カール・メイセック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Carl Macek
カール・メイセック
本名 カール・F・メイセック
(Carl F. Macek)
生年月日 (1951-10-12) 1951年10月12日
没年月日 (2010-04-17) 2010年4月17日(58歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ[1]
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州トパンガ[1]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 プロデューサー脚本家音響監督
既婚 あり
主な作品
ロボテック
テンプレートを表示

カール・メイセック(Carl Macek1951年10月12日[1] - 2010年4月17日[1])は、アメリカ合衆国脚本家プロデューサー音響監督ペンシルベニア州ピッツバーグ出身。カリフォルニア州立大学フラトン校[2]

1980年代から1990年代にかけて日本製テレビアニメアニメ映画のアメリカ輸入に関わり、手掛けた作品は議論を呼んだ。

人物[編集]

ロボテックシリーズとハーモニーゴールド社[編集]

メイセックは1985年に『ロボテック』(制作:ハーモニーゴールド USA)のプロデューサー兼ストーリー・エディターとしての仕事が目立った。流暢でなかったと評されたこのアニメは、北米を含む全世界でのアニメファンダムに火をつけた作品のひとつであるとされている。

メイセックはロボテックの続編『ロボテック II: センチネル』を作る予定だったが、諸事情のため未完に終わった。

ハーモニーゴールド在籍時、メイセックはCaptain Harlock and the Queen of a Thousand Years (『宇宙海賊キャプテンハーロック』と『新竹取物語 1000年女王』のストーリーを合わせたもの)を制作した[3][4]

後年[編集]

1988年、ジェリー・ベックとともにストリームライン・ピクチャーズを設立。ロボテックで一緒に仕事をしたスティーブ・クレイマートム・ワイナー、グレッグ・スネゴフ、Ardwight Chamberlainといったベテラン声優を引き連れた。

ストリームラインは日本のアニメの輸入に成功した会社の一つとなった。 ストリームラインの代表作には『レンズマン』『ロボットカーニバル』『帝都物語』『ゴキブリたちの黄昏』『クライング フリーマン』『妖獣都市』があげられ、『天空の城ラピュタ』『北斗の拳』『AKIRA』『ルパン三世 カリオストロの城』『ルパン三世 ルパンVS複製人間』の英語版でも功をなした。

1993年、ストリームラインは オライオン・ピクチャーズを通して自身の作品を配信し、オライオン・ピクチャーズがMGMに買収されるまで続いた。いずれの会社も現在はほかの会社の子会社などになっている。

2000年から2005年まではADヴィジョンおよびADVフィルムに勤め[2]、2008年からはレベニュー・エンターテイメント・ワールドライドの副社長兼コミュニケーションディレクターを務めた[2]。また、ファニメーション[2]ビズメディアで日本アニメ作品の英語版脚本を書いたり、『ロボテック・シャドウ・クロニクル』においてハーモニーゴールド社の相談役に就任したりした。

2010年4月17日[1]、心筋梗塞のため58歳で亡くなった[5]

アニメにおける影響[編集]

メイセックは、第2-3次日本アニメファンダムにおいて最も議論を呼んだ人物である。多くの人々は、彼が日本国外における日本のアニメのパイオニアだと考えている。ストリームライン・ピクチャーズによる吹き替え作品はケーブルテレビ放送だけでなくホームビデオの形で海外に入ってきた。

アニメファンダムにおいてメイセックに対する否定的な意見があるのは、彼が日本のアニメを大幅に改変したことが多々あったからである。特に『ロボテック』は関連性のない『超時空要塞マクロス』『超時空騎団サザンクロス』『機甲創世記モスピーダ』を同じ話としてつなげてしまった。『聖戦士ダンバイン』の吹き替えにおいても彼は脚本の改編を行った。また、他の作品でも彼は"ethnic gestures"な点を除くために脚本を大きく変えてしまった。初期作編と比べても、アニメの民族性は北米のファンに受け入れつつある。

メイセックとストリームラインは、吹き替えを施したアニメだけを販売し、そのような販売を行った唯一の大手販売業者であり続けている。彼はアニメが一般的な視聴者に受け入れられることが重要だと信じ、アニメの吹き替えは重要だとしている。マニアックなアニメファンダムで大きな影響力を持つ人々は、字幕入りのアニメのみを視聴し、多くのストリームライン製の作品をボイコットしてきた。ストリームラインはのちに『AKIRA』の字幕ホームビデオとロボテックの3つのオリジナルシリーズを基にしたホームビデオをリリースした。これらのビデオはストリームラインが独立系企業としてリリースした唯一の字幕入りの作品となった。

このような理由からアニメファンダムによっては彼をAntichristと呼ぶ。欧米の視聴者に受け入れられるように脚本を改変する行為は「massacre」(虐殺)になぞらえて「macekre」(メイセック殺)という名がついた。

伝記ドキュメンタリー[編集]

死後 " Carl Macek's Robotech Universe " (カール・メイセックのロボテック世界)という題名のドキュメンタリー短編映画が製作され、そのフィルムは西暦2011年10月18日(アメリカ太平洋標準時)にハーモニー・ゴールド USA 社のハリウッド在の Preview House (プレヴュー・ハウス)で舞台挨拶の後に初上映封切された。[6] [7]

参加作品[編集]

テレビアニメ(スタッフ)[編集]

1985年

  • Captain Harlock and The Queen of a Thousand Years(演出、スーパーバイザー)
  • ロボテック(プロデューサー、ストーリーエディター)

1988年

1989年

  • C.O.P.S.(脚本)

1990年

1992年

1995年

2001年

2003年

2005年

2006年

劇場アニメ(スタッフ)[編集]

1986年

1987年

1990年

1991年

  • 北斗の拳(プロデューサー、演出、台本脚色)

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1998年

  • 老人Z(サウンド・デザイン・プロデューサー)

2000年

OVA(スタッフ)[編集]

1987年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

2003年

2004年

  • Lady Death(脚本)
  • Robotech: The Shadow Chronicles(クリエイティブ・コンサルタント)

吹き替え(スタッフ)[編集]

1990年

  • AKIRA PRODUCTION REPORT(プロデューサー)

1994年

2004年

2005年

その他(スタッフ)[編集]

1987年

テレビアニメ(出演)[編集]

1985年

1991年

1992年

2003年

劇場アニメ(出演)[編集]

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

2003年

OVA(出演)[編集]

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

吹き替え(出演)[編集]

1993年

1994年

2004年

実写映画(出演)[編集]

2004年

  • Otaku Unite!(本人役)

その他(出演)[編集]

1987年

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Carl Macek - Biography”. インターネット・ムービー・データベース. 2013年4月19日閲覧。
  2. ^ a b c d Carl Macek”. LinkedIn. 2013年4月19日閲覧。
  3. ^ Carl Macek Fan Interview (Part 3)
  4. ^ Carl Macek Fan Interview (Part 2)
  5. ^ 米国版マクロスの「ロボテック」生みの親 カール・メイセック氏死去”. アニメ!アニメ! (2010年4月19日). 2013年4月19日閲覧。
  6. ^ * McKeever, Kevin (2011年). “Carl Macek's Robotech Universe (Video 2011) - IMDb”. IMDb. 2011年11月16日閲覧。
  7. ^ * Harmony Gold announces special theatrical screening of Carl Macek's Robotech Universe”. Harmony Gold USA (Robotech.com) (2011年). 2011年11月16日閲覧。


外部リンク[編集]