ウルピオ・ミニッツィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウルピオ・ミニッツィ(Ulpio Minucci、1917年2007年)は、イタリア出身のイタリア系アメリカ人作曲家かつ音楽家

ウルピオ・ミニッツィは人口11,190人のイタリア共和国シチリア州トラーパニ県コムーネの一つであるカンポベッロ・ディ・マツァーラ(Campobello di Mazara)で 1917年6月29日に出生し、老衰(natural causes)の為にカリフォルニア州ロサンゼルス市内のブレント ウッド街で 2007年3月9日に死去した。

作品歴[編集]

ウルピオ・ミニッツィは、1950年代に著名な「ドマーニ(Domani)[1]、「いつもあなたを考えてる」(A Thousand Thoughts of You)や 「フェリシア」(Felicia)を含む、幾つかの大衆音楽ヒット曲を作曲した。

彼は1964年から1965年にかけてのアメリカ放送 / ABCの依頼による「西部の男の冒険談 / 西洋人の潮流(Saga of Western Man)[2]の音楽創作活動でエミー賞の2つの部門の候補となった。[3]

彼はまた英語圏スペイン語圏のアニメAnime)ファンの間では、1985年にアメリカ合衆国で放映されたテレビアニメ・シリーズ『ロボテック(テレビシリーズ)』(Robotech (TV series))の楽譜とテーマ曲の作曲家として一般に知られている。

人物像[編集]

ウルピオ・ミニッツィは妻カザリン(Catherine)と1952年に婚約し息子チエリ(Chieli)と娘ニーナ(Nina)の一男一女を儲けた。
長男チエリ・ミニッツィ(Chieli Minucci)デイタイム・エミー賞を受賞したジャス・ギター演奏家(Jazz guitarist)で、父親が作曲した歌曲の幾つかをカバー曲として演奏・録音した。

彼は妻と2人の実子、そして世界的に有名なジャス・ギター演奏家(Jazz guitarist)ジャン・ルカ・ミニッツィ(Gian luca Minucci)を含む3人の孫を残した。[4]

作曲歴[編集]

参照・脚注[編集]

  1. ^ イタリア語で明日、未来を意味する。
  2. ^ Small Screen, Big Scores”. Film Score Monthly (2003年7月24日). 2007年3月23日閲覧。
  3. ^ 1964年:作詞作曲賞(ORIGINAL MUSIC) - Saga of Western Man 。1965年:スポーツ、ニュース、ドキュメンタリー番組・音楽個人部門賞(INDIVIDUAL ACHIEVEMENT IN NEWS, DOCUMENTARIES AND SPORTS - MUSICIANS)「我はダ・ヴィンチなり」("i, leonardo da vinci")レイヴァーン・ライト(Rayburn Wright、1922年8月27日生-1990年3月26日癌で病没)との共同作曲。
  4. ^ Ulpio Minucci passes away at 89”. Robotech.com (2007年3月14日). 2007年3月23日閲覧。
  5. ^ "Battlecry"とは鬨の声(ときのこえ)の意味。古代の合戦で、士気を鼓舞し、敵に対して戦闘の開始を告げるために発する叫び声。また、戦勝の喜びの表現としても発した。転じて単に『戦闘開始』という意味でも使われる。

外部リンク[編集]