VF-4 ライトニングIII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

VF-4 ライトニングIII(ブイエフ フォー ライトニング スリー LIGHTNING III)は、「マクロスシリーズ」に登場する架空の兵器。初出は、1987年発売のOVA超時空要塞マクロス Flash Back 2012』。「バルキリー」の通称で呼ばれる可変戦闘機(ヴァリアブル・ファイター=VF)の一つで、ファイター(航空機)とバトロイド(人型ロボット)、両者の中間形態であるガウォークの三形態に変形する。

VF-1 バルキリーに次ぐ地球統合軍の量産機で、独特の三胴体構造と高い宇宙戦能力を持つ。1982年放送のテレビアニメ超時空要塞マクロス』の最終話で模型飛行機として登場したのち、『Flash Back 2012』でより空力的なデザイン変更が行われた実機が登場する。

愛称(ペットネーム)の「ライトニング」は英語で「稲妻」「雷光」を意味し、実在の戦闘機P-38F-35(ライトニングII)も同じ愛称で呼ばれている。

メカニックデザインは、河森正治が実在の超音速偵察機SR-71 ブラックバード」を参考に行った。

概要[編集]

河森がVF-1に次いで2番目にデザインした機体。SR-71が好きだった河森は、中学生の頃から三胴型の飛行機をよく描いていたと語っている。当初はファイター形態の設定しか存在しておらず、アニメでもほかの形態は登場しなかった。このため、アニメ誌では非変形バルキリーだと紹介された例もある[1]。ただし、1989年10月発売の「スタジオぬえメカニックデザインブック」では「このタイプもバトロイドに変形する」とキャプションが入っている[2]

1997年2月28日に発売されたゲーム『マクロス デジタルミッション VF-X』にて正式なガウォーク、バトロイド形態が設定され、以後定着する。

ほかのVFシリーズにくらべてメディア露出が少なく知名度も劣っているが、プラモデルや変形玩具などが商品化されている。

機体解説[編集]

諸元
VF-4 ライトニングIII
分類 可変戦闘機
設計 ストンウェル・ベルコム
開発 ストンウェル・ベルコム
製造 ストンウェル・ベルコム
生産形態 量産機
全高 3.7m(ファイター)
全長 14.9m(ファイター)
全幅 14.3m(ファイター)
空虚重量 13950kg
エンジン (主機)新中州/P&W/ロイス熱核タービン FF-2011×2
(副機)P&W高機動バーニアスラスター HMM-1A
推力 (主機)14000kg×2
最高速度 (海面上)M1.12+
(高度10000m)M3.02+
(高度30000m以上)M5.15+
武装 単砲身荷電粒子ビーム砲×2(両双胴ナセルに各1門)
3砲身荷電粒子80mmガトリング砲×1
(ガンポッド形式・胴体下に半埋め込み、投棄可)
セミ・コンフォーマル式中距離誘導ミサイル×12
(各双胴に6発ずつ、射程65km - 120kmまで各種)
30mm6連ガトリング砲(D型、S型)
Gu-11/55m×3連ガンポッド×1(D型、S型)
他、外部ハードポイント用オプション多数
乗員人数 1名(B型は2名)
その他 (寸法は全て大気圏内仕様S型のもの)

ストンウェル・ベルコム社が、VF-1 バルキリーの後継機として開発した機体。中央の胴体と左右のエンジンブロックで構成される三胴体形状が特徴で、ガウォーク、バトロイド形態時はエンジンブロックが腕と脚に分割される。正式な愛称は「ライトニングIII」だが、その形状の特異さと美しさからパイロットや整備員によって「アロー」、「サイレーン」などと呼ばれることも多かった。

VF-1の欠点であった宇宙戦能力の強化を目標としており、ファイター形態での総合性能はVF-1スーパーパック装備型と比較して約40パーセント向上している。しかし大気圏内での機動性・低空特性はVF-1より劣っていたため完全代替とはならず、並行してVF-1の改修と生産も継続された。

固定武装として、宇宙空間において温度変化や弾丸数、発射速度の影響を受けにくい粒子ビーム砲を標準装備。ほかにも、半埋め込み式の中距離ミサイルの装備などの特徴が見られる。これはVF-1が主にハードポイントや、ガンポッドに外部兵装を依存したため、汎用性と引き換えに武装時の速度や航続性能、更にはステルス性が悪化した反省を踏まえ配置されたもので、有効射程もさらに延長されている。

生産開始は2012年。超長距離移民船「メガロード-01」の出航に間に合わせる形で配備が行われ、以後2020年までにはほぼすべての宇宙航空隊に配備が完了した。2022年の生産終了までに8245機が生産されたが、2020年代後半には大気圏内性能に優れる新星インダストリー社製の「VF-5000 スターミラージュ」 が量産・配備されたため、本機は宇宙空間を主領域として運用されることとなる。VF-1の汎用性までをもカバーした完全な後継機は、2030年代に制式採用される新星社製の「VF-11 サンダーボルト」の登場を待たねばならなかった。なお、本機の航宙機としての能力はゼネラル・ギャラクシー社製の「VF-14 バンパイア」に受け継がれる。ネオ・グラージエルガーゾルンなどの三胴型の機体にも影響を与えている[3]

