ビックウエスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ビックウエスト
BigWest Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都千代田区外神田6-12-3 ビックウエストビル
設立 1973年9月1日
業種 サービス業
事業内容 広告代理業
出版物・広告制作物の企画・編集・出版
各種イベント企画・制作・実施
マネジメント業務
マーケティング業務
録音権・著作権管理業務
映画・放送番組の企画・制作
インターネット事業
代表者 代表取締役会長:大西良昌
資本金 5千万円
テンプレートを表示

ビックウエスト(BigWest)は日本広告代理店

会社概要[編集]

1973年、読売広告社営業課出身の大西良昌が独立して設立。社名は大西(おおにし)の姓にちなみ、「大いなる西へ」を意味する。英語表記は「Big」だが、カタカナ表記は「ビッグ」ではなく「ビック」である。

1977年、『超合体魔術ロボ ギンガイザー』よりテレビアニメの企画製作に携わり、日本サンライズ系作品に参加する。

1982年、自社単独買い切り番組『超時空要塞マクロス』を放送し、同作の成功により「超時空シリーズ」を展開する。1984年公開の『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』より映画製作に進出し、OVAや実写映画も手がける。「マクロスシリーズ」は2012年に誕生30周年を迎える。

1989年に放映された『アイドル伝説えり子』以来、大半のテレビせとうち(TSC)製作アニメの担当広告代理店であったが、2008年3月の『しましまとらのしまじろう』終了をもって撤退した。

文化放送が本格的にアニラジを手がけるきっかけとなった『ノン子とのび太のアニメスクランブル』を担当している。

2000年代前半には『超時空要塞マクロス』の制作元請けであるタツノコプロと、作品とデザインの著作権を巡って係争した(詳細は超時空要塞マクロス#権利問題を参照)。

関連企業[編集]

  • ビックウエスト・アド
  • ビックウエストフロンティア
  • ビックウエスト音楽出版

沿革[編集]

参加作品・番組[編集]

アニメ[編集]

実写映画[編集]

演劇[編集]

外部リンク[編集]