明治大学應援團

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
明治大学応援団から転送)
移動先: 案内検索

明治大学應援團(めいじだいがくおうえんだん)は、明治大学公認の応援団である。

歴史[編集]

應援團の誕生[編集]

1903年(明治36年)旧制一高(後身は東大駒場など)が、横浜外人クラブ横浜外人居留地運動場で行なわれた野球試合に、当時開通後間も無い汽車に乗り込んで横浜へ行き応援したのに始まるといわれる。1890年(明治23年)春、東京・隅田川で挙行された一高対東京高等商業学校(現一橋大学)のボートレースにおける応援が始まりとも。その後早大野球部が米国遠征の時、彼の地で応援団が組織化され大がかりに行なわれているのを見て帰り「フレー、フレー、ワセダ」とやったのが今日の応援団の始めといわれている。その早大に突然対抗馬として現われ、たちまち本命となったのが明治大学應援團である。

1921年(大正10年)、第11回エイトランディングボートレース開催の際に早稲田大学に対抗して応援団が組織され、1922年(大正11年)に「愛と正義を標榜して、学内の推進力になろう」を目的として正式に「明治大学應援團」として発足した。紋付姿での「三、三、七拍子」は、元来は相撲部出身で初代團長となった相馬基が創作した応援形式で、肩より上に両手を広げて柏手するリーダーテクニックも、相撲不知火型を相馬が取り入れたのが原型とされる。このように、明治の応援形式は他校の応援にも広く導入されることとなる。設立以来、東京六大学野球箱根駅伝など学生スポーツの応援の他、関東大震災の際の母校復興運動などの活動を行う。昭和初期より専門部と学部との対立から分裂して組織の体を成さなくなり、やがて太平洋戦争の激化で大学の教育活動が中断されたため自然消滅する。

戦後の復興[編集]

終戦後の1946年(昭和21年)、敗戦による無気力な雰囲気が漂うなか、学徒動員から復学した八巻恭介の呼びかけで応援団が再建された。 1949年には吹奏楽部を設置し、神宮球場での東京六大学野球の応援に国内初めてブラスバンドを導入する。また、「嵐の拍手」と呼ばれる独特の力強い応援形式も作り上げられていく。その後、不明瞭な会計を巡り、数年間に渡って再び組織が分裂する。その派閥解消後の1963年、外国の応援形式の研究を経て、日本で初めてバトントワラーズ(現在のバトン・チアリーディング部)が設立された。こうして、リーダー部、吹奏楽部、バトン・チアリーディング部の3部体制が確立し、伝統のうえに新しい応援テクニックを率先して導入していった。

元應援團員の自殺[編集]

平成に入り、硬派の典型とされた明治大学の学生気質も変化していく。それとともに、厳しい規律で知られるリーダー部の入部者数は減少し、部員の負担は重くなっていったが、部内の体質は旧態依然たるものがあった。こうしたなか、2007年7月、理工学部3年生の元団員が実家で首吊り自殺した。元部員は前年12月に団長から暴行を受けた直後に自殺未遂を行い、いったん帰省したのち、同年1月に団長に退団を願い出たが強い慰留にあい、意思を明示できないまま実家に戻り、再び自殺未遂を起こした。この結果、退団が認められたが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)のため4月からは大学を休学していた。

大学は自殺発覚後に調査委員会を設置し、9月に「リーダー部の伝統的な体質に問題はあるが、いじめはなかった」とする調査結果を発表したが、当時の団長による暴力行為があったことを認めてリーダー部を無期限活動停止処分とした。[1]

しかし12月になって、さらに1学年上級の元団長らのもとで、軍歌が流れる部室内で学生服の元団員らが下半身を裸にされ、上級生からバケツに入った熱湯と冷水を局部に交互にかけられる様子(部内用語で「いじり」という)が収められているビデオテープが発見されたことが報道される。この結果、調査委員会は元幹部や団員らに事実確認するなど調査のやり直しを行った。関係者によれば、元幹部は元団員への暴行について「自殺の一因かもしれないが、すべてではない」と主張した。[2]

結局、明治大学は前年9月に発表した調査結果を修正し、「社会通念上許されない行為や暴力行為があったことを確認しました」。「應援團リーダー部は上級生部員が絶大な権限を持つ非民主的な組織であり本人の意思を尊重しない活動が行われていました」と発表した。さらに、現在のリーダー部の排他的体質では到底改善の見込みはないと判断し、2008年1月に應援團リーダー部を廃部解散処分(公認取り消し)とした。また、団員自殺当時の應援團部長・副部長(ともに教員)は既に辞任していたので、課外活動全体の責任者である学生部長に対して注意の処分が行われた。また、元団長以下の幹部学生に対しても、無期停学などの処分が加えられた。

2009年4月24日、自殺した元団員の両親は、当時の団長と大学に対し、約9,900万円の支払いを求めて水戸地裁に提訴した[3]。大学との間では、2011年に示談が成立している。

リーダー部の無期限活動停止以後、明治大学應援團は吹奏楽部とバトン・チアリーディング部の2部体制となった。また、課外活動組織としても独立した状態ではなく、運動部からなる明治大学体育会の1団体に編入されている。2007年六大学野球秋季リーグ戦では、リーダー部無期限活動停止のため、明治大学の試合のみエール交換が中止されたが、2008年春季リーグ戦では吹奏楽部員の団長がリーダー部に代ってエール交換を務めている[4]。また、使用が差し止められた「團旗」にかわって大学から「大学旗」が与えられた。ちなみに、このときのリーグ戦は明治大学が優勝している。6月に開かれた第55回「六旗の下に」は、他の五大学応援団の理解のもとで、リーダーを欠いた状態での明治大学應援團の出場が特別に許された。

現在の活動状況[編集]

2011年12月11日、明治大学應援團創団90周年記念式典にあわせて「第57回 紫紺の集い」が明治大学駿河台キャンパスのアカデミーホールで開かれた。その際、團長より「原点回帰」が誓われるとともに、大学側から旧リーダー部に代わって応援指導班の設置が公認される旨、発表があった。こうして新設された応援指導班は、吹奏楽部とチアリーディング部の下部組織として、2012年4月から活動を開始しているが、2~3年後には部へと昇格し、2部1班から3部体制への復帰を果たす予定である。また、2011年12月の新団長就任にあわせ、正規の団体名は明治大学應援團から明治大学応援団へと新字に改められている。

英雄的でもなければ、破れ袴に高下駄で大道を武者振り歩いたヒゲの王者でもない応援団時代に即応した新しい感覚を受け入れ現在に至った。

校歌・応援歌[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 産経新聞 元幹部の暴行ビデオ発見 自殺の明大元応援団員(1/2ページ)
  2. ^ 産経新聞 元幹部の暴行ビデオ発見 自殺の明大元応援団員(2/2ページ)
  3. ^ 毎日新聞 応援団暴行:両親、元団長を相手取り9900万円損賠提訴
  4. ^ 産経新聞 明大の新応援団 六大学リーグ圧勝で出直し戦飾る (1/2ページ)
  5. ^ 明治大学應援團 校歌・応援歌紹介

関連項目[編集]

外部リンク[編集]