2047年のミルキードールズ誘拐事件時のオルフェウス作戦に当たったステルス強襲潜航母艦ヴァルハラIIIにもVF-4Gが搭載されているが、この時点ではもはや旧式機とされている。

マクロス デジタルミッション VF-X 制作時に未使用ではあるがミサイルポッドとブースターの機能を兼ね備えた機体上面のパック(x2)、機体両側面(バトロイド時の脚外側)に追加推進剤タンクを装備したFASTパック(装備したまま大気圏内外を飛行可能な兼用デザイン)の設定画が描き起こされている。[4]

開発経緯[編集]

VF-1の後継機種は当初はVF-X-3とVF-X-4の競作で進められたが、その後、第一次星間 大戦の戦火によってVF-X-3は開発施設もろとも焼失してしまい、VF-X-4の開発が進められることになる。VF-1とのパーツの共通化によって開発期間の短縮を図っており、2012年に完成する。開発には一条輝など、当時のエースパイロットの意見が取り入れられた。

機体名について[編集]

初期は単に「ライトニング」と呼ばれた時期もあった。現在でも文献により双方の表記の混在が見られる。このローマ数字のIIIは以下現実戦闘機の命名の歴史にちなんだ事情による。

第二次世界大戦時に連合国各国空軍・陸軍航空隊で使用された双発双胴の戦闘機、ロッキード(後のロッキード・マーティン)P-38は「ライトニング」という愛称で呼ばれた。21世紀初頭から配備が始まったF-22は「ラプター」の愛称で呼ばれているが、YF-23との競争試作および実用試験当初は「ライトニング II」という愛称であった。VF-4はこれらの機体の名を受け継ぐものとして"III"のローマ数字を使用した。

なお、現実において「ライトニング」の愛称がつけられた軍用機としてはほかにイングリッシュ・エレクトリック ライトニングF-35 ライトニング II があるが、後者の場合、VF-4 はこれよりずっと以前に設定されており、命名に関してはまったくの無関係である。

しかしながら、この設定は1995年以降に各種ゲーム媒体での添付資料から付加されたものであるため、それ以前の資料などでは、同機の試作実証機で形状の細部が大幅に異なるVF-X-4 サイレーンの呼称や、無印のライトニングの呼称が混在している状況である。河森はサイレーンの名が、『超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-』に登場する「VA-1SS メタル・サイレーン」と紛らわしいために改称したともコメントしている。

VF-4 は日本国外でハーモニーゴールド USAHarmony Gold USA)社がマクロスほか2作品のライセンスを取得、同一世界の異なる時代と世代を描いた、連続する1つの大河ストーリーとして翻案、再編集された作品である『ロボテック』(Robotech)版に於いても、2003年のワイルドストーム(Wildstorm)社 DCコミックスの子会社)が出版した『Robotech: From the Stars[5]』( 英文和訳「星界から」) にも登場。 「リック・ハンター」( Rick Hunter , 翻案元原作における 一条 輝 に相当する人物 )による飛行試験中に、反乱ゼントラーディ人の待ち伏せで危機に陥った旧式の VF-1A(量産型)や指揮官機 VF-1R で構成された ジャック・アーチャー (Jack Archer) 率いる「ジョナサン・ウルフ飛行小隊」の救援に急行する活劇における「真打ち登場」的な見せ場が用意されるなど、国内よりも知名度が高い。

バリエーション[編集]

VF-X-4
『超時空要塞マクロス』に模型として登場。のちの生産型と共通性の少ない試作機。
VF-X-4V1
試作1号機。VF-1との部品共用率は約35パーセント[6]
VF-4A-0
増加試作型。VF-1との部品共用率は約25パーセント。
VF-4A
最初の生産型。当初は不要ということでバトロイドへの変形機能はロックされていたが、パイロットの要望もあり、後期の「生産ブロック」( Production Block )では機能付加された。
VF-4B
複座の攻撃機能強化型。後席は電子戦士官搭乗だが、操縦機能が残されているため、練習機としても使われる。
VF-4C
大気圏内仕様への換装可能な発展型。大気圏内・外双方の活動機会がある部隊に優先配備。
VF-4D
上記型の海軍(艦上機)仕様。宇宙用装備を外されて大気圏内専用になった機体も多いが、 機動性が劣るためドッグファイター以外の目的、主に迎撃や、ミサイルを活かしての対艦戦闘攻撃機として使用された。なお、離着艦訓練の難易度から複座の艦上型は開発されず、単独での離着艦の技量水準に至るまで海軍航空基地にて B型 が流用されたが、複座攻撃機として用いる為にB型に着艦拘束鉤(フック)を装備した機体も少数が生産される。
VF-4S
上記型の大気圏内専用仕様。Sは海上 (SEA) の略とも言われており、不要装備の除去、エンジン換装、塩害対策などが施されている。
VF-4SL
エンジンを 新中州 / P&W / ロールス・ロイス・ホールディングス製 FF-2011 熱核タービン(宇宙空間最大推力165KN×2。チューンナップにより出力20パーセント向上)、P&W 製高機動バーニアスラスターHMM-1A、スラスト・リバーサー、3D機動ノズルを装備し、防御用兵装として「エネルギー転換装甲SWAGシステム」一式を搭載。大気圏内仕様であるS型の腕部と一部変形機構を省略し、対艦攻撃・邀撃機に特化した仕様で「VF-4軽装型」と呼ばれることもある。腕のないガウォーク(ガウォークファイター)にのみ変形が可能。統合軍の移民船団護衛部隊で愛された同機のほとんどは、VF-11、VF-14 バンパイア(可変攻撃機の派生型VA-14 ハンターを含む)への機種転換によって民間に払い下げられており、この機体でオストリッチ・レースのように腕部を必要としないレースなどに参戦している姿が描かれている。
VF-4G
主用途である宇宙戦能力を強化した最終型。エンジン、アビオニクス、粒子ビーム砲などが新世代の技術で改良されている。

