ポーツマス (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Portsmouth (CL-102)
艦歴
発注:
起工: 1943年6月28日
進水: 1944年9月20日
就役: 1945年6月25日
退役: 1949年6月15日
除籍: 1971年1月15日
その後: 1974年にスクラップとして廃棄
性能諸元
排水量: 10,000 トン
全長: 610 ft 1 in
全幅: 66 ft 6 in
吃水: 20 ft
機関: ギアード・タービン、4軸推進、100,000shp
最大速: 33 ノット
航続距離: 11,000 海里(15ノット時)
兵員: 士官、兵員992名
兵装: 6インチ砲12門、5インチ砲12門、
40mm機銃28基、20mm機銃10基
艦載機:

ポーツマス(USS Portsmouth, CL-102)は、アメリカ海軍軽巡洋艦クリーブランド級軽巡洋艦の24番艦。その名を持つ艦としては3隻目。

艦歴[編集]

ポーツマスは1943年6月28日にバージニア州ポーツマスニューポート・ニューズ造船所で起工し、1944年9月20日にマリアン・M・デール夫人およびサラ・B・リー夫人によって進水、1945年6月25日にヒーバー・B・ブランボー艦長の指揮下就役する。

キューバでの整調後、ポーツマスはノーフォークを拠点として1946年の春まで運用開発部隊に所属し行動した。5月にアフリカへの親善巡航に出航し、ケープタウンラゴスフリータウンモンロビアカサブランカを訪問、その後地中海へ向かいナポリパレルモを訪問後帰路に就く。11月25日に再び地中海に向かい12月7日にナポリに到着、その後トリエステに向かい、1947年2月まで政治的に混乱したアドリア海を巡航した。翌3月は2週間をトリエステで過ごし、4月に帰国する。

11月に入ると地中海東部で活動し、その後1948年3月11日にオーバーホールのためボストンに入港する。オーバーホールが完了すると、東海岸での訓練を再開し、カリブ海で予備役兵の訓練も行った。1949年3月9日にフィラデルフィア海軍造船所入りし、不活性化オーバーホールを開始する。1949年6月15日に退役し、大西洋予備役艦隊で保管される。その後1971年1月15日に除籍され、1974年にスクラップとして廃棄された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]