尾道糸崎港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
尾道港から転送)
移動先: 案内検索
尾道糸崎港
所在地
日本の旗 日本
所在地 広島県 尾道市 三原市 福山市
詳細
管理者 広島県
種類 重要港湾
泊地面積 被覆内1,472,363m2[1]
統計
統計年度 2015
貨物取扱量 2,123,086フレートトン[2]
主要輸出品 その他輸送機器[3]
主要輸入品 原木[4]

尾道糸崎港(おのみちいとざきこう)は、広島県尾道市三原市糸崎町・福山市松永地区にある港湾。港湾管理者は広島県。尾道港区・糸崎港区・松永港区からなる。港湾法上の重要港湾に指定されている[5]。このほか港則法上の特定港にも指定されている。

尾道港区[編集]

尾道港

尾道市(本州)と向島間の尾道水道と呼ばれる海域にあり、古くから天然の良港として発展した。歴史は古く、聖徳太子浄土寺を開いたとされる616年頃にはすでに港として機能していたと言われている。1741年より係留施設が築造され、現在の尾道港の原型が出来上がった。1927年には、第2種重要港湾に指定された。2000年12月には、尾道港の再開発事業が完成した[6]。 かつて尾道港は、瀬戸内海の島々や今治港に向かう多くの航路があったが架橋(西瀬戸自動車道)などの影響で廃止された。

航路[編集]

福本渡船
向島運航
尾道渡船
  • 尾道(土堂) - 向島(兼吉)
福本渡船 
フェリー
  • 尾道 - 向島(小歌島)
向島運航(駅前渡船)
  • 尾道 - 向島(富浜)
備後商船
  • 尾道 - 戸崎 - 歌 - 満越 - 福田 - 常石
瀬戸内クルージング
  • 尾道 - 因島(重井) - 瀬戸田
2008年10月1日から瀬戸田運航より航路を引き継いで運航[7]
春季から秋季まで 土曜日、日曜日、祝日のみの限定運航

廃止航路[編集]

しまなみフェリー
  • 尾道 - 向島(彦ノ上)
2008年4月30日に運航を終了[8]
宮本汽船(桑田渡し)
  • 尾道(山波桑田) - 向島(肥浜)
東渡し
  • 尾道(尾崎浄土寺下) - 向島(向東西谷)
有井渡し
  • 尾道(西御所) - 向島(有井)
向島運航
  • 尾道(吉和) - 岩子島 - 向島(津部田) - 因島(大浜)
瀬戸内クルージング
2001年4月25日開業。生名橋開通により2011年5月1日立石-弓削間を廃止、同年9月25日弓削までの運航を再開。2012年5月31日廃止。

関連施設[編集]

  • 尾道中央ビジター桟橋
尾道市土堂2丁目にある桟橋は「おのみち海の駅」として登録されている[9]

糸崎港区[編集]

三原内港

古くから海上交通の要衝として発展し、1864年には松浜に船だまりが築造された。1900年に特別貿易港としての糸崎港が開港。1936年には糸崎町・三原町他が合併して三原市発足、糸崎港と三原港が一体となった。1953年に尾道港と合併。1975年以降、三原内港地区は旅客専用港として整備された。

  • 三原港
北側の三原駅とは、徒歩約10分の場所にある。尾道港同様、架橋の影響で縮小・廃止された航路もあるが、近隣の島々とのカーフェリー・旅客船が運航されている。
2015年平成27年)11月13日にビジター桟橋と三原港湾ビルが、「みはら海の駅」として広島県内16か所目となる海の駅に認定された[10]

航路[編集]

ほうらい汽船
高速船
マルト汽船
高速船
一部の便が 小佐木島 と 向田 に寄港する。
土生商船
高速船
フェリー
  • 三原 - 佐木島(鷺) - 因島(重井西)
三原海陸運輸
フェリー
  • 三原 - 佐木島(向田)

松永港区[編集]

古くから海上交通が行われ、1600年代からは、この付近の塩田で取れた松永塩の運搬が行われた。明治中期には、下駄など木製履物の製造に用いられるアメリカ産原木の輸入が増加。1956年に地方港湾の指定を受け、1964年には尾道糸崎港に編入された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 第60回広島県統計年鑑(平成27年版) 港湾 2017年1月6日閲覧。
  2. ^ 港湾取扱貨物量等の現況<平成27年> (PDF)”. 国土交通省. 2017年1月6日閲覧。
  3. ^ 港湾統計年報 平成27年 輸出貨物品種別仕向国別表 (PDF)”. 国土交通省. 2017年1月6日閲覧。
  4. ^ 港湾統計年報 平成27年 輸入貨物品種別仕出国別表 (PDF)”. 国土交通省. 2017年1月6日閲覧。
  5. ^ 港湾管理者一覧表(平成23年4月1日現在) (PDF) - 国土交通省港湾局
  6. ^ 尾道港情報 歴史と沿革”. 尾道市港湾振興課. 2017年1月6日閲覧。
  7. ^ 尾道—瀬戸田航路を引き継ぎ”. 中国新聞 (2008年10月2日). 2008年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月23日閲覧。
  8. ^ しまなみフェリーが航路廃止”. 中国新聞 (2008年5月1日). 2008年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月23日閲覧。
  9. ^ おのみち海の駅”. 海の駅ネットワーク事務局. 2011年11月24日閲覧。
  10. ^ “三原港桟橋とビルを「海の駅」認定”. 中国新聞 (中国新聞社). (2015年11月14日). http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=199783&comment_sub_id=0&category_id=112 2015年12月12日閲覧。 
  11. ^ “土生―生名―三原の高速船 新しく田熊町に寄港 11月の開始めざし桟橋設置”. せとうちタイムズ. (2015年9月12日). http://0845.boo.jp/times/archives/8412 2015年9月22日閲覧。 
  12. ^ “土生・上島・三原航路 因島モールに桟橋設置 高まる住民の期待”. せとうちタイムズ. (2015年10月31日). http://0845.boo.jp/times/archives/8719 2015年11月5日閲覧。 
  13. ^ “新桟橋に外灯を設置 運航開始にむけ工事”. せとうちタイムズ. (2015年11月7日). http://0845.boo.jp/times/archives/8777 2015年11月9日閲覧。 
  14. ^ “生名―土生―三原航路 因島モール寄港が認可 12月1日運航を開始”. せとうちタイムズ. (2015年11月14日). http://0845.boo.jp/times/archives/8842 2015年11月20日閲覧。 
  15. ^ “因島モール桟橋開港 式典に500人出席 新航路の祝賀にわく”. せとうちタイムズ. (2015年12月5日). http://0845.boo.jp/times/archives/8978 2015年12月12日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]