商品化[編集]

本機は、本格的なアニメ登場がOVAでのファイターモード飛行シーンのみであることから、マスプロ製品(いわゆるプラモ、トイなどの量産品)としての商品化には長らく恵まれていなかったが、ガレージキットの世界では80年代から何度も製品化されている。その中には、原作者河森正治自らが「軽装型」・「長距離偵察侵攻用ブースター装備型」の設定のラフスケッチ画を描き起こした 1/72 のムサシヤのキットや、97年にプレイステーション用ゲームVF-Xの発売に際し、変形を前提とした3形態の画稿が発表されてからは、クラブMの1/72やイエロー・サブマリンの1/100スケールモデル、さらには3形態への変形を可能にし、河森正治書き下ろしの指揮官用頭部を付属したスタジオ・ハーフアイの完全変形モデルなどが発売されていた。

長らく発売されていなかった本機のマスプロ製品だが、2010年には、バンダイのマクロスファイターコレクション3のシークレットアイテムとして1/250モデルが登場、2012年には株式会社やまとが 物語設定上の最初の量産型(A 型)の生産開始であり「メガロード01」の出航に間に合わせる形で配備が行われた西暦2012年にちなんで、1/60 完全変形モデルをオンラインストア限定商品として発売すると告知している。


同社の商品の一部を引き継いだ、2013年1月に設立された「株式会社アルカディア」より、 1/60 完全変形 VF-4G ライトニングⅢ を2016年2月発売予定として再発売することが 2015年10月27日 に発表された。[7] [8]

登場作品[編集]

クロスオーバー作品も国内分は混合とし、登場年代順に列記する。

なお、VF-4SL の各種雑誌における模型作例は、先述の1/72ムサシヤ製ガレージキット用に河森正治氏自らが描き起こした設定画に存在した、「大気圏内・軽装型」の設定[9]を参考に製作されている。

海外翻案作品 (ロボテック)[編集]

参考図書[編集]

ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-4 ライトニングIII

2016年8月9日発売 ISBN 9784797387667

本書は版権許諾を得た正規出版物であり、河森正治自らが監修を務めているが、巻末には「公式設定ではない」と表記されている。 河森は「設定なんて楽しむために作るものであって、縛り付けるために作るものじゃない[10]」「制作側で設定を用意しすぎると後で参加する側に楽しみがなくなってしまう[11]」と発言しており、外部参加型の設定考察に対してオープンな姿勢を示している。

なお、書中の架空設定では、これらのほかに VF-4 ライトニングIII、VF-3000 クルセイダー、VF-5000 スターミラージュを題材とした「ヴァリアブルファイター・マスターファイル 希望の翼」が刊行されている[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アニメV 1987年7月号
  2. ^ スタジオぬえ メカニックデザインブック PART.1 125頁
  3. ^ 「電撃ホビーマガジン」2012年10月号
  4. ^ FASTパック装備 VF-4 三面図2016年6月23日閲覧。
  5. ^ Tommy Yune, Jay Faerber (2003-12-01). Robotech: From the Stars. Wildstorm. ISBN 140120144X. 
  6. ^ マクロス・クロニクル No.43 3頁
  7. ^ 1/60 完全変形 VF-4G ライトニングⅢ _ 株式会社アル カディア 2015年12月9日閲覧。
  8. ^ アルカディアから 完全変形 VF-4G が 2016年2月発売決定!【プレゼントあり】 DENGEKI HOBBY WEB 電撃ホビーウェブ 2015年12月9日閲覧。
  9. ^ VF-4 Siren / Lightning drawing by Shoji Kawamori2015年11月16日閲覧。
  10. ^ 「マクロスシリーズの設定の舞台裏」『グレートメカニック 8』 双葉社、2003年、111頁。
  11. ^ 「マクロスシリーズの設定の舞台裏」『グレートメカニック 8』、108頁。
  12. ^ 『ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-1 バルキリー 宇宙の翼』、108頁。

外部リンク[編集]