中津弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中津弁(なかつべん)は日本語の方言であり、九州地方の大分県中津市を中心とする大分県北部から山国川を挟んで隣接する福岡県東部(旧豊前国東部)で使われる豊日方言の一つ。語尾に「~じゃら」と付くのが特徴である。大分弁にもあるような「~ちゃ」、「~けん」などの共通性を持ち、北九州弁との使用範囲の境界が曖昧であり、混ざった様な言葉も多い。

使用範囲[編集]

使用範囲は曖昧であるため、はっきりとした範囲を定義をする事はできない。特に福岡県東部は北九州弁の範疇でもあるため、北九州弁との境界を線引きする事は困難である。そのため、福岡県側では両方言が混ざった言葉となる。主に中津都市圏に属す、以下の地域で使われる場合が多い。

単語[編集]

関連の方言[編集]

参考文献[編集]

  • 『中津地方の方言-ふるさとことばとの出会い』大家慎司著 2003年(自費出版のため地元の書店でのみ流通しているようである)