ビロクシ (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Biloxi (CL-80)
艦歴
発注
起工 1941年7月9日
進水 1943年2月23日
就役 1943年8月31日
退役 1946年8月29日
除籍 1961年9月
その後 1962年にスクラップとして廃棄
性能諸元
排水量 10,000トン
全長 610 ft 1 in
全幅 66 ft 4 in
吃水 24 ft 6 in
機関 ギアード・タービン、4軸推進、100,000shp
最大速 33ノット
航続距離 11,000海里(15ノット時)
乗員 士官、兵員992名
兵装 6インチ砲12門、5インチ砲12門
艦載機 カーティスSC1 2機
カタパルト2基
愛称 The Busy Bee

ビロクシ (USS Biloxi, CL-80) は、アメリカ海軍軽巡洋艦クリーブランド級軽巡洋艦の12番艦。艦名はミシシッピ州ビロクシに因む。

艦歴[編集]

ビロクシは1941年7月9日にバージニア州ニューポートニューズニューポート・ニューズ造船所で起工し、1943年2月23日に進水、1943年8月31日にダニエル・M・マクガール艦長の指揮下就役する。

就役後は太平洋艦隊第13巡洋艦隊に配属される。1944年1月から1945年4月までビロクシは高速空母任務部隊の護衛を行い、沿岸敵施設への艦砲射撃、上陸部隊の支援砲撃を行った。

1945年3月27日、ビロクシは沖縄特攻機の攻撃を受け損傷する。損傷を受けながらも戦闘を継続し、対空砲火を敵部隊に浴びせ続けた。特攻機の突入箇所から500キロ爆弾の不発弾が発見され、爆発物処理班によって処理された。不発弾は後部甲板に展示された。

1945年4月27日に戦闘水域を離脱し、オーバーホールのため本国西海岸に向かう。7月に戦闘に復帰し、7月18日にはウェーク島攻撃に参加、8月14日にレイテ湾に到着する。翌日日本は降伏し、ビロクシは長崎の港から連合軍捕虜の輸送に従事した。1945年11月9日まで占領任務に従事し、その後真珠湾経由で帰国する。1946年1月15日にワシントン州ポート・アンジェルスに向かい第19艦隊に合流、不活性化を開始する。5月18日にピュージェット・サウンド海軍工廠で現役のまま保管され、10月29日に予備役となる。ビロクシは続く10年間を太平洋予備役艦隊で保管され、1961年9月に除籍、1962年3月にスクラップとして売却される。ビロクシの上部構造物はビロクシ小型艇湾そばのガイス・パークに再構築され、現在も展示される。ビロクシの艦内時鐘はビロクシ・シティホールのロビーに展示される。

ビロクシは第二次世界大戦中の戦功で9つの従軍星章を受章した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]