要目[編集]

プロビデンス、スプリングフィールド トピカ
Mk.16 6インチ砲×3門
(3連装砲塔として搭載)
Mk.16 6インチ砲×6門
(3連装砲塔として搭載)
Mk.12 5インチ砲×4門
(連装砲塔として搭載)
Mk.12 5インチ砲×12門
(連装砲塔として搭載)
Mk.9 連装ミサイル発射機×1基
RIM-2テリアSAM用)

同型艦[編集]

同型艦
艦番号 艦名 起工 就役 再就役 退役
CLG-6 プロビデンス (USS Providence) 1943年7月 1945年5月 1959年9月 1973年8月
CLG-7 スプリングフィールド (USS Springfield) 1943年2月 1944年9月 1960年7月 1974年5月
CLG-8 トピカ (USS Topeka) 1943年4月 1944年12月 1960年3月 1969年6月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]