タロス (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

RIM-8 タロス

RIM-8G タロス

RIM-8G タロス

RIM-8 タロス (Talos) はアメリカ海軍が運用していた長距離艦対空ミサイルである。

当時の主契約社はベンディックス。ビームライディング誘導方式を採用し、通常の固体燃料によるロケットと、ベンディックス製のラムジェットエンジンを使用している。

Talos(タロス とは、ギリシア神話に登場する青銅の巨人の名である。

開発[編集]

アメリカ海軍の艦対空ミサイル開発計画であるバンブルビー計画により開発された。タロスはバンブルビー計画の最優先開発事項ではあったが、運用開始はテリアよりも後の1958年のことであった。当初の名称はSAM-N-6であったが、1968年にRIM-8に改称された。

タロスはミサイルが大型であるほか、Mk-12二連ランチャーや46発の弾倉など、大型のシステムであり、それを搭載できる艦船は限られることとなった。ロングビーチ原子力ミサイル巡洋艦ボルチモア級重巡洋艦の3隻に装備されたほか、クリーブランド級軽巡洋艦の3隻にも軽量化したものが装備された。

搭載艦[編集]

仕様[編集]

RIM-8G[編集]

出典:Designation-Systems.Net[2]

  • 全長: 9.75 m (32 ft)
    • 本体長: 6.40 m (21 ft)
    • ブースター長: 3.35 m (11 ft)
  • 翼幅: 2.80 m (9 ft 2 in)
  • 直径: 0.71 m (2 ft 4 in)
    • ブースター直径: 0.76 m (2 ft 6 in)
  • 発射重量: 3,530 kg (7,800 lb)
    • 本体重量: 1,540 kg (3,400 lb)
    • ブースター重量: 1,990 kg (4,400 lb)
  • 機関
    • 第1段(ブースター): MK 11 固体燃料ロケット・モーター
    • 第2段(サステナー): ベンディックス ラムジェット・サステナー
  • 最大速度: M 2.5
  • 到達高度: 24,400 m (80,000 ft)
  • 射程: 185 km (100 nm)(RIM-8Aは92 km (50 nm))
  • 弾頭
    • コンティニュアス・ロッド高性能炸薬弾頭 136 kg (300 lb)
    • W30核弾頭核出力:2 - 5 kt)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Missile.index” (日本語). Missile.index Project (2007年6月9日). 2007年7月30日閲覧。
  2. ^ Parsch, Andreas (2005年8月2日). “RIM-8” (英語). Directory of U.S. Military Rockets and Missiles. Designation-Systems.Net. 2007年7月30日閲覧。

関連項目[編